健康と生活の知恵ぶくろ「シリモノ」

そうめんはダイエット食としては不向きなのか?

      2016/01/27

 

最近ダイエットフードとして注目を集めているそうめんは
ほんとうに、ダイエット食として効果があるのか。

 

じつは、ダイエットフードとしては不向きなのでは?

 

・・・と思われている方も多いようです。

 

今現在、ダイエットに取り組まれている方はぜひ、参考にしていただければと思います。

 

 

      
                    <スポンサーリンク>

そうめんはカロリーが低くダイエットに向いている

 

結論からいえば、そうめんはダイエット食として不向きではありません。
なぜかというと、カロリーが圧倒的に低いからです。

 

ダイエットをしている人からすれば、カロリーは気にするポイントですよね。

 

ふつう、麺類といえばカロリーが高く
胃の消化が悪いため、ダイエット食としては不向きなのです。

 

でも、そうめんは違います。ラーメンのようにカロリーが高いわけでもなく
胃の消化も早い食べ物ですので、ダイエット中の食事としては最適 です。

 

そうめんダイエットは芸能界でも流行しているようです。
歌手の倖田來未さんも、そうめんダイエットで10キロの減量に
成功しているそうです。モデルなども挑戦しているようです。

 

 

そうめんをダイエット食として利用するときに
注意すると、もっとよくなる点がいくつかありますので紹介しますね!

 

そうめん温めて食べるほうが体に良い

 

そうめんがダイエットに不向きではないことがわかったとしても
どのようにして食べることが正しいのか知っておかないといけません。

 

基本的にそうめんといえば、お湯で茹でて冷たいめんつゆで
いただくのが一般的ですよね。

 

でも、ダイエットをしている女性であれば
そうめんを温かい状態で食すことが最もおすすめです。

 

なぜかというと、そうめんを冷たい状態で食べると
体が冷えきってしまうので代謝を落としてしまいます。

 

代謝が落ちるとどうなるか、わかりすますか?

 

体の代謝が低下してしまうと、脂肪を消費するエネルギー量が
大幅に減ってしまいますので、体を冷やすことはおすすめできないです。

 

だからこそ、そうめんを温かい状態で食べることが大切です。

 

うどんやそばも同じですが冷たい状態でたべても
温かい状態でたべても、美味しいですよね。
そうめんも同じで、温冷は問いません。

 

トッピングで生姜やミョウガなどを加えて食べることで
体温をより上昇させることができるので、代謝アップに貢献 できます。

 

そうめんも、毎日おなじようなメニューで食べていると飽きてしまうので
自分だけのオリジナルメニューを考案してみてくださいね!

 

ダイエットに向き不向きがある食事をしっかりと見極めて
あなたのダイエット生活をより良いものにしてください!
icon-finger1-bk
[完全版]⇒すぐにお腹が減るから食べ過ぎてしまう。食欲を抑えるには?

 - ダイエット