健康と生活の知恵ぶくろ「シリモノ」

妊婦は便秘になりやすい!出ない期間は腹痛が起こる

      2016/02/04

 

妊婦さんは便秘になりやすいと知っていますか?
現在、妊娠中の女性は知っておくべきことがあります。

 

妊娠中に、腹痛に悩まされないために
ただでさえ、大変な出産までの期間をすこしでも
快適に生活するためのコツをご紹介していきます!

 

家族に妊婦さんがいる男性も要チェックです!

 

      
                    <スポンサーリンク>

妊婦が便秘になりやすい原因は?

 

妊婦さんが便秘になる原因は、黄体ホルモンが関係しています。

 

女性は妊娠すると、黄体ホルモンの分泌が活発になります。
この、黄体ホルモンが原因で大腸の働きが鈍ります。

 

結果として、お通じのバランスが悪くなってしまうので
便秘になりやすくなります。

 

普段から、食生活や睡眠に気を使っていても
便秘になってしまうことはありますので
あまり悩みすぎるのはストレスになります。

 

ストレスによる、腹痛が起こるときもありますので注意しましょう!

 

黄体ホルモンだけでなく、胎児がいることで
体内の水分が不足することから便秘の原因にもなります。

 

妊娠をしていない状態ですと
体内の水分は自分だけ使う状態です。

 

しかし、胎児がいる状態ですと、
自分だけでなく胎児の水分までひつようになるので
意識して、水分を補給していないと便秘になりやすいです。

 

妊婦さんの水分不足対策として
こまめに、お白湯などを温かい飲み物がおすすめです。

 

コーヒーやお茶などをたくさん摂取していると
カフェインの過剰摂取になりやすいので注意してください。

 

水やお湯ですと、たくさん飲んでも体に害はないです。

 

妊娠中には、少し飲み過ぎかな?程度の水分補給がおすすめです。

 

ガバガバと飲むというよりも
ちびちび細かく飲むことを意識してくださいね!

[関連」→→簡単に便秘を解消する方法とは?即効性もあります!

お腹の赤ちゃんが成長すると便秘になりやすい

 

これまでは、黄体ホルモンと水分不足が原因による
便秘の可能性についてお話してきました。

 

ですが、お腹の胎児が大きくなることで
腸などの内蔵を圧迫することで
便通が悪くなってしまい、便秘になることもあります。

 

fukutuu

 

便秘だけでなく腹痛が起きる場合もあります。

 

腹痛は、便通が悪くなればなるほど強い痛みになります。

 

改善する方法としては、先ほどいったように
死宇文を補給することです。

 

ですが、胎児が大きくなっているので
水分をしっかりと補給していても腹痛が起きるときがあります。

 

そういったときには、なるべく動くようにしましょう

 

胎児が成長するにつれて、身動きが取りづらくなります。
そうなると、運動量が減ってしまうので
腸がねじれたり、圧迫された内蔵がより複雑になっていきます。

 

老人などが、便秘になりやすい原因として運動量不足があります。

 

1つだけ注意するポイントとして

 

「激しい運動をしないことです」

 

無理をして、転んでしまうと胎児が危険なので
ゆっくりと歩いたり、椅子に座りながらできる運動をおこなってください。

 

呼吸が乱れてしまうほどの運動は逆効果になることもあります。
くれぐれも無理をしないように、便秘による腹痛を改善してください。

 

icon-star便秘中のおなら臭い原因は?どうすれば普通のニオイに戻る?

 - 便秘