健康と生活の知恵ぶくろ「シリモノ」

大学生の一人暮らしは憂鬱になりやすい。解決方法はなに?

   

 

一人暮らしをすると、生活リズムが乱れて、理想の生活を過ごせないまま時間だけをムダにしてしまうことがあります。

 

大学生ははじめて親元を離れて生活をするので、余計に生活が乱れて精神を壊しやすいです。

 

今回は憂鬱な状態を解決する方法と、手軽な対策をご紹介します。

 

今日からぜひ、真似してください。

 

      
                    <スポンサーリンク>

一人暮らしの憂鬱を解決するには

 

大学生で憂鬱になってしまう人は意外と多いです。

 

その原因は人によって変わりますが、

 

憂鬱になる原因とは?
・大学で友達ができない
・上京によるストレス
・他者との接点がない
・生活費の不安がある
・勉強が難しく悩んでいる

 

理由は様々ですが、ちょっとしたことで気分が憂鬱になり、学校へ通えなくなったり、バイトにも行けなくなったり・・・負の連鎖が起きてしまいます。

 

こういった憂鬱な状態になってしまうと、うつ病や精神的な病にかかってしまうことがあるので、早めの自己対策が必要です。

 

しかし。根性だけで無理をしてストレスや憂鬱な状態からぬけ出すのは正しいやり方ではなく、効果も薄いです。そもそも根性で乗りきれるのであれば、憂鬱な状態にはならないはずです。

 

不規則な生活リズムは精神バランスを崩す

 

一番やってはいけないことがあります。

 

それは、昼夜を逆転させてしまうことです。 生活リズムが狂ってしますと、普通の大学生活が過ごせないので、どうしても時間がムダになり、気持ちだけが重くなっていきます。

 

何をしなくても時間はただ過ぎていくので、行動しなければ行動しないだけ辛い状態に追い込まれていくのです。

 

 

大学生には、誘惑が多いです。サークルの飲み会やアルバイト先の友人関係、恋人の存在など、自分の生活リズムを他人に乱される条件はかなり揃っています。

 

人付き合いもあるでしょうから、無理に断ったり無視をするのは難しいとおもいます。

 

上手く人付き合いしながら、昼夜逆転させずに生活できるのであれば理想ですが、難しいと思いますので・・・・ここはあえて、面倒な人とは決別する勇気を持ちましょう。

 

人との接し方や人間関係に傷ついた時は、次の本を読んでみてください。

 

 

この本は、アルフレッド・アドラーという心理学者が伝えたかった思いが詰められている本です。小難しそうなイメージがありますが、中身はいたってシンプルな読みものです。

 

多くは語りませんが、読み進めていくうちにこころがスッキリし、自分の考え方が180度回転するはずです。

 

ちなみにタイトルにある「嫌われる勇気」というのは、他人など無視をして嫌われてしおう!というのではなく・・・本の最後のほうで意味がわかるようになっています、それも非常に重要なポイントです。

 

大学生の憂鬱な気分を晴らすには散歩がおすすめ

 

え?散歩・・・

 

・・・散歩というと、おじさん・おばさんがやるものだと思ってはいませんか・・・?

 

実は散歩というのは憂鬱な気分を晴らすには最も効率がよい運動なのです。うつ病予防にもなりますし、運動不足も解消されるので気分が晴れやすくなります。

 

理想は、朝にしっかりと歩くことです。 生活リズムを整えるだけではなく、太陽の光を浴びることで、セロトニンという快楽物質がでるので、ストレス解消や生活習慣病予防に効果的です。

 

では、一度散歩のメリットをまとめてみたのでご覧ください。

 

散歩は精神バランスを整える
・呼吸が深まり気分がスッキリ
・歩くことで適度な疲労感がでる
・運動することで夜に眠くなる
・太陽光によるストレス解消効果
・適度な有酸素運動によるリラックス効果
・朝に起床する習慣づけができる

 

ざっくり見てみるだけで、とてもメリットが多く、お金もかからずコスパも良い対策ですよね。うつ病になりかけの人ほど布団で眠りがちです、しかし家に引きこもらずに、外へでて歩くことが大切なのです。

 

散歩が乱れた生活リズムを解消し、憂鬱な状態を解決するきっかけになるので、散歩をバカにせず、街を歩いたり、近所を15分間くらいゆっくり歩いてみてください。

 

ゆっくり腹式呼吸をするだけで、全然変わってくるのでぜひ参考にしてください。

 

自分のやるべき課題を見つける

 

何もやることがないと、どうしてもムダに眠ってしまったり、だらけたまま大学生活を過ごす原因になります。

 

勉強不足でテストを受けて、そのまま単位を落としてしまったり、留年するような負の連鎖を起こさないためには、自分がしっかり勉強をやる意味や目的を再認識することが重要です。

 

勉強が順調に進んでいるならば、勉強以外でもいいのですが

 

何かしら頑張って取り組める課題を見つけるべきです、人によっては筋トレでもいいですし、音楽でもいいですし、英語学習でもいいでしょう。

 

アルバイトをしてお金を稼ぐことに熱中してみたり、自分でビジネスをはじめて見るのも楽しそうですよね。

 

何かしら熱中できる課題があれば、憂鬱な状態になりにくいですし、自分で規律を正して、生活リズムを整えようという気持ちになります。こういった小さな積み重ねが精神的に不安な状態を解決できます。

 

無理をするのではなく、少しづつ変化させていけることから取り組んでください。

 - こころの悩み