健康と生活の知恵ぶくろ「シリモノ」

痩せているのにお腹がぽっこり出る理由は?女性に多い?

   

 

自分が痩せているのに、なぜかお腹だけぽっこり出てしまう・・・・

 

こういったことに悩んでいる人は、日本では特に多いそうです。

 

しかし、お腹が出ているのにはしっかり理由があります。 原因がないのに結果が出ないのとおなじように、何かしらあなたの体で異変が起きているサインでもあるのです。

 

今回はポッコリ出てしまうお腹を解消するために原因をわかりやすく紹介して、あなたが今日からできる対策をご紹介していきます。

 

「えっ?そんなこと関係あるの?」、と驚かれるような当たり前だけど、99%の人が理解できていない日常でお金をかけずにできる対策なども合わせて紹介しています。

 

お腹が出てしまうのを凹ませるだけではなく、すべてにおいて健康になるために使える知識やコツを書き出してみたのでメモを取りながら見てもらえるとウレシイです(^o^)

 

 

      
                    <スポンサーリンク>

痩せているのにお腹だけ出る理由はなに?

 

お腹がぷっくり出てしまうのは、内蔵脂肪が溜まっているからです。

 

テレビやCMなどの健康食品などで、内蔵脂肪(ないぞうしぼう)というキーワードはよく耳にするともいます。

 

実はこの内臓脂肪とは、人間であれば誰でもあります。 若い20代の女性でも、40代のおじさんでも、70代のおばあちゃんでも内蔵脂肪があります。

 

実は痩せてみえるキレイな女性でもお腹だけはポッコリ前に出てしまっている! なんてこともあるのです。(見た目は痩せているのに体脂肪率は高い。など)

 

お腹が出る女性

 

内臓脂肪とは、お腹の内側にたまってしまう脂肪のことです。 これが増えすぎると、お腹がでたりぶよぶよなウエストになってしまうのです。

 

しかし、通常のレベルであれば外見からみて異変を感じることはなく、健康にも問題がないレベルなのです。

 

現代社会に生きるサラリーマンやOLさんたちは、どうしても生活習慣が乱れ、食事や睡眠などのバランスが不規則になりやすい環境で生活しているので

 

通常であれば、たまらない脂肪も、体の代謝が落ちることによって太りやすく内臓脂肪をためやすい体になっているのです。

 

あなたはこういった経験はないでしょうか?

家族(もしくは友人や同僚)と同じような生活サイクルで似たような食事をしているはずなのに、自分だけなぜか体重が増加したり、お腹が出てしまう・・・

 

こういった違いが出てしまうのは、生活習慣による代謝の低下によるものです。

 

つまり、本来であれば付かない脂肪さえも体に溜め込みやすい状態になっているのです。

 

皮下脂肪と内臓脂肪のバランスが崩れてしまうと、あなたは肥満になり、見た目もぽっちゃり太ってしまうので、どうにかして早い時点で、正しい知識を理解し、やるべき対策を実行する必要があります。

 

食事制限をすればお腹は凹むのか?

 

内臓脂肪が溜まっているのであれば、これ以上「よけいな脂肪を取らなければいいのでは? 」、と考えますよね。

 

実はこの考えは、半分正解で半分は間違っています。

 

残念ながら、すでにあなたのお腹でためている脂肪は勝手に減っていくというよりは、自分で意識して減らす方向で行動しないとお腹は凹まないのです。

 

太っている人が、食べないダイエットをしても痩せないのと同じで

 

入れる量を減らしたとしても、出ていく量が比例するとは限らないのです。  ここを勘違いしてしまうと、1日1食にしたり、水だけで生活してみたり、意味のわからない怪しい健康食品に頼りがちになってしまうのです・・・・・

 

日本は健康食品大国なので、ついついこういった便利なアイテムに頼りがちですが、ここに頼っているだけでは一生痩せないまま、良くても現状維持が続くとおもいますm(_ _)m

 

そんなムダな遠回りはしないでいい方法があります。

 

それは、正しい知識を理解することです。 今回の記事では間違っている常識をしり、正しい知識をあなたに手に入れてもらうために書いています!

