健康と生活の知恵ぶくろ「シリモノ」

朝シャワーをする効果はある?しないほうが良いのか?

   

 

朝シャワーで得られる効果がとてもたくさんあることをあなたは、ご存知でしょうか?

 

朝にシャワーを浴びるのは面倒ではありますが、美容効果やダイエット、体臭防止などのメリットが多いため、自分の悩みを解決できるチャンスでもあるのです!

 

ではでは、今回はシャワーで得られる効果(メリット)をすべてご紹介します。

      
                    <スポンサーリンク>

朝シャワーをすると血行促進と代謝が上がる

 

朝シャワーにはダイエット効果があると聞いたことないでしょうか?

 

・・・・・・・・・・

 

あれは、汗をかくことでダイエット効果を得られるのではなく、じつは体を温めることで血行促進されるので、脂肪燃焼効果や体温が低下しにくく、冷え性予防などのメリットがあるのです。

 

朝からダルいままお昼くらいまで無理をして学校で勉強をしたり、仕事をしているサラリーマン、OLさんにはぜひ参考にしてほしいです。

 

冷え性気味の人や、日中の元気がない人こそ朝シャワーが効果的です。

 

筋トレを朝にすると、代謝があがりダイエット効果がますように、朝シャワーをすることで簡単に代謝をあげられるので、「朝から運動はちょっと無理!」という方にこそシャワーがむいています。

 

運動とは違い、シャワーは頭の汚れをおとしたり、気分がスッキリするのでストレス解消にも向いています。

 

いい匂いで評判の玉の肌ボディソープをつかって朝からるんるん気分で肌を美しい香りで身にまとっておくのも楽しいかもしれません。

 

 

自律神経を刺激し朝のスイッチが活動モードに変わる

 

元気

 

サラリーマン、OLさん、大学生さんにピッタリです。

 

朝から気を抜かずに仕事や勉強に打ち込まなければいけない人におすすめです。

 

自律神経には、交感神経(活動モード)と副交感神経(リラックスモード)に2つに分かれています。

 

40度くらいの湯温でシャワーをすれば、血行がよくなり徐々に交感神経(活動モード)が活発になって、目がせめて気持ちよく朝をスタートできます!

 

・朝は機嫌が悪い
・しばらく脳が働かない
・日中の元気があまりない

 

こういった特徴がある人は、朝シャンが効果を出すとおもいます。

 

自分がいかに元気スイッチを入れるかによって、1日の活動量も変わってきますし、発揮できる仕事の成果も変化してきます。

 

ガンガン働きたい人にとって朝シャワーは非常に便利なルーチンワークになるとおもいます。

 

ある大手雑誌によると、アメリカのエリートサラリーマンの7割は朝に筋トレやジョギングをして、かならず朝にシャワーもしくは湯船にはいり、リラックスする時間を確保しているそうです。

 

朝から元気に活動することで、仕事や勉強の成績があがり活発的になれる証拠なのかもしれませんね! これは嬉しい効果ですね!

 

朝の頭臭さを抑えて気持ちよく1日を過ごせる

 

朝シャワー
男性の方はとくに悩みがあるとおもいます。

 

朝おきたときに、枕あたりから「もわ〜」っと頭の皮脂臭いがニオってきたことありませんか?

 

・・・・・・・・・・

 

このニオイのまま、仕事にいくのは正直気持ちが悪いですし、まわりにも迷惑をかけてしまうのでできれば気持ちよくシャキッと出かけたいですよね?

 

この男性を悩ます、皮脂臭さを朝シャワーをしっかり浴びていくことで解決します。

 

皮脂は人間であれば、だれもが分泌するものですので、完全に食い止めることは不可能です。 無理をして我慢せずに、しっかり朝に髪の毛を洗ってしまえば解決できるのです^^

 

 

朝にお風呂に入るときの注意点について

 

浴室

 

朝シャワーのデメリットではありませんが、1つだけ注意点があります。

 

それは、熱いお湯で絶対にシャワーを浴びない ことです。 これだけは注意してください。

 

朝人間の体温はもっとも低いので、体温以上に熱いお湯にふれてしまうと、心臓がビックリして麻痺したり吐き気を催すことがあります。(一例ではありますが、念のため)

 

カラダにすぐにシャワーを当てるのではなく、まずはぬるま湯を足先にあてて、心臓を驚かさないように少しづつお湯と触れ合っていきましょう。

 

ほんの10秒〜20秒程度の小さな工夫ですが、とっても大切なことです^^ 面倒くさがらずにカラダのためですから、やってあげましょう。

 

「自分は大丈夫だよ〜!」と安心せずに、念のため注意をしておくと気持ちよく朝にシャワーを浴びることができるはずです!

 

では、注意点をこちらにまとめておきますので参考にしておいてください。

 

朝のお風呂場で注意すること
・湯温は40度に設定する
・浴室と脱衣所の寒暖差に注意する
・急いでシャワーしない(落ち着こう!)

 

こういった注意点を書いてしまうと、朝シャワーは健康に悪いと判断する方が多いですが、こういった湯温や寒暖差が危険なのは、朝も昼も夜もおなじことです。

 

うっかりしていると事故につながるので注意書きをしているだけなので、朝シャワー=危険と判断するのは間違いですよ!

 

正しい方法で朝にお風呂にはいって、気持ちよく1日をスタートさせてください!

 - ダイエット, 体の疲労を解消する, 臭いの悩み