健康と生活の知恵ぶくろ「シリモノ」

お酒を飲むと喉が痛くなる原因はなに?どうすれば治る?

   

 

友人と楽しく、居酒屋でお酒を飲んでいると、ふとした瞬間に喉が痛くなることってありますよね?

 

実はこれ、お酒デビューを一度でもしたことがある人は、誰もが経験することなんです!

 

でも、痛いのを我慢しておくと病気になったり、私生活において悪影響がでるので、正しい対処法と原因を知っておきましょうー!

 

      
                    <スポンサーリンク>

なぜ、お酒を飲むとのどが痛くなってしまうのか

 

お酒は実は、とってもノドに負担をかけているのです。 知っていましたか・・・?

 

どのようなお酒にも、アルコールが含まれています。

 

このアルコールというのは、注射をするときに肌につけたりするアルコールとほぼ同じです。

 

ああいったアルコールは、肌につけると少し赤くなりますよね? つまり。ビールやワインを飲むことで、ノドの粘膜が刺激されてしまい、痛みや不快感に襲われてしまうのです。

 

喉の痛みを感じたときは、すぐに飲んでいるお酒をストップしてください。

 

お酒を呑むのが好きな人ほど、喉にダメージを負っていて、声がガラガラに酒やけしていたり、飲み過ぎた翌日に、声がでなかったというか過酷な経験をしているはずです。

 

筋肉は鍛えると、強く太く成長していきますが、のどの粘膜は鍛えられない部位なので、なるべく刺激をあたえず、優しくケアしてあげることが大切です。

 

という私も、喉がいたくなりつつ、我慢をして大好きなワインを飲むことがありますがm(_ _)m

 

アルコールは高血圧の原因になるのか?

 

ノドが痛くなった時の正しい対処法とは

 

ノドが痛くなったときは、やることが3つあります。

 

アルコールによるノドの痛み対策
・すぐにお酒をストップする
・喉に優しい飲み物をのむ
・のど飴で喉の粘膜をケア

 

痛くなったときに、お酒をやめずダラダラと飲んでしまうと、翌日さらに翌々日とずっと痛みと不快感を抱えたまま生活するハメになります・・・嫌ですよね?^^:

 

まず最初に、飲んでいるお酒をストップして、すぐに喉の粘膜をケアする飲み物を注文しましょう。

 

おすすめは、牛乳もしくは、はちみつをお湯で割ったものが良いです。

牛乳で喉の粘膜を守る

 

 

理由は、喉の粘膜を保護する効果があるからです。 牛乳はのどの粘膜に薄い膜をはるので、ダメージをこれ以上受けないように、ガードしてくれます。

 

はちみつは、風邪などを引いたときにも飲むとおもいますが、こういった酒やけの痛みにも効果的です。

 

はちみちは、ドロっとしていますよね? あの粘り気が、喉を優しく保護してくれる役割があるので、赤く腫れ上がった粘膜をやさしくケアしてくれます。

 

はちみつ湯

 

普通のお湯やお水には、ない効果なので、なるべく牛乳かはちみつ湯がベストですヽ(^o^)丿

 

喉を乾燥させてしまうと、余計に痛みが悪化するので、飲み物で保湿してあげましょう!

 

喉の痛みを放置しておくと病気になるのか?

最悪のケースは、咽頭癌になる可能性があります。

 

とはいえ、相当重症化していないかぎりは、心配する必要はありません。 しかし、何度もおなじような症状を繰り返すときは、すぐにアルコールの摂取をストップするべきです。

 

お酒による喉の痛みは、このような問題の原因になる!→

 

喉の痛みが原因で起こりうるトラブル
・のどの荒れによる長期的な痛み
・吐き気
・声がガラガラになる
・睡眠の質が低下する
・痰(たん)が出るようになる
口臭の原因になる

 

どれを取っても良いことはありません。 お酒は百薬の長といわれていますが、飲み方が豪快すぎると、百害あって一理なしです。 タバコと一緒ですね。

 

ビールはアルコール度数が低く飲みやすいですが、ビールのようなライトなお酒でも喉は痛くなるので注意してください。 もちろん、カクテルやチュウハイもおなじです。

 

ちなみに、喉が痛くなると呼吸がしにくくなるので、睡眠の質が低下するといわれているので、翌日になっても体の疲労がとれなかったり、寝不足になりますm(_ _)m

 

お酒は週に3回が最も健康に良い!

お酒を飲むと喉が痛くなる

 

毎日飲むのは、とりあえずヤメておきましょう!

 

喉を痛めやすい人は、お酒に弱いアレルギー体質の人に多い傾向があります。

 

アトピー体質の人は、お酒をのめば、肌がまだらに赤くなり、痒みや痛みの原因にもなったりします。 体質的にアルコールに弱い人は、週に3日までが限度ですね。

 

お酒は、休肝日(肝臓を休める日)が必要です。 最低でも1日もしくは2日取れれば、十分なので、大事をとって週に3回までに抑えておけば、健康管理もバッチシです!

 

気分が大きくなりすぎて、居酒屋などの飲食店で飲み過ぎないよう注意しましょう。

 

お酒に呑まれないよう気をつけてくださいね(*´∀`*)

 - 生活の知恵とコツ