健康と生活の知恵ぶくろ「シリモノ」

台所のシンクが臭い!キレイにする掃除方法とは?

   

 

あなたの家のシンク(流し台)まわりがとっても臭いのは、排水口にびっちり汚れが溜まっているサインです!

 

このまま放置すると、ゴキブリやコバエなどの害虫が発生したり、家全体に悪臭がしみついてしまう可能性があります。

 

今回は、正しいキッチンの水回りの洗い方と、掃除をするために必要になるアイテムをご紹介します。

 

今日から実践できるお掃除方法になっているので、ぜひお試しください!

 

      
                    <スポンサーリンク>

シンクの悪臭は排水口が原因です

 

台所の水回りがクサイ原因は、流し台(シンク)の排水口 です。

 

実際に目には見えないところなので、ついつい放置しちゃいますが、掃除しないとカビが発生し強烈な悪臭がモアモアと湧き出てきます。

シンクが臭い

お部屋まで臭くなるので、それが生活臭となりいつのまにか家全体に染み付いてしまうこともあります。

 

そうならぬように、あらかじめ正しい掃除方法を知っておけば定期的にケアをするだけでキレイな状態を保持することができます。

 

今回は具体的に掃除方法をあなたへ解説させていただきますが、問題は排水口にあることをまず知っておきましょう。

 

では、実際に掃除のやり方と手順と必要になるアイテムをあわせて紹介していきます。

 

流し台の排水口をキレイに洗う掃除のやり方

 

はい、では通常のシンク(流し台)を例に掃除方法を学んでいきましょう。 以下の写真が一般的な家庭の流し台です。

 

流し台

 

先ほど解説したように、ニオイの原因は排水口にあるといいました。 つまり目には見えない奥深くにヘドロが眠っているのです。

 

では、更に排水口の奥をみていきましょう。 ご家庭にある流し台もおなじように解体して掃除できるので今すぐ実践してください。

 

排水口が臭い

 

まずは排水口のフタをぱかっと開けました。 でもまだまだ中には部品があるようなので、さらに外していきます。↓

 

シンクが臭い

 

はい! 更に部品を外すと水がようやく見えてきました。 写真では伝わりにくいですが、フタを開けていくごとに「少しづつ下水のようなニオイ」が漂ってきました(笑)

 

見た目では伝わらないのですが、「ヌルヌル、ヌメヌメ」したような汚れがこびりついています。

 

では、最後にもう1つ取り外せる部品があったので、すべてはずしてみました。

 

台所の排水口が臭い

 

はい! これですべての排水口の部品を取り外すことに成功しました。 ここでようやくニオイの原因となっている汚れの集合体をお掃除していくことができます。

 

すべての部品を外さないと、ニオイの根本となるカビや食べかすなどのヘドロを洗い流すことはできないため、洗ってもすぐに臭くなったり、ニオイがとれないままの状態になります。

 

それでは、悪臭を解消するために洗っていくのですが、必要になるアイテムをここでご紹介します。

 

流し台掃除に必要なアイテム

スポンジ

水垢や食べかすをキレイさっぱり洗い流すためには、手や水の勢いだけで洗うのでは力不足です。

 

まず重要になるのが、掃除専用スポンジです! 食器を洗うタイプでもいいので、用意してください。 普段つかっているスポンジを最後に掃除用として使うと経済的なのでおすすめです。

 

このような安くて使い捨てに便利なスポンジを買いだめしておけば、いつでも掃除できるので便利ですよ♪

 

 

次に必要となるのが、食器用洗剤です。 排水口の中のぬめりや水垢をゴシゴシ洗っていくためにはゼッタイに必要です。 食べかすや料理の脂がこびりついているので、お湯やお水だけでは落とせないのです。

 

今つかっている食器用洗剤があれば、それを使って下さい。

 

排水口の掃除用にこのような安い洗剤を買いだめしておくのも1つの手段です!

 

 

最後に、気合をいれてしっかり掃除するためにこころ強い味方となるのが、使い捨て手袋です! これ、正直いって最強なんです^^n

 

 

ポロエチレン手袋は安いですし、1度使うのに両手あわせて10円くらいのコストですみます。 これで勇気をもって汚いシンクや排水口の奥の汚れをガンガン落とせるので便利です。

 

一度、食器をあらって使ったあとにお掃除につかえば、経済的です。 お風呂掃除やトイレそうじにも同様につかえます。

 

ストックしておいて損はないアイテムです。

 

では、必要なアイテムが揃ったところでいよいよ本題の掃除の実践です!