 

それでは次の章では、あなたが今日からやるべきポッコリお腹対策をご紹介します。

 

今やっているムダな習慣を断つ

 

イメージとしては、キレイに痩せるのではなく、人間本来の正しい状態に戻すという感覚がぴったりです。

 

急激にお腹を凹ませるのではなく、徐々に体のリズムを正しい方向へ導いて自然と人間本来の体へと戻すというのが理想です。

 

この考えを持っていれば、無理なダイエットや間違っている根性論だけの運動や筋トレに頼る必要はなくなります。

「ダイエットしなくちゃ!」、と考える人の99%は「なにか新しく始めよう」、と考えがちです。

 

しかし、新しく始めるよりもまずは断つ(捨てる、やめる)ことからがスタートです。

 

もっと、わかりやすく言うならば、毎日深夜に寝て、食事はすべて外食して夜はまたお酒を飲んで寝ているOLさんがいたとします。

 

この人が、このままの生活サイクルでいきなりダイエットジムに通ってみたり、筋トレを自宅ではじめても意味がないのです。

 

悪い習慣(よけいな脂肪を溜め込む状態)を続けたまま、良い習慣(脂肪を増やさない対策)を実践しても、マイナスな生活サイクルが勝ってしまうのです。

 

つまり、ムダなお金と時間と労力をつかってしまい、結果的にダイエットが失敗したと勘違いして、暴飲暴食に走ってしまうのです。

 

これをリバウンドと誤解して、私にはダイエットをしても結果が出ない・・・と絶望するハメになるのですm(_ _)m これはあまりにもモッタイナイです。

 

まっすぐ歩けば目的地に辿りつくはずなのに、正反対の道へ歩いているからゴールに一生辿りつかないのと同じです。

 

まずは正しいルールと道筋を知ってから、スタートすれば絶対に遅かれ早かれ結果は出るのです。

 

正しい方向へ走る

 

ではでは、あなたが今日からすぐに実践できる辞めるべき習慣を教えます! スマホでこのページを見ている方はスマホのメモ帳やLINEなどにメモしておけば、後ですぐに見れるので便利ですよ!

 

痩せるためにあなたが捨てるべき習慣

 

ここで紹介する習慣は、太りやすい生活リズムで過ごしている人に当てはまりやすいものを中心に解説しています。

 

あなたに少しでも当てはまるものは早速今日から断捨離していきましょう!

 

イメージとしては、部屋に散らかっている邪魔なゴミを1つ1つ丁寧に掃除して、二度とそれが部屋に入ってこないように意識するような感覚でいてください。

 

今、お腹が出ているということはあなたの体がゴミで散らかっているような状態なのですから、少しづつキレイにしていけば確実に良くなるので、焦らずがんばっていきましょう!

 

⇒外食を減らして自炊にする
⇒何かをしながら飲み食いしない
⇒炭酸ジュースは飲まない
⇒お酒は1週間に1〜2度に控える
⇒同じものばかり食べない
⇒スーパーで食材を買って料理する
⇒1日3分でいいから歩くだけの時間を作る
⇒何時に寝てもいいから、起きる時間は一定にする
⇒体を冷やさない(夏も!)

 

はい!、とりあえずここに書いているポイントのうち1つでもいいから自分に当てはまることは今日から捨てていきましょう。

 

例えば、寝る時間が定まっていない人は、寝る時間を一定にできなくてもいいので、起きる時間だけでも毎日同じにしたほうがいいのです。

寝起きスッキリ

そうすることで、体が一定のリズムを記憶するので内臓のリズムやバランスも整いやすくなります。

 

自分の都合で内臓に負担をかけつづけていると、胃腸が弱くなって肌が荒れて太りやすくなったり、体力が低下して風邪を引きやすくなり、気分もうつ気味になっていきます。

 

マイナスはマイナスしか生まないので、気をつけたほうがいいです。

 

女性は特に便秘になりやすいので、内臓脂肪+便秘によってお腹がぽっこり大きく飛び出ている可能性もあります。

 

よけいに外からお腹が出ているように見えてしまうので、なるべく起きる時間を一定にして体内時計のリズムを整えるようにしてあげましょう。

 

これは食事を気をつけるよりも基礎的で大切なポイントになります!

