健康と生活の知恵ぶくろ「シリモノ」

胃もたれの原因は夏バテ?症状を軽くするコツ!

      2015/04/20

 

あれ、最近まったく食欲が沸かないな・・・
胃もたれしているし、なんだか体調がすぐれない・・・

 

このような状況になったことないでしょうか?

 

もしかすると、原因は夏バテかもしれません。
夏バテは食欲不振だけでなく、胃もたれや腹痛など
様々な症状がみられます。

 

辛い症状を少しでも軽くするコツを知っておけば
明日から、また元気に生活をおくることができます。

      
                    <スポンサーリンク>

夏バテが原因で胃もたれになる

 

夏は気温があがり、汗をたくさんかきます。
体は疲れてしまうと、食欲がなくなったり
体の不調が目立ってきます。

 

人間は暑さと寒さに弱い人間です。

 

夏バテになってしまうと、胃の働きが弱まってしまうので
食欲が低下してしまいます。

 

あなたもこのような経験はありませんか?

 

・ご飯を食べたいのに、箸がすすまない
・1日3食から1日に1食ですませるようになった
・少し食べただけですぐに満腹になる

 

これらは、胃腸が弱っているサインです。
このような症状が出てきてしまうと、夏バテになっていると
思って頂いて間違いはないです。

 

胃腸が弱ってしまうことで、食欲が低下して胃もたれが起きます。

体に必要な栄養素が送られていかないので
体調は更に悪化して、体力も低下していきます。

 

これが、夏バテの負の連鎖 です。

 

夏バテは、胃もたれだけでなく
腹痛や頭痛や下痢など、体全体の調子が悪くなりやすいです。

 

とくに、7月〜9月までの3ヶ月間は猛暑が続きます。
外で仕事をしている人だけでなく、屋内で仕事をしている人でも
夏バテにやられてしまいます。

 

この、夏バテをどうやって予防 するべきか、知っておく必要があります。

 

夏バテの症状を予防するためには?

 

夏バテになってしまわないように
食事と睡眠と運動はかかせないです。

 

とくに、夏は睡眠の質が下がる といわれております。

 

その理由としては、暑さによる質の低下です。
暑いと夜中に起きてしまい、眠れない時間を過ごして
翌日に睡眠不足になってしまうことありますよね。

 

それでは、胃の働きも低下して、食欲も落ちて
代謝が低下して、すべてがマイナスにつながっていきます。

 

 

そこを食い止めるために、まずは睡眠を見直していきましょう。

 

・就寝時にクーラーをつけて寝ることは正しい

 

眠っているときに、冷房をつけておくと体に悪い

 

↑このような噂聞いたことないでしょうか?

 

たしかに、クーラーから冷たい風が勢いよく出していると
体が冷えてしまって、逆効果になります。

 

しかし、直接体に当てないようにして
温度も控えめにして、クーラーを使用することは正しいです。

 

どうしても、暑さを我慢してしまうことで
翌日に悪影響がでやすいので、無理せずクーラーをつけて眠りましょう。

 

胃の働きを低下させてはいけないので
裸で眠ったり、タオルをかけないまま眠ることはやめましょう!

今年の猛暑に備えておきましょう→→熱中症の対処方法について

 

夏バテから胃腸を守るための食事メニュー

 

夏バテによる、胃もたれを防ぐための食事メニューを紹介します。

 

胃腸は、温かい飲み物や食べ物で活発になります。
ですが、夏に温かい鍋や汁物ばかり食べるのはキツイですよね。

 

そこでおすすめしたいのは、そうめんやざる蕎麦を食べるときに
トッピングで、生姜とミョウガ を入れることです。

 

生姜とミョウガには、体内の温度を上昇させる効果があります。
胃腸も活発に働くようになりますので
あなたの胃もたれ改善には、もってこいの食材です。

 

ざるそばや、そうめんであれば
冷たいので、無理することなく食べることができます。

 

ミョウガと生姜は、どちらもスーパーで購入することができます。
冷凍保存も可能なので、買いだめすることもできます。

 

そして、最後に日常生活でき気をつけることができるポイントとして

 

・飲み物はなるべく常温にすること

 

これが大切です。やっぱり夏は暑いので、冷たい飲み物を
自宅でも、外でも飲みたくなりますよね。

 

 

ですが、そこをぐっと我慢して常温に切り替えることで
胃腸を冷やすことなく、水分補給できますので
胃もたれ予防になります。

 

夏場は暑いので、冷たい飲み物を30分程度放置しておくだけで
常温になりますので、ぜひ、お試しください!

 

アイスやかき氷も美味しい季節ですが
食べ過ぎには、注意してくださいね!

 

冷たい飲み物とおなじく、体内を冷やしやすいです。

 

以上を参考にして、今年も暑い夏を乗り切って行きましょう!

あ、お酒の飲み過ぎも注意ですよ(-_-;)

 - 胃の不調