健康と生活の知恵ぶくろ「シリモノ」

一人暮らしに準備資金は何円くらい必要になるのか?

   

 

一人暮らしを始めようとしているあなたへ。

 

一体資金はいくらくらい必要になるのか?貯金は何円くらい用意しておけばいいか?自分が審査に受かるのか?どうすれば確実に契約デキるのか?

 

こういった不安を今回は取り除くためにあなたへ、一人暮らしのスタートをアドバイスさせていただきます。

 

一人暮らしは快適で自由なので、ぜひ夢の生活を手に入れるためにまずは知識をつけていきましょう!

 

      
                    <スポンサーリンク>

1人暮らしで必要になるお金の詳細

 

まずは「これだけは絶対に必要です! 」という費用から紹介していきます。

 

例えば、家電とか家具とかこういったものはいくらでも後から準備できますよね。 そうではなく、賃貸を契約するときに必要なお金や敷金、礼金などをまとめて見ていきます。

 

こういった最初に絶対に必要になる準備資金を知っておきましょう!

 

結論から言ってしまうと、初期資金で必要になるのは上限50万円〜下限20万円レベルです。 東京都内にアパートを借りるケースと、地方では多少違いますが、平均値となります。

 

では、早速詳細をご覧ください!

 

賃貸契約時に必要になる費用
敷金(1ヶ月〜2ヶ月分)
礼金(1ヶ月〜)
共益費(物件により違う、月数千円)
保険料(不動産によって異なる)
駐車場契約(初期費用+月額費)
補修費負担費用(数千円〜数万)
初月の家賃(1ヶ月分のお金)

 

最低でもこれだけは必要になります。 例えば家賃5万円のマンションに住むとすれば、敷金と礼金がそれぞれ1ヶ月分ずつ必要であれば・・・・

 

敷金+礼金=10万円となります。 もうこれだけで高いですが、敷金は部屋を出るときにほぼ全額かえってくることが多いです。

 

次に初月の家賃です。先ほどの10万円に+して5万円となれば、合計で15万円です。

 

この時点でもうすでに金銭的に厳しいのであれば、最低でも家賃(住みたい物件の金額)3〜5ヶ月分くらいいつでも支払える余裕が欲しいところです。

 

残りの共益費やガスや水道は、住み始めてから1ヶ月後〜の請求となるのですぐには必要ありません。

 

ただし、物件によっては家賃に含まれている可能性があるので先払いになることもあります。覚えておきましょう。

 

結局、いくらほど貯金しておけばいいのか?

 

このような不安が消えないかとおもいます。 フリーターやアルバイト生活をしていると物件契約のときに信用問題などがあるため、お金が絶対的な存在となります。

 

収入はそれほど無いとしても、貯金がある程度あることを証明できれば契約できることもあります。

 

難しい諸経費のことは考えず、一人暮らしの経験そして物件契約の回数がおおい私からいわせてもらうと「住みたいお部屋の家賃×5ヶ月分」ほどの貯金があれば一安心です。

 

家賃6万円のマンションであれば、5ヶ月分=30万円の貯金があれば安心となります。

 

正直いってしまえば、とりあえず部屋さえ契約できれば家具や家電はすこしづつ用意するか、なくても最悪生活はしていけるので、なんとかなるはずです。

 

人間は強いので(笑) ここで邪魔になってくるのが見栄(プライド)です。

 

プライドが高いと、少しでもいい部屋に住もうとしたり、家具や家電にがっつりお金をつぎ込もうとします。これが金銭的に厳しくなる要因でもあるのです!

 

一人暮らしは困ったときに助けれくれる人はいません! そうなれば、自分でしっかり毎月の給料と生活費をうまく計算して生き残っていくしかないので、油断は禁物です。

 

見えやプライドは捨て、正直に生きたほうがストレスも少なく、楽しく一人暮らしを過ごすことができます。

 

賃貸契約のときに親や保証人は必要なのか?

 

あなたが未成年だったり、安定した職(サラリーマン・OLなどの正規雇用)についていないのであれば、親もしくは保証人が必ず不動産屋についてきてもらう必要があります。

 

正しくは、一緒にいかなくても書類などで審査ができますが、時間がかかるため一緒にその場で審査&契約をしたがほうが手っ取り早く楽ちんです。

 

二十歳以上の成人であれば、書類の保証人だけで審査さえ通れば賃貸契約をすることができます。

 

ただし、あまりにも身の丈にあったいない家賃のマンションを借りようとすれば審査に落ちたりすることもあります。ご注意を!

 

一般的には自分の収入の30%くらいを家賃の金額に設定するべきといわれています。

 

手取りで30万円あるのであれば、10万円くらいまでは家賃にしても問題ないですよー!ということです。

 

手取り15万円であれば、5万円前後が目安です^^

 

自分が賃貸契約できるか不安なときは、ひとまず不動産のスタッフにアドバイスをもらうことが大切です。 不動産屋さんも人に部屋を貸すことで利益をあげることができるため

 

非常に親身になってアドバイスしてくれますよ。

 

繁忙期である春先をのぞけば、いつでも時間をとってくれるとおもいます。 事前にメールや電話をしておくことも肝心です。

 

大手ほど安定した接客を望めるはずなので、あまりメジャーではない不動産屋さんを選ぶと失敗するはめになります。 ご注意を!

 

目指せ半年後の一人暮らし生活!

 

今から貯金をしたり、部屋探しをするのであれば半年後を目標にしましょう!

 

金銭的にまだ準備資金を用意できていなかったり、まだまだ計画性が甘い段階であれば、少しづつ時間をかけて着実に準備するべきです。

 

半年間もあれば、貯金もできますし、部屋探しも十分にできますよね!

 

毎月理想のお部屋の家賃分を貯金しておけば、すぐに初期費用をはらって一人暮らしを開始することができますし、審査に落ちてしまうかドキドキするストレスもなくなります。

 

今日から半年後の一人暮らしを目標に、ぜひ日々がんばってみてください^^

 - 一人暮らし