健康と生活の知恵ぶくろ「シリモノ」

子どもに自転車の乗り方を教える場所は、コンクリートの上がおすすめ!

   

小学校にあがるまえの子供に自転車の乗り方を教えるコツを紹介します。

間違った自転車の乗り方を教えてしまうと、自転車への恐怖心をもったり、怪我をしやすいフォームを覚えてしまうことがあります。

      
                    <スポンサーリンク>

子どもの自転車練習は公園ではダメ

 

子どもがケガをしないようにと考えて、自転車の練習を公園や土のうえで練習させてしまいがちですが、これではいつまで時間が経過しても上達しないです。

 

むしろ、上手く乗りこなせずに自己嫌悪に陥ることもあるでしょう。

 

公園の土の上で乗りこなせない理由は、ペダルをこぐ力が必要になるからです。

 

土ですと、タイヤの車輪が上手く回らないですよね。摩擦で力で奪われてしまうので、すいすい弱い力で前に進むことが不可能になります。

 

これは大人でも同じことです。 一度お母さん、お父さんも土の上で自転車を漕ぐむずかしさを体験してみましょう。

 

幼稚園児くらいの年齢であれば、まだまだ自転車にたいする恐怖心とたたかっている最中です。

 

つまり、弱い力しかペダルに込めることができないので、すぐにスイスイ乗りこなせるのは無理なのです。

 

そういったときに、背中を押してあげたり、補助輪をつけて自転車をこいでも上達はしないので覚えておきましょう!

 

ポイント
安全を重視して足場の柔らかいところでの自転車練習はNG!

 

自転車の練習は防具をつけてコンクリート上でやる

小学生自転車

 

自転車の練習は、ヘルメット・肘当てなどの最低限の防具をつけてしまえば、転んでも危なくないことを子どもに教えてあげましょう。

 

そして、いきなりコンクリートの上で自転車に乗らせてあげることが重要です。

 

最初はペダルに、力を込めることに恐怖心があるはずなので、補助輪をつけてスピードを出す練習をさせてあげましょう。

 

目安としては、「大人の徒歩と同じ速度」くらいの早さを出せるようになれば、バランスがトレなくなても、あとはコンクリート上で補助輪なしでも自転車が乗れるようになります。

 

道路は車の交通量がおおい場所では、キケンなのでなるべく広い安全が確保された場所でしっかり練習させてあげましょう。

 

自転車の防具はこちらがおすすめです。

 

 

幼稚園児でも1週間あれば自転車に乗れる!

幼稚園児(3歳・4歳・5歳)でも、1週間あれば自転車に乗れるようになります。 これは運動音痴とか関係なく、コツさえつかめば簡単なのです。

 

おすすめのコツは、反復練習です。

 

人間の体と脳は、繰り返しおこなう運動を覚える特性があります。

 

あなたはこのような経験はありませんか?

 

「昨日まで、できなかった運動がいつのまにか出来るようになっていた」

 

能力に関係なく、しっかり繰り返していると体が覚えてしまうのです。自転車も同じように1週間まいにち練習させることで、身体感覚でコツを掴んでいくのです。

 

曜日ごとに練習メニューを変化させる

月曜日は補助輪ありで、恐怖心をなくす練習
火曜日は補助輪ありで、スピードを出す練習
水曜日も同じ練習
木曜日から補助輪なしで、自転車を乗る練習

 


このような計画をたてて練習させるのでもOKです。1日の練習は15分〜30分程度が目安です。

 

あまりにもハードで疲れてしまうと、ペダルを漕ぐ体力がなくなったり、ミスをして転び自転車への恐怖心を持ってしまう可能性があるので、スパルタ教育や無理をさせるのはNG行為です。

では、大切なステップを最後にまとめておきます。

子どもに自転車を教えるステップ
・自転車練習はコンクリート上でやる
・防具をしっかりつけて恐怖心を減らす
・最初は補助輪ありでスピードを出す練習から
・1週間毎日練習させてあげること(反復)
・スパルタ教育は不要

 - 小学生