健康と生活の知恵ぶくろ「シリモノ」

私服ダサい高校生男子必見!服選びのコツ!

   

 

私服がダサいだけで、女性からモテなくなりますよね。

 

あの人。顔は悪くないけど、私服がチョーダサいよね(笑)

 

⇒女子から、陰口でこのようなことを言われると、ほんと心が折れちゃいますよね(・_・;)

 

彼女を作ったり、自信をつけて堂々としたいですよね?そのためには、まずはダサい状態から抜け出しましょう!

 

今回は、かっこよくなるための秘訣と習慣をあなたへ伝授します。

 

      
                    <スポンサーリンク>

アパレルブランドに詳しくなる必要はない、大切なのは興味

 

私服がダサい人は、洋服を購入するショップや選んでいるブランドが悪いわけではありません。

 

ブランドや商品のせいにするのは大間違いです。 この服が悪い。デザイナーが悪いなんて言っちゃダメです。

 

ダサいと思うなら、あなたが着なければいいだけです。

 

ファッショ選びで失敗する人の特徴は、ムダにアパレルブランドに詳しくなろうとすることです。

 

今流行っているファッションブランドは何なのか?
何を買えばかっこよくなるのか

 

 

このようなコトばかり考えているのです。 まずはブランドに詳しくなるよりも最初にやるべきことがあります。

 

それはファッションへの興味をもち勉強することです。

 

何事も勉強なく、マスターできるほど甘い世界ではありません。

 

私服がダサいと言われる男子の多くは、いつのまにか自分に自信がなくなり、洋服やオシャレな人間が嫌いになっている傾向があります。

かっこいい男

ちなみに私の友人は、このようなコンプレックスを強く抱いていました。

 

街中にいるオシャレな私服のリア充カップルをみると、胸が痛くなってしまうそうです(笑)

 

この状態をぬけ出すためには、まずはファッションの勉強からです。勉強といっても難しいものではないです。

 

やり方は、実際にオシャレな人の服装をみて、なぜこの人はこの服が似合うのか? を探ってみるのです。

 

顔や身長(スタイル)は二の次です。なぜ。この人の雰囲気にあっているのか? を分かるまで考えてみましょう。

 

icon-check-b-r髪型がダサい男はモテないのか?

ダサさは服だけじゃなく、髪型も関係ある

太った

私服がダサい人ほど、髪型もかっこ悪いことが多いです。

 

これは、ファッションに似合う髪型をしていなかったり、そもそもテキトーに伸ばしっぱなしのヘアスタイルになっていることがあるのです。

 

それでは、ダメダメですよね・・・気持ちは前向きだけで、現状がマイナスです。

 

まずはファッションには髪型がとっても重要だということを覚えておきましょう。

 

有名なモデルさんや女優を見てください。着る服にとって髪型をセットしたり、カラーをしたり、何もいずらずにナチュラルなヘアスタイルにしたり、工夫しています。

 

あなたは、これまでかっこよくなるために、服装やアイテムばかりに目を奪われてはいないですか?

 

先ほどの、なぜこの人はこのファッションが似合うのか? という問題も、実は髪型がファッションにマッチしていた可能性があります。

 

短髪の人が似合うファッションと、長髪ロン毛の人が、似合うファッションスタイルってちょっと違いますよね?

 

本屋さんにある、ファッション雑誌を見比べてみてください。

 

どれだけかっこいいモデルさんでも髪型によって服装がちょっとづつ系統が違うはずです。

 

あなたのタイプにあった髪型を決めてから、服装を選んでみましょう。これだけでもダサ男は卒業できちゃいます。

 

長髪だった男子が、いきなり丸坊主になると、インパクトが大きいですよね?まるで別人のような。

 

髪型が変わるだけで、印象もガラリと変わるので諦めず、まずは自分に似合う髪型をみつけよう。

 

自分に似合う髪型を決めるコツ
髪型は美容師さんに決めてもらおう

プロである美容師さんは、あなたに似合う髪型を提案してくれます。

自分の憧れや判断で決めちゃうよりも、失敗するリスクを抑えることができます。

まずは美容院へ行って、髪型を決めちゃいましょう!

 

いよいよ私服選びをはじめよう

私服ダサい

 

さあ、ここから私服を選ぶ段階です。

 

ここで絶対にやってはいけないのが、ネットからの購入です。ネットではサイズ感や実際に着用しないと、あなたに似合うか不明です。

 

実際にデニムパンツを購入して、自宅で履いてみると、小さすぎて足が通らない!なんてこともありえます。

 

基本的にネットで注文すると、返品ができないケースが多いです。 失敗はあなたのお金をムダにするだけです。

 

多少のサイズ感の違いでも、我慢して着ることができますが、その根性がダサい私服へとつながっています。

 

ダボダボだったり、ピチピチだったり、女性からみるとかなりカッコ悪い状態です。

 

女性は見た目に厳しいといいますが、実際の研究データでは、男性の5倍、ファッションや髪型に敏感だという結果が出ています。

 

つまり、男性のあなたが問題ないと判断しても、女性からみるとめっちゃダサい!なんてこともあるわけです。

 

自己満足はかなりキケンなので、絶対にネットでいきなり購入をしたり、サイズ感を無視するのはやめましょう。

 

最初は、店舗へいくべきです。

 

先ほどの美容師さんの例とおなじように、まずはあなたに合う服を店員さんにコーディネートしてもらいましょう。

 

最初に、伝えるのは予算です。アウター、デニム(パンツ)、インナー、靴すべてトータルコーディネートになると、ややお高めになるので高校生のお小遣いでは厳しい可能性があります。

 

高校生でもアルバイトをしていれば、思い切って予算を3万円程度用意しておけば、満足のいく買い物ができるでしょう。

 

例えば、アウターとデニムを購入するだけで、ファッションの大部分が完成するので、印象もガラリと変わるはずです。

 

もう高校でダサいというレッテルは貼られないかもしれません。

 

店員さんは、プロなんで恥ずかしがらず、真剣に相談してみると良いですよ!

 

最後に、自分に似合うコーディネートが決まれば、あとは、自信をもって買い物へいき、徐々に洋服を自分で選ぶクセをつけていきましょう。

 

 - 美しい顔になる