 

写真のように1つ1つ部品を丁寧に洗って下さい

台所の水回り

「部品をすべて泡だってて洗っている写真」

 

写真のように、すべて丁寧に部品を泡でゴシゴシ磨いていきます。 汚れているのでヌメリを感じたり、悪臭がするかとおもいますが、手袋があるので勇気をもってあらいましょう。

 

取り外せない部品もこのように手をつっこんで洗って下さい。 もう泡だらけにしてあげましょう!(笑)

 

「排水口の奥(取り外せない箇所)を泡だらけにして洗う」

 

そして、ついでに流し台を全体もスポンジと洗剤をつかって泡だらけにして洗っちゃいましょう! 見違えるほどピカピカになるので気持ちがいいですよ!

 

「流し台全体を泡でしっかり洗っている写真」

 

・・・・・・・・

 

どうでしょうか? 普段ここまでしっかり洗わない人からすれば、すごく手が混んでいるかと思われるでしょうが、飲食店などでは極々あたりまえのお掃除方法です。

 

飲食店の場合、物凄い量の食べかすや脂がこびりつくので、すぐに排水口の掃除をしないと1日もしないうちに激臭が放たれてしまいます。

 

その結果、ゴキブリやコバエなどの害虫が発生する原因となるので、丁寧にココロをこめて清掃する必要があるのです。

 

これは一般家庭からすれば、あまり現実的ではないかもしれませんが、今日からしっかり掃除してあげることで、気持よく料理を作ることができます。

 

さらに、キレイな台所は精神的にも良い影響をおよぼすので、料理をする意欲がわいたり、食べた後の皿を置きっぱなしにする機会も減るはずです。

 

昔から、「水回りをキレイにすると家全体が美しくなる」というように、実際に台所の水回りを掃除していると、ついでにお風呂とトイレも掃除したくなるので、ついつい家全体がキレイになってしまうというメリットもあります。

 

では、最後にとっておきのアイテムをご紹介します。 私たちの手がとどかない排水口のパイプの先までキレイにするアイテムです。

 

 

排水口のパイプ(水)のところへ「ポンっ」と投げておくだけで、掃除されます。 水全体に塩酸がいきわたるので、手がとどかないところの汚れを解消します。

 

15分から〜20分くらいすると、水をしっかり流すだけでキレイにすることができます。

 

こういったタブレットタイプではなく、液体タイプもあるので好みのあわせて準備してください。 ちなみに私はどちらも愛用しています♪

 

 

#使いかたは各商品によって、多少異なるのでしっかり使用方法を読んでうえで安全におつかいください!

 

どのくらいの頻度で流し台を洗うべきか?

 

排水口まわりのお掃除は毎日やるべきです。

 

あなたが一人暮らしの場合は、料理をする日だけ最後にしっかり掃除すればOKです。

 

4人家族で、毎日料理をしてキッチンを使っている場合であれば、ゼッタイに毎日やったほうが良いです。 汚れは蓄積すると、時間と共に倍々に増えていき、悪臭も強くなっていきます。

 

ゴキブリとか見たこともないような変な虫がウジャウジャ湧き出ると気持ち悪すぎますよね? 害虫対策にも毎日やるべきです。

 

どうしても忙しいときは、3日に1度が目安となります。 これだけでも随分ニオイは解消されますし、キッチン全体の匂いも改善されていきます。

 

そして、1番注意してほしいのが夏場です。 暑さ+汚れ=激悪臭 となります(笑) これだけは注意しておかないとあなたの家全体が臭くなるのです。

 

生活臭となった匂いは、あなたにとって当たり前の香りとなるので気がつかないまま臭い空間で生活するはめになりますよ。

 

夏場は熱さによる、汚れの広がり具合と悪臭の強烈さが桁外れになるので、毎日しっかり掃除してから寝てください。

夏場はコバエが発生するので、より入念にケアすることが重要です。

 - お掃除のコツ