健康と生活の知恵ぶくろ「シリモノ」

サンタクロースの由来を子どもにわかりやすく説明しよう!

      2015/11/01

 

サンタクロースってそもそも、本当にいたの?

 

この疑問に答えられる大人は、少ないですよね。

 

もしも、Xmas当日に子供に質問されて答えられないとこまりますよね。

 

今回は、小さな子どもにもわかりやすく説明するためのコツを紹介します!

 

      
                    <スポンサーリンク>

クリスマスの意味をわかりやすく理解させよう

 

クリスマスの歴史はとっても深いですが、難しいものではないので、小さな子どもでも由来をわかりやすく説明してあげることができます。

 

私たちが知っているサンタさんは、一人の心優しいおじさんから始まったといわれています。

 

 

___聖ニコラウスという教会で働いているおじさんがある日、「貧しい生活をしている1つの家庭の存在 」を知りました。

 

その貧しい家庭というのは、母親と娘が3人で日々、食べるものにさえ困るほど貧しい暮らしをしているのでした。

 

この貧しい家庭にはある1つの問題があったのです、それは、貧乏が原因で娘たちがお嫁さんに行けないことです。

 

当時は、結婚するためには身分や最低限の教養や金が必要でした

 

貧乏な家庭は、一般的な家庭からは相手にされず。好きな人も作れないまま貧しい暮らしを続けるしかなかったのです。

 

つまりは、このまま時間が経過してもこの貧しい家庭の娘さんたちは、幸せにすらなれないのです・・・

 

このような事実を知ってしまった、聖ニコラウスという心優しいおじさんは、ある日驚きの行動にでます。

 

冬の寒い日に、こっそりと貧しい3人娘が住んでいる自宅の屋根にのぼり、煙突からこっそりお金(金貨)を投げ入れたのです。

 

このとき、煙突の下にある暖炉には、大きな靴下が吊るしてあったそうです。

 

聖ニコラウスが投げ入れた、いくつかの金貨が靴下に入ったそうです。

 

結果として、貧乏な生活をおくっていた三人娘とお母さんは、金貨のおかげで苦しい思いから逃れて、幸せな暮らしをそれぞれ送ったと言われています。

 

先ほどの靴下に贈り物が入ったことから、現代ではクリスマスプレゼントを靴下にこっそりと入れておく習慣が残っていると言われています!

 

お気づきの方もいるとはおもいますが、この心優しい金貨をプレゼントしたおじさんこそ、のちのサンタクロースのモデルとなった人物です。

 

聖ニコラウスという聖人が、サンタクロースのモデルとなったため、ひげを生やしたり、やや小太り気味のイメージ像が現代に残ったそうです^^’

 

簡単にまとめると・・・

 

「心優しいおじさんが、貧しい家庭を数枚の金貨で助けてあげた話です。」

 

お子さんに説明するときは、このように簡潔に教えてあげると理解しやすいかもです!

 

サンタクロースは空想上の人物説もありますが、実は実在しているおじさんがモデルなので、覚えておくだけでクリスマスを更に楽しむことができます!!
 
クリスマスプレゼントは何日に渡す?
 

なぜ、クリスマスは12月25日なのか?

 

先ほど説明した、聖ニコラウスが貧しい家庭にプレゼントを渡したのが、12月25日だったから、クリスマスがこの日になったわけではありません!

 

正しくは、12月25日はキリストの誕生日または命日だからなのではないかと言われております。

 

クリスマスの由来と、サンタクロースの由来はまった別ものの話になるので、ごちゃごちゃになりやすいですが、これから説明していきますね!

 

めっちゃ、簡単に説明してしまうと、キリスト教の人たちがキリストの生誕を祝うためにはじめた行事がクリスマスなのです。

 

子供がプレゼントをもらうためのイベントになったのは、アメリカ式のクリスマスが由来だと言われています。

 

もともと、クリスマスはヨーロッパが発祥だといわれてますが、アメリカに移った移民がアメリカ式のクリスマスを創りだしたそうです。

 

現代では、アメリカ式のクリスマスが世界中で一般的となっていますよね「^^」

 

24日に家族でクリスマスパーティーをしたり、ケーキを食べて、翌日の25日には子供たちはサンタさんからプレゼントをもらう。

 

この流れは、アメリカ式のクリスマスなのです!

 

「関連」→子供にクリスマスプレゼントを渡すときの手順

 

クリスマスの真実を子供に伝えるときは慎重に

 

クリスマスといえば、どのような子供にとっても、楽しく夢のある一日です。

 

本当にサンタさんの存在を信じている子供たちの夢を壊すような、現実を教えるのは親として失格です。

 

少なくとも、幼稚園の同級生や小学校にあがったときに真実を知るわけです。

 

大人はなにもしなくても、子供が勝手に成長していくので、無理に由来を教えたり、サンタさんの秘密を暴露するのはNGな行為です。

 

夢を壊さないまま、クリスマスとサンタクロースの面白さを伝えるのはOKです!

 

なぜ、サンタさんはソリに乗っているの?トナカイさんの鼻はなぜ、赤いの?

 

これらの疑問などに答える程度であれば、さらに夢と想像が膨らむので良いですよね!

 

間違えても、夜こどもが寝静まっているときに、クリスマスプレゼントを置いてるところを目撃されないように注意してください(笑)

 

ばったり目が合ってしまうと、子供は感が鋭いのですぐにバレてしまいます・・・・

 

2015年のクリスマスも家族で楽しんでくださいね!HAPPYMERYXmas!

 

 - クリスマス