健康と生活の知恵ぶくろ「シリモノ」

玄関が臭い!原因はなに?どうすれば消すことができる?

      2016/04/18

 

あなたの家の玄関は臭くないですか・・?

 

生活臭がそのまま玄関に漂ってしまうと、知らないあいだに部屋が臭くなったり、あなたのお洋服に異臭がついてしまうことがあります。

 

他人に臭いと思われないように、原因を解明して、玄関の香りを変えていきましょう!

 

今回は玄関のにおい対策をご紹介していきます。

 

      
                    <スポンサーリンク>

玄関は生活臭の温床です

 

玄関は人の家によって、ニオイが変わります。

 

いい匂いがするお家もあれば・・・ありえないほど臭いお家もあります。

 

いわいるこれは、生活臭と呼ばれるものです。

 

生活臭とは
せいかつしゅうとは、家庭で生活することによって発生するニオイである。

 

トイレのニオイ・部屋のニオイ、台所の水回り(排水口)や食事やゴミなどすべてから発生し、合わさった香りでもある。

 

生活臭は自分では認知しにくいため、気がつかないことがある。

 

簡単に言ってしまうと、生活をしていると自然に発生する臭いなのです。 クサイかいい匂いかは関係なく、その家特有の香りがします。

 

玄関は他人が訪問したときに、臭いまま放置しておくのは危険です。 臭い人というレッテルが貼られてしまったり、友達から嫌われたり、彼氏が自宅に遊びにきてくれなくなる可能性もありますよね。

 

今回は徹底的に玄関の臭い香りと、生活臭を消し去る方法をあなたへ伝授します!今日から真似できるやり方なので、実践してください。

 

玄関は靴の臭いが9割以上を占めている

 

玄関は靴がたくさんありますよね。

 

4人家族であれば、少なくとも4つ以上の靴があるはずです。

靴の臭い

お父さんが会社に履いていくビジネス用のシューズもあれば・・お母さんが外食するときにオシャレして履いていくための靴があったり

 

子供の運動靴がたくさんあったり・・・

 

靴は汗や皮脂などが染みこんでいるアイテムです。 当然ですが、自分では気がつかないけど臭いが発生しています。

 

例えば、汗をかいたTシャツを3日間着続けるとどうでしょうか・・・?

 

おそらくですが、めっちゃ汗臭くなりますよねm(_ _)m カビが繁殖します。

 

靴は3日どころか、場合によっては洗わないこともあります。洗うことができないタイプのスニーカーなどもありますよね。

 

状況によって変わりますが、普段から移動用に使っている靴は1年間ずっと履き続けている可能性もあるわけです、毎日汗や皮脂が染みこんだ靴を、そのまま玄関においておくと、靴の臭さが生活臭に変わっていくのです。

 

靴はしっかり消臭対策をしましょう

 

靴は脱いだら、そのまま放置するのではなく

 

しっかりと消臭をしましょう。 おすすめは消臭剤などのスプレーを吹きかけておくことです。3秒程度で終わる楽ちんな対策ですし、お金もそれほどかかりません。

 

例えばこういったスプレーは本当に便利です。 玄関の生活臭が消すために3秒ほどスプレーをすれば解決できるので、使わない手はありません。

 

 

玄関に何種類も、消臭剤や芳香剤を置くよりかは、臭いの元である靴を消臭してしまったほうが問題解決に近づきます!

 

濡れている靴はそのまま放置せずに、しっかり乾かして消臭スプレーを使うなどの対策をしっかりとやりましょう。

 

玄関の臭いは、壁や床に吸収されて、家そのものが臭くなっていくので早めの対策が必要です。

 

玄関は風通しを良くしておく

 

臭いの根源である靴を消臭しても、玄関の空気が停滞してしまうと・・・自然と空気も淀んでいきます。

 

どれだけキレイな空間でも、1ヶ月間換気しなければカビやホコリがうようよ発生しますよね?

 

同じように玄関も空気が停滞すると、不快な臭いが発生します。

 

おすすめは、1日に30分以上換気するか、玄関から一番近いお部屋の窓を開けて換気することです。

 

マンションやアパートによっては、窓がなく換気しにくい環境もありえますので、そういった場合は空気清浄機を稼働させておけば、臭いの粒子(りゅうし)を除去して消臭効果が得られるのでおすすめです。

 

玄関の靴箱はカビが生えやすい

靴が臭い

玄関につかっていない靴箱があるならば、注意してください。

 

中を開けると、湿気でカビが繁殖しものすごい悪臭を放っている可能性があります。

 

靴箱を使わないときは、トイレットペーパーのロールを3〜5個入れておけば湿気を吸収してカビ繁殖を防ぐ効果があります。

 

トイレットペーパーは1ヶ月ごとに変えて、新しいものに入れ替えましょう。

 

1ヶ月間、靴箱に入れておいたトイレットペーパーはそのまま使えますので、ムダにはなりません。

 

下手に、消臭剤や芳香剤を置いてしまうと湿気を増やす原因になります。 とくに液体タイプの消臭剤は、靴箱のなかに湿気を充満させてしまうのでご注意ください。

 

これらの対策をしっかりとやっておけば、玄関の悪臭を防ぎ、きれいな空間を保つことができます。

 

なんだか、玄関が臭いな と感じたときは、今回ご紹介した対策と予防法をすぐに実践してくださいね!

 - お掃除のコツ