健康と生活の知恵ぶくろ「シリモノ」

お酒に弱いので対策を知りたい。飲めない人はどうすればいいか?

   

 

お酒に弱い人は、お酒が飲めないコンプレックスを抱えています。

 

しかし、ある対策をすることでお酒を楽しめるようになることができます。

 

今回は、お酒を適度に楽しむための健康テクニックと、正しいお酒の対策をご紹介します。

 

決して、無理をしてアルコールを楽しむ方法は紹介していないので、期待しないでご覧ください。

 

 

      
                    <スポンサーリンク>

お酒に弱い人は強くなれないのか?

 

お酒に弱い人と強い人がいますが、人によってはお酒のアルコールに慣れてしまうと、強くなることもあります。

 

というのも、最初は誰しもが弱いです。

 

はじめてお酒を飲むとすぐに頭が痛くなり、目がくらみ、顔が赤くなり、眠くなっていきますよね・・

 

でも、少しお酒を飲むことに慣れてしまうと、美味しさを感じて、徐々に飲める量とお酒の種類が増えていくはずです。

 

もしかすると、自分はお酒に弱いと思っているのは、まだお酒に慣れていない可能性が高いです。

 

とはいえ、無理をして飲むのは健康に悪いため、絶対にやってはいけない行為です。 無理をしても強くならないですし、健康を害するので飲酒は適度に行うべきです。

 

しかし、お酒に弱すぎると飲み会などで友達と楽しく接することができなかったり、自分だけ仲間はずれになったような気持ちになりますよね。

 

胃腸が弱い人はお酒に弱い傾向にある

お酒が飲めない

胃腸が弱い人ほど、アルコールに対する耐性が低いと言われています。

 

人間には、アルコールを分解する力がありますが、人によって弱かったり強かったりします。これは見た目は関係なく、体のでかい男だからといって、強いわけではなく、細身の女性でも強い人はいます。

 

遺伝や生まれつきの体質によって変わってきますので、鍛えることは難しいと言われています。

 

すぐに顔が赤くなってしまう人は、アルコール分解をするのが苦手な人が多い傾向にあり、お酒を飲んでも顔に出ない人は、体内でアルコール分解が得意な傾向にあるようです。

 

ここで勘違いしてはいけないのが、顔がすぐに赤くなるからといって弱いのではなく、これは体質です。

 

顔を赤くしない対策としては、ゆっくり食事を食べながら適量を飲むことです。

 

更に可能であれば、お茶やお水などと一緒に飲んでいけば酔いが回るのを少しでも遅くすることができます。 顔が赤くなるのが恥ずかしい女性や男性は、ぜひ真似してください。

 

お酒に酔わないためのコツ
・食事をしっかり食べる
・胃が空っぽの状態で飲まない
・ゆっくり調節して飲む
・がぶ飲みは禁止、たしなむ程度
・一緒に水とお茶を飲むこと
・度数の低いお酒を選ぶこと

 

すぐに真似できる、対策ばかりなので自分の健康を守るためにも、実践してください!

 

お酒はガブガブ飲むものではなく、適度に楽しみ健康を害さないように意識することが重要です。 無理な飲酒は命を落とすケースがあるので、絶対にやってはいけません。

 

お酒に弱い人は飲まない勇気も大切

お酒を断る

どうしてもお酒を飲まなければいけない席など、ほとんどないはずです。

 

最近では、昔ほど会社の上司に飲酒を強要されたり、プレッシャーをかけられてしまうことは少ないはずです。アルコールハラスメント(アルハラ)という言葉も流行りましたよね。

 

お酒に弱く、体調が悪くなったり吐き気が出るひとは、勇気を出して飲まないという選択をすることが重要です。

 

では、お酒を丁寧に断るための小さなテクニックをご紹介します。

 

お酒を断るテクニック
大切なのは、「いいわけ」を用意すること。
絶対にNGなのは、強く拒否すること。相手も悪気があるとは限らない。

・体調が優れず飲めないと伝える
・持病を言い訳にする(鼻炎やアトピーなど)
・喘息気味と伝える(飲酒は気管支を刺激するため)
高血圧だと伝える
・ダイエット中と言う

 

何かしらの大義名分さえあれば、飲み会の席でもお酒を飲まずに一緒に食事を楽しみ会話することができます。

 

大人なのですから、お酒が飲めないことを理由に、仲間はずれにされてしまうことはありえないです。

 

万が一されるのであれば、そういった人間とは付き合わなくて済むので、どちらにせよあなたにはメリットがあります。

 

飲酒には多少のメリットがありますが、飲まなければ、お金も節約でき余計なカロリーを摂取する必要がなくなるので、浮いたお金を必要なポイントに使うことも可能です。

 

お酒が飲めない人は、食事を楽しめばいいですよね。

 

どうしても、お酒を飲みたい人は、ゆっくり適度に楽しむ必要があります。先ほど紹介したコツと対策を実践してください。

 

ハンドルキーパーの役割を担当しよう

 

大切な友達や同僚が、お酒を楽しむのであれば、あなたは飲酒運転をさせないよう注意したり、車で送り届けるハンドルキーパーの役割を担当してはいかがでしょうか。

 

ハンドルキーパーとは
ハンドルキーパーとは、飲み会などで、飲食店や居酒屋へ行ったときに、帰路で車を運転するため酒を飲まない人のことである。

 

大切な友達の命も守れるだけではなく、尊敬される役割なので、大切な人と食事をするときには、自らそういった役割を担当することも大切です。

 

お酒が飲めない=飲み会へ参加できない 。 と考えるのは間違いです。 お酒など1つの飲み物にすぎないわけですから、あまり重く考えるのはNGです。

 - アルコール依存症