健康と生活の知恵ぶくろ「シリモノ」

クリスマスにケンタッキーを予約なしで買うことはできるか?

      2015/11/27

 

冬といえば、ケンタッキーですね!

 

毎年ケンタはクリスマスに大繁盛するので、クリスマスに食べたいときは、事前に予約する必要がありそうです!

 

今回は確実に食べるための作戦とコツをご紹介していきます。

 

      
                    <スポンサーリンク>

予約無しでは購入できないこともある

 

残念ですが、ケンタッキーをクリスマスに予約なしで購入するのは難しいようです。

 

ケンタッキーは全国で1200件ほどありますが、中には東京都のように100店舗以上ある地域もあれば、高知県には5店舗しかない県もあります。

 

つまり、場所や地域によっては予約なしでは絶対に購入できないケースもあるみたいです。

 

昨年では、Twitterでこういったニュースが話題になっていました。

 

そのニュースとは、あるカップルが12月25日の夜クリスマス当日に、ケンタッキーへ買いに行った時に、「現在10時間待ち」と言われたそうです(笑)

 

このニュースをTwitterでつぶやいたところ、大反響あったみたいですよ。

 

実際に、ケンタッキーは日本人がクリスマスに最も食べる食事として知られているので、どのような家庭でもチキンはケンタッキーに買いに行くみたいですね。

 

アメリカと違い、日本はチキンやターキーが身近な食材ではありません。鶏肉などは料理で使うことはあっても、ケンタッキーのようなフライドチキンを通常の食事として食べることは珍しいですよね。

 

一年に一度クリスマスシーズンにしかフライドチキンを食べないという人も多いかとおもいます。
アメリカと日本のクリスマスの違いはなに?

クリスマスにケンタッキーを確実に食べるためには

ケンタッキー予約

12月24日、12月25日に確実にケンタッキーを食べるためには、事前予約が絶対に必要です。

 

ケンタッキーの公式サイトによりますと、クリスマスバレルは10月31日から予約を開始しているみたいです!

 

予約方法は2つあります。ネットからの予約、電話予約の2点です。

 

どちらも簡単ではありますが、繁盛店にもなると、電話が通じないこともあるのでネットから予約するのがおすすめです。

 

最寄りの店舗にて購入したいメニューを打ち込み、クリスマス(24日・25日)に店舗にて受け取れるようにしておきましょう!

 

お住まいの地域や店舗によっては、ネット予約や電話予約を受け付けていない場合もあるみたいなので、公式ページにて確認をおねがいします。

 

なぜ、クリスマスにケンタッキーなのか?

食事制限

なんで、日本人はクリスマスにケンタッキーを食べるようになったか知っていますか?

 

その理由は、日本ではクリスマスにこれといって食べるメニューが決まっていなかったからです。

 

例えば、お正月であればお雑煮やおせち料理などを食べるのが習慣となって根付いていますよね。これは日本が数百年も昔からお正月を過ごしてきた歴史があるからです。

 

しかし、クリスマスには日本の歴史は浅く、昭和初期にアメリカから伝わってきたと言われています、つまり100年もまだ経過していないほど浅い歴史なのです。

 

そこに目をつけたアメリカのケンタッキー社は、「日本のクリスマスにはフライドチキンを食べる習慣をつけさせた」わけです。

 

結果として、企業の戦略マーケティングが成功したことになります(^_^)

 

アメリカのクリスマスでは、フライドチキンではなく、ターキーを食べるみたいです。ターキーとは七面鳥のことです。

 

日本では七面鳥を食べる習慣などないので、フライドチキンがまさにピッタリだったわけですね!!

 

ちなみに、サンタクロースの洋服が赤いのは、コカコーラ社によるマーケティングです。

 

コカ・コーラのイメージカラーである赤色を、サンタクロースの色にすることで、クリスマスになると自然とコカコーラを思い出す仕組みになっているようです、これは上手ですよね(^_^)

 

たしかに、冬にはケンタッキーを食べてコーラを飲みたくなる気持ちがわかります(笑)

 

クリスマスケーキは、ペコちゃんでお馴染みの不二家がはじまりだと言われています!アメリカでは、クリスマスにケーキを食べるのは習慣化されていないみたいです!

 

日本は日本のオリジナルのクリスマスが発展しているみたいですね!きっと外国から来た人にとっては日本のクリスマスはちょっぴり新鮮かもしれません。

 - クリスマス