健康と生活の知恵ぶくろ「シリモノ」

新入社員が、人間関係トラブルで会社を辞めたくなったときの相談先

      2016/01/29

 

新入社員で就職をしたけども、職場でトラブルが絶えず

精神的に参ってしまい、会社を辞めたくなることは誰しも1度はあるかとおもいます。

 

こういったトラブルの当事者になってしまったときは

正しい対処をとれないとうつ病になったり、人間関係がさらに悪化する可能性があります。

 

もしもあなたがお困りでしたら、今回ご紹介する対処法をお試しください。

 

人間関係のトラブルは相談できる

 

まず最初に知っておいて欲しいことがあります。

 

それは、「職場の人間関係トラブルは第三者に相談できる」ということです。

 

例えばですが、あなたが上司や職場の先輩に嫌がらせ(パワーハラスメント)を受けているとすれば
黙って我慢する必要はなくて、こういった悩みを相談できる場所がしっかり存在しているのです。

 

嫌がらせ・いじめ・パワハラ・セクハラなど様々なトラブルの相談ができます。

 

トラブルを相談することで、正しい対処法をアドバイスしてもらうだけでなく、あなたの今後の人生にとってもいい影響が生まれます。

 

無理をして、病気になったり精神的苦痛を受け続けるよりも、精神的に解放されたほうが気持ちが楽に決まっています。

 

こちらから厚生労働省のページへアクセスをして、あなたがお住まいの地域の連絡先をお調べください。

 

少しでもお役に立てることを祈っております。

 

新入社員だからといって、無理をする必要なんて一切ないですよ(^^)!!

 

どこの職場も人間関係トラブルは絶えない

 

家族でもない人物が一箇所に集まって仕事をする職場ですから、トラブルは絶えません、

 

大人だからといって、すべての人物の人格が整っているかと言われるとそうではないですよね。

 

年齢を重ねているだけで、中身は幼稚な人物はいくらでもいます。

 

40代、50代の上司でも性格がネジ曲がって部下にパワハラなどの嫌がらせをする場合もあります。

 

年齢=成熟度とはならないので、基本的にはどこの職場でも人間関係のトラブルは非常に多いです。

 

職種にとらわれず、他人同士が集まる職場は小さなものから大きなものまでトラブルだらけです。

 

しかし中にはトラブルが発生しない職場もあるはずです。例えばですが、集まっている社員のレベル(基準)がしっかりしている、協調性が高い人物が集まっているなど、

 

会社によって雰囲気は異なるかとおもいます。

 

現在の職場に不満をもっているのであれば、すぐに辞めることも1つの手です。

 

次に転職をするときは、職種や職場の雰囲気を事前にリサーチして慎重になって決めるべきです。

 

転職をしても自分に合わなければ、すぐにやめたっていいのです、仕事をすぐに辞める人間は不良だというレッテルを貼られてしまうかもしれないですが、

 

他人には一切関係のない話ですし、人には人のステップがあるので余計なことは気にするべきではないです。

 

まず最初は、自分が安心して仕事に打ち込める環境を探すことからです。

 

職場トラブルを解決できる見込みがないときは、思い切って辞めるなどの対策を取ることが大切です。

 

先ほどご紹介させていただいて、連絡先を参考にして専門家からのアドバイスをもらってください。

 

一人で抱え込むことは、精神衛生上よくないことですので早めに第三者へ相談をしてくださいね^^

 

無理をして仕事を続ける必要は一切ない

 

人間関係でトラブルが続いているときは、無理をして会社にとどまるメリットを考えてみましょう。

 

上司や同僚の嫌がらせが度が過ぎているケースには、法的な措置をとることも可能です。

 

そのまま自分が潔く会社から身を引くことも可能です。どちらにせよ、あなたが満足をして納得できる選択を取ることが大切です。

 

嫌がらせをしてくる人物との関係を整えたり、接触を避けることができる状況を作ってもらうなどの対策をとってもらえるのであれば、今すぐやってもらうべきです。

 

会社の規模や状況によっては柔軟にトラブル対応してもらうことが難しい場合もありますので、いちど専門家へ相談することが一番の解決策です。

 

選択肢は1つや2つではなく、無数に存在していますのでじっくり考えてみてください。

 

厚生労働省の連絡先から、相談員へ電話をすれば新しい転職先を提案してもらえることもあります。

 

悩み、ストレスを抱え続けることが一番体にとって悪いので、苦痛に耐えるという選択肢だけは選ばないようにしてくださいね。

 

*あなたが新入社員だとしても、将来を不安に感じてすぐに辞職を決意できなくても休職するなどの方法はあります。

 - こころの悩み