健康と生活の知恵ぶくろ「シリモノ」

散歩でダイエットはできる。効果を2倍にするためのコツ!

      2016/10/23

 

散歩ではダイエットできないと思ってはいませんか?

 

・・・残念ながらそれは勘違い です。

 

筋トレをしたり、激しいランニングだけがダイエットに効果的ではないのです。

 

今回はあなたが散歩ダイエットで痩せるための、やり方と効果を高めるためのコツを合わせてご紹介します。

 

メモを取りながら参考にしてください!

 

      
                    <スポンサーリンク>

散歩でダイエットができる理由とは?

 

散歩という言葉は、なんとなーくゆるい感じがしますよね。

 

でも、言い換えればウォーキング(歩く)です。 散歩よりもウォーキングのほうがダイエット効果が高そうですよね(笑)実際は同じだとしても・・・

 

とりあえず、歩いて痩せられないわけがありません。

 

歩くというのは、単純に前に進むだけではなくて、足の筋肉やお腹の筋肉(腹筋や体幹)を鍛えていることになります。

 

筋トレのように負荷をかけて、筋肥大をさせる効果はないので、見た目にはわかりにくいですが、実際に筋肉は鍛えられています。

 

ただし、足が太くなったりゴツくなることはないので女性は安心してくださいね。

 

例えば、マラソン選手は1日に30〜40キロを練習で走ったりしますが、足がゴツいどころか細いくらいですよね。 あれは、筋肥大しない筋肉を鍛えているので、見た目は変わらないのです。

 

一般人がちょっと散歩で歩くレベルじゃ、筋肉は大きくならないのでご安心を。

 

筋肉が刺激されたり、筋肉が活発に動くようになると、代謝が高くなります。 代謝が高くなると、脂肪燃焼効果が高まるので、結果的にダイエット効果があります。

 

半身浴やサウナは一時的に代謝を高めますが、ダイエット効果はありません。

 

しかし、散歩で筋肉を適度にトレーニング(鍛える)することで、1日中代謝が高いままキープできるので、脂肪燃焼効果が持続します。

 

サウナやお風呂は、一時的にしか代謝は上がらないので、そこまで効果はありません。

 

散歩ダイエットは1日に何分間歩けばいいの?

 

散歩で歩く時間は30分〜60分間がおすすめです。

 

無理をしていきなり2時間とか3時間歩くと、絶対に三日坊主になるのでご注意ください。

 

最初は無理をせず、景色を楽しみながら呼吸を深くゆっくり行い、代謝を高めていきましょう。

 

腹式呼吸をして30分間歩くのはかなり疲れます。 運動不足のおデブさんであれば、30分持たないかもしれません。

 

腹式呼吸とは
腹式呼吸とは・・

息を吸うときにお腹が膨らみ、息を吐くときにお腹がヘコみます。

仰向けになっている状態で呼吸をすると、腹式呼吸になるので練習してください。胸式呼吸では酸素量が少ないので、ダイエット効果が減少します

 

深呼吸をすることで、全身に酸素が行き渡り疲れやすい体が改善されたり、ストレス解消になったり、偏頭痛や便秘改善に効果的です。

 

ついつい歩いていると、胸式呼吸になり呼吸が浅くなりがちです。 それでは疲れやすくなり、30分間しっかりと歩くのが難しくなります。

 

まずは冷静になって、リラックスした状態でゆっくり腹式呼吸で散歩をしましょう。 歩いているときはダイエットのことは意識せず、とりあえずじっくり歩ききることだけを目標にしてください。

 

icon-finger1-b

サラリーマンがストレス解消をしたいなら散歩がおすすめ!

 

散歩中は急ぎ足になる必要はない

散歩で痩せる

散歩中は急ぎ足になる必要はありません。

 

急ぎ足になるくらいであれば、走ったほうが効果は高いです。

 

あくまでも無理をせずダイエットするのに、散歩が向いているので辛いハードなダイエットで痩せたい人は走るか、筋トレをして脂肪と体重を落としましょう。

 

実際に散歩をするまえは、30分間歩くだけではまったく辛くなさそうですが、いざ歩いてみると本当に大変ですよ^^;

 

icon-finger1-g すぐにお腹が減るから食べ過ぎる人へ。食欲を抑える方法!

 

歩き終わったあとは、食事を軽く食べる

 

理想は、に散歩をすることです。

 

朝食べてから散歩をするよりも、食べずにそのまま運動すると食欲もなくなります。

 

実際に空腹が襲ってきたら、100メートルダッシュを2回くらいするだけで2時間は食欲を抑えることができます。

 

これと同じ原理を使って、散歩前は何も食べずに胃腸を休ませておきます。

 

帰宅後に、少しだけ食欲があるはずなので、腹八分目にして食事を済ませましょう。 食べ過ぎはだるくなる原因です。

 

食べると眠くなる理由
人間が一番エネルギーを消費するのは食べ物の消化です。

食べ過ぎは、人間のエネルギーを消費するので食べた後に寝るのは太りやすく、時間のムダです。

腹八分目で生活するのが理想です。よく噛んで食べることも基本です

 

このように一日3食とか食べてしまうと、疲れやすい体になるので1日1食〜2食が理想です。

 

散歩をすると、ムダな食欲をおさえて、ムダなエネルギー消費を防ぐことが出来ます。

 

散歩は毎日やるからこそ、効果が出るので1日30分は朝にしっかりと歩き1日をスタートさせましょう!

 - ダイエット