健康と生活の知恵ぶくろ「シリモノ」

すぐ疲れる原因は体力が少ないからではありません!

      2016/02/07

 

すぐに疲れてしまうのには原因があります。

 

あなたが運動不足で体力がないからではありません。

 

自分の体なのに、勘違いしたまま原因を突き止めず、放置しおけば状態は悪化する一方です。

 

大人として最低限の体の知識を早めにつけておき、正しく疲れを取り、気持ちよく働くコツを学んでおきましょう!

 

      
                    <スポンサーリンク>

朝から疲れている原因は何でしょうか?

 

朝から、あなたが毎日疲れているのは体力がないからではなく、体を上手につかっていないからです。

 

これは、「手を上手に動かす」「足をテキパキ使う」などといった話ではありません。

 

つまり「体を酷使して上手にケアをしていない」ということです。

 

当たり前ですが、私たちの体には限界があります、 1日に歩ける距離にも限界がありますし、ずっと働き続けるには体が元気であることが大前提です。

 

正直いって、上手に体のケアをして気持よく過ごせている人はほぼいません。

 

大人であれば、肩がこる、目が疲れている、頭が痛い、腹痛が辛い、など何かしら不調を抱えています。 この状態から脱却しないと、いわいる体力のある体にはなれません!

 

体力のある人は寝る前に体のケアをしている

疲れを取る仕事

毎日元気ハツラツな人は、前日の夜にしっかりと体のケアをしています。 これは例外なくそうです、

 

「眠れば治る」というのは若い内だけです。 成人になると自分でケアしないといけません。 あなたは年齢的には寿命までたっぷり余裕があるかもしれませんが、肉体的には老人と何ら変わらないかもしれませんよ。

 

20歳を過ぎたころから、肉体は衰えていく一方です。

 

それなのに、仕事で疲れた体を癒やせないのは、自らを壊しにいっているようなものです。 これじゃあ、朝から辛くても文句はいえないはずです。

 

自分の体の負荷をかけまくっているのに、「なんで、こんなに疲れるのか?」といっている状態です、 あまりにも空回りしている状態なんですよ。。

体の疲れを取る方法

寝る前にやっておくだけで、翌日の疲れがとれるケアを紹介します。

 

夜にやるべきケア
・ふくらはぎマッサージ
・ラジオ体操
・41度の湯船に15分浸かる
・深呼吸を15分間やる
・夜は白湯しか飲まない

 

これ、最強の5項目です、 真似するだけで今日から体の疲れが軽減されますよ。

 

では1つ1つ説明していきますね!

 

ふくらはぎマッサージは血液循環に効果的!

 

ふくらはぎは、第二の心臓と呼ばれているほど、血液を循環させる効果に優れています。

 

30分間軽めの運動をするよりも、10分間ふくらはぎを優しくマッサージするほうが代謝が上がります。

 

ふくらはぎをマッサージするときは、足首から太ももにかけて上を目指して優しくもみましょう。

 

 

血液をじっくり循環させるために、右足と左足を交互に合計5分づつマッサージすると、じんわり体が暖かくなり、良質な睡眠がとれます!

 

寝るときは、ただ時間をたっぷり確保するのではなくて、睡眠の質を高めるという点に着目するべきです。

 

ラジオ体操と深呼吸を15分間しよう

運動をして食欲を抑える

すぐに疲れてしまう原因は、体力の不足ではありません。

 

夜にしっかり体の疲れや緊張をとってしまえば、体が停滞しないので、疲れもなくストレスフリーな生活が送れます。

 

そこで夜にやってほしいのが、ラジオ体操です。

 

「ラジオ体操って(笑)」とバカにする人が多いですが、日本で最も効率的かつ効果的な運動がラジオ体操に集約されています。

 

体のプロが設計した手軽で、効果的な運動なのでバカにせずやってください。

 

そのときに、深呼吸をすることで代謝があがり、ストレスが減っていきます、 日本人は呼吸がとても浅いと言われているので、しっかり呼吸を意識してゆっくり15分間やりましょう。

 

日本人でまともに正しいラジオ体操がデキる人はほぼいないので、しっかりYouTubeなどでフォームを確認しながら、運動しましょう。

 

夜は白湯しか飲まない

 

最後は飲み物です。 冷たい飲み物は体内を冷やすので、よけいなエネルギーを消費します。

 

考えて欲しいのですが、人間の体温は35度〜36度です。

 

そんな体温を保っている人間の体に10度くらいの冷たい飲み物を入れてしまうのは、体内の温度を下げて、必死に冷えた胃腸を温めようと体が奮闘します。

 

結果として、エネルギーを余分に消費してしまうので疲れやすくだるい感じになります。

 

寝る前はお白湯だけにして、体内を温めてよけいなエネルギーを消費しないように注意しましょう。

 

水道水だけでも良いのですが、水道水には塩素が含まれているので可能であれば、スーパーで100円で売っているミネラルウォーターがおすすめです。

 

少しでも体のパフォーマンスを改善して、気持ち良く働きたいのであれば今日からすぐ実践してくださいね!

 - からだの悩み, 体の疲労を解消する