健康と生活の知恵ぶくろ「シリモノ」

朝寝坊を99%防止するための5つのコツ!

      2016/05/09

 

朝に寝坊しないために前日の夜から対策しておきましょう。

 

朝寝坊は人間にとってデメリットしかありません。 1日は24時間です。

 

絶対に寝坊を防止するための対策とコツを今回はあなたへ伝授します!

 

      
                    <スポンサーリンク>

朝寝坊を防ぐためには、前日の過ごし方が重要

 

寝坊する人の多くが、たくさん眠れば起きられると勘違いしています。

 

睡眠を7時間とっても、質が悪いと脳が休まっていな方t理、眠りが浅くなっていることがあります。 反対に睡眠が6時間しかとれなくても・・・

 

深い眠りにはいり、ノンレム睡眠の質がよければ、短い時間でスッキリと起きることができます。

 

たとえ、同じ睡眠時間でも質によって寝起きの気持ちや体の調子は120%変わってくるのです。 イライラしたり、寝不足を感じている人ほど、睡眠の質が低下しているサインです。

 

レム睡眠とノンレム睡眠とは
レム睡眠とは、眠りが浅く脳が起きている状態(尿意で目覚めやすい)

 

ノンレム睡眠とは、深い眠りで脳も休憩している状態。

 

気持よくスヤスヤ眠るためには、ノンレム睡眠がカギとなる。

 

大切な予定があるときは翌日を意識して緊張しないこと

 

寝る時間になっても、緊張したままプレッシャーを感じていると心も身体も休まることはありません・・・

 

明日は絶対に遅刻できない予定がある

 

このような心理状態で、グッスリ眠れるほどであれば、寝坊などしないはずです。 9割以上の人はプレッシャーを感じると、眠るまでの時間が長くなり、結局睡眠時間が減少します。

 

部屋の物を捨てる

実際に、明日たいせつな予定があるときほど眠れなくて困ってしまった経験はありませんか・・? 朝方になって、ようやく眠くなってきたり・・・^^;

 

緊張するのは絶対にNGです。

 

では、緊張やプレッシャーを感じないまま眠りにつくためのコツをあなたへ伝授します。

icon-star夜眠れないと、朝起きれなくなる。この状態の対処方法を知りたい!

 

リラックスBGMを就寝前に1時間聞き流す

 

これはかなりおすすめです。

 

スポーツ選手とかも、試合前にリラックスできる音楽を聞いて心を沈めることが多いですよね。

 

身体の大きなメジャーリーガーとかも、試合前はイヤホンをして集中できるBGMを聞いいている選手が多いです。

 

意外と激しい音楽は聞かないそうです。 集中は興奮状態からは生まれないということですね!

 

そこでおすすめなのが、リラックスBGMです。

 

YouTubeなどで検索すると、たくさんのBGMがあります。 リラックス系・集中系・ヒーリング系などを聞き流してください。

 

ここで重要になるのが、聞き流す ということです。

 

無理をして、イヤホンで聞いたり耳を傾けながら、音を聞く必要はありません。

 

カフェなどで、気が付くとジャズが流れていたりしますよね・・? あれって心地良くないでしょうか? その気持ちの良い空間を夜の眠るまえに自分で演出するのです。

 

反対に絶対聞いてはいけないのが、歌詞(声)が入っている歌や、アップテンポのBGMです。 洋楽系はテンションの上がる音楽も多いので注意です。

 

クラシックでもOKです。 就寝前にリラックスしておけば、ぐっすり眠れる可能性が高まるので、明日の大切な予定に朝寝坊せずに起きられるはずです。

icon-star二度寝をして起きられなくなる!寝坊を防止する4つの方法

スマホとテレビは見ない

大学生の生活

これは当たり前の鉄則ですよね。

 

寝るまえは、目に刺激となる情報を入れません。 絶対にです。

 

ご存知かとおもいますが、スマートフォンやテレビからはブルーライトという目には見えない光が出ています。 このブルーライトは目にすると、脳が目覚めてしまうのでリラックス効果を激減させます。

 

先ほど紹介した、BGMを聞き流していたとしても、スマホを見ながらやテレビをみているようでは効果はありません。 それでは明日、また寝坊をして遅刻するはめになりますよ。

 

ブルーライトとは
ブルーライトは、部屋の照明にも含まれている。

目の疲れの原因や、睡眠の質を低下させるもとになります。

 

就寝する2時間前には、部屋を間接照明にして、薄暗い状態でリラックスしましょう。

 

読書もおすすめですが、難しい本を読むよりも、好きな雑誌をみてリラックスしたり、欲しいモノを思い浮かべながら妄想すると、リラックス状態がより高まるのでおすすめですよ!

 

目覚まし時計は朝寝坊を予防する神アイテム

 

目覚まし時計はやはり最強です。

 

目覚まし時計の音が小さくて朝、起きられないという人はスマホでアラームをかけていないのではないでしょうか・・・?

市販の目覚まし時計は小さな音がするだけの、頼りないアイテムが多いです。

 

おすすめは、iPhoneのアラームです。 音量を最大限に高めて、アップテンポの楽曲をセットしておけば、朝うるさくて自然に目が覚めます。

 

眠るまえに、アップテンポの楽曲を聞くのはデメリットしかありませんが、朝にこそアップテンポの楽曲を聞くとメリットがあります。

 

iTunesに入れている、お気に入りの歌を目覚ましにセットしちゃいましょう!

 

カーテンは開けたままにして眠る

 

部屋の電気を消したあとは、カーテンを開けておきましょう。

 

そうすることで、朝自然と太陽光で目が覚めます。 これが何よりも朝寝坊の予防になるのです(^O^)b

 

電気をつけた状態でカーテンを開けると、中が丸見えになってしまいますが・・電気を消したあとであれば、カーテンを開けても問題はほとんどないはずです。

 

朝、眠い目をこすりながらカーテンを開ける手間も省けるので便利ですよ!

 

それに、、太陽光を浴びているとセロトニンというホルモンが分泌されます。 このセロトニンというホルモンは、太陽の光を浴びないと分泌されないので、人間にとって絶対に必要なものなのです。

 

ストレス解消や生活リズムを一定に保つための効果もあります。

 

生活習慣病の予防や改善にも効果があるので、太陽の光を浴びない理由はありません。 10分15分程度光に当たるだけで、日焼けはしないのでご安心を!(自宅の中では)

 

今回あなたへご紹介した、朝ねぼうを防ぐための対策を今日から早速実践してくださいね!

 - 睡眠