 

睡眠については下記のコンテンツもあわせてご覧いただくと、痩せる体作りをするためにお役に立てるはずです。

 

⇒⇒目覚めが悪いのをすっきり解消する3つの方法!

 

⇒⇒朝寝坊を99%防止するための5つのコツ

 

まとめて10個くらいの捨てるべき習慣を紹介しましたが、いきなり10個すべて捨てて新しい生活に戻していくのは難しいので、ここで1つコツをご紹介します。

 

部屋をキレイにすると生活リズムも整う

 

毎日部屋をキレイにしていると、自然と生活リズムもよくなります。

 

なぜなら、キレイな空間で過ごしているとよけいなストレスがなく生活できるからです。

 

太りやすい時期、仕事で疲れてストレスが溜まっている時期ほど、部屋が散らかって食事も外食中心になってはいませんか?

 

これは、私自身にも当てはまるところがあります。 疲れているときほど部屋が散らかっていきますよね(^_^;)

 

でも逆に、部屋が美しい状態であれば自然と心も軽くスッキリしますよね?

 

キレイに整理整頓されているホテルの部屋、落ち着いた雰囲気の旅館の一室。  こういった空間にいると、気持ちが前向きになったりするのは、よけいなストレスがないからです。

きれいな部屋

あなたのお部屋もストレスがなくなるように、キレイに整理整頓されているだけでダイエットの効果も全然違ってくるのでぜひぜひ実践してください。

 

私が意識しているのは以下の5つだけです。

 

⇒朝起きてすぐに布団を畳んでキレイにする
⇒部屋を1分間だけ掃除機をかける
⇒空気を入れ替えていい匂いのアロマを焚く
⇒洗い物(食器と服)はその日に片付ける
⇒必要のないものを徐々に捨てていく

 

これだけです。 一番おすすめしたいのが朝起きたときに布団を畳んでおくことです。

朝布団を畳む

これをやると、夜仕事から帰ってきたときにスッキリ眠れる状態が整えられているのでかなり心が軽くなりますよ(^o^)

 

ポッコリお腹を凹ませるために、しっかり生活しなくちゃ! と前向きになれるのでおすすめです。

 

お金をかけずにできるかなり便利な対策ですよ!

 

あなたのポッコリお腹は病院で検査できる?

 

お腹が出るといっても、全体的にぽっこりしている場合と、下腹がぽっこり膨らんでしまっているのでは、原因がまったく違うことがあります。

 

見た目は同じでも、肥満と病気の違いがあったりするのです。

 

これって知らないまま放置しておくとちょっぴり怖いですよね? とくに女性の場合は太るような心当たりがないのに下腹だけが出てしまうのは不自然だと感じることも多いはず。

 

そこで、原因不明な下腹ぽっこりお腹などは病院へ一度いってみることをおすすめします。

 

わからないときはプロの専門家に聞いてしまったほうが早いのです!

 

何科へ行けばいいかわからない・・・と思っている人も多いので、とりあえず行くべき場所も紹介します。

 

基本的にお腹が出ると検査をしなくちゃ、お医者さんも見ているだけではわからないのでCTスキャンなどの簡単な検査をしにく必要があります。

 

そういったのは、内科で出来るのでとりあえず内科へいけば問題ありません。

 

その場所で検査を受けられなくても新しい病院を紹介してくれますし、とりあえず行動してみましょう。

 

内科は風邪を引いたらいく病院ですが、じつはこういった肥満か病気なのか原因がわからないときにも相談へいける場所なのです。

 

とりあえずどこの科に行けばいいかわからないときは、内科へいって行くべき病院を教えてもらうこともできます。

 

ネットで「東京(住んでいる地域)+総合診療科」と検索すると、たくさん出てくるはずなので、そこへ行けば、あなたの症状を診察して、より詳しく検査が必要なときは行くべき病院へ紹介状を書いてくれます。

 

不安になったりする必要はないので、軽い気持ちでとりあえず検査してみたほうがあなたのためにもなりますよ!

 - ダイエット