健康と生活の知恵ぶくろ「シリモノ」

布団を洗濯する頻度はどのくらい?目安と洗い方をレクチャー!

   

 

普段からまいにち使っている、お布団。 夏だろうが、冬だろうが人間は汗をかいてしまうので、どうしてもニオイだったり汚れが目立ちます。

 

これが生活臭となって、寝室から家全体にモワ~ンとした独特のニオイを放つこともあります。

 

まいにち使う布団だからこそ、常にキレイで気持ちよく眠りにつきたいですよね。

 

布団が汚れて洗いたいけれども、一体どうすればいいかわからないというあなたに、今回はていねいに洗い方の注意点や、実体験によるアドバイスをご紹介させていただきます!

 

布団を洗うまえに絶対に確認するべきこと

 

布団は、安くはないですよね。 高いものになると数十万円、安くても数千円〜数万円程度です。

 

万が一洗い方をミスってしまうと、布団の生地や繊維がダメになってしまう可能性があります。 そうなると、新しい布団をかいなおしするハメになります。

 

それでは、本末転倒ですよね(T_T) だからこそ!洗う前にチェックするべきことがあります。

 

それは・・・「自分が使っている布団は洗っていいものなのか?」ということ。

 

実はですね、布団には洗っても大丈夫なタイプと、絶対にNGなタイプの布団があります。

 

例えば、洗ってもOKな布団は丸洗い専用布団だったり、洗濯ラベルをチェックして丸洗い可能マークがあればそのまま洗っても大丈夫なケースがほとんどです。

 

ちなみに、ラベルにはこのような表示があると、丸洗いがOKです!

 

このマークがあるかならずチェックしてもらう必要があります。 反対にこのマークが表示してある場合は、絶対に自宅で洗濯してはいけません! いまいちど、よーくチェックしてください!

 

 

洗濯機を壊してしまう最悪のケースも・・

 

これは実体験になるのですが、私がまだ学生だったころ、自分の布団にジュースをまるごとこぼしてしまったときに

 

親から怒られるのが怖くて、こっそり休日の午前中に洗濯機に布団をまるまる詰め込んで、たっぷりの洗剤とともに洗濯機をフル稼働させたことがあります。

 

結果的に、私の布団は丸洗いできないタイプかつ古い布団だったので、中身の繊維が飛び出して洗濯機の中につまり、洗濯機が故障するという最悪のケースをむかえることになったのです(T_T)

 

もう死ぬほど、怒られただけでなく家計にも大ダメージを与えてしまった苦い経験があります。

 

私のようなバカな真似はしないとは思うのですが、ご自宅に小さなお子様などがおられるときには、一緒に洗濯についての知識を共有しておくと便利です!

 

洗濯機ってめったに買い換えるものではないので、いざ新品を購入するとなるとほんとーにお高いですよね! もう最新型かつ、高性能なタイプのマシンになると40万円とかいきますもんね! なんじゃそりゃって驚いちゃいます(^_^;)

 

キレイな布団で眠ることも大切ですが、こういった初歩的なミスを犯さないためにも洗濯マーク表示はかならず確認していただけると安心です^^

 

おすすめの洗い方はクリーニング洗濯です

 

やはり安心安全の洗い方として、クリーニングをおすすめします。

 

洗濯のプロがいるので、お金さえ払えばまず失敗することはありません。 クリーニング屋さんは、基本的に仕事をうけおったら、かならずやり通してくれます。

 

反対にいえば、自分のお店で手におえない難しい洗濯は依頼したじてんで断られてしまうので、クリーニングへ出してから不安になることはありません。

 

また、事前に料金を把握することができるので、ボッタクリや予想以上に高額な請求がきてあせることもありません。

 

ただし、大手と個人のクリーニング屋さんでは、料金体系も日数もことなるので、注意してください。

 

おすすめは、大手のクリーニング屋さんへ出すこと、そして事前に料金を聞いてから依頼することです。 お布団はまいにち使うたいせつな道具なので、あまりにも時間がかかる場合には、注意がひつようです。

 

夏場であれば、タオルケットなどがあれば問題ありませんが、冬場ですと掛け布団や敷布団がないととてもじゃないけど、睡眠がとれないですよね。

 

かならず、以下の3点を意識してクリーニングへ出してみてください。

 

・大手の安心できるクリーニング屋さんへお願いする
・値段を最初に聞いておく
・受取までの日数を把握しておく

 

洗える布団をコインランドリーで洗うときのコツ

 

自宅の洗濯機はあまりにも小さくて、とてもじゃないけど布団を洗うことがむずかしいという場合は、コインランドリーをおすすめします。

 

コインランドリーは通常では、洗いきれない大きさのアイテムを洗浄&乾燥させることができるので非常に便利です。

 

ただし、コインランドリーの洗濯機も万能ではないので、使い方を間違ってしまうと故障の原因になってしまうのです。

 

先ほどのわたしのように、古い布団の綿がとびだしてしまい、洗濯機をこわしてしまうトラブルを起こさないようにするべきひつようがあります。

 

そのためには、洗濯ネットをかならず着用して洗濯と乾燥をおこないます。

 

洗濯ネットは洋服だけでなく、しっかり布団用も準備されているため事前に購入しておくことをおすすめします。 ニトリでも販売していますし、Amazonでもかんたんに購入可能です。

 

お布団の型くずれをふせぎ、繊細な生地をまもってくれる役割もあるので、ゼッタイにつかってください!   コインランドリーのマシンを壊してしまうと、ありえないほど莫大な請求がきてしまう可能性があるため、念には念を入れて使用するようにしましょう。

 

ちなみに、布団を洗うときは柔軟剤などは使わなくても十分にキレイになるので、無理にたっぷり香り付けのために柔軟剤などを使う必要はありません。

 

布団を洗濯する頻度はどのくらいがおすすめか?

 

布団は、正直なところそれほど頻繁に洗う必要はありません。

 

なぜならば、洗いすぎると中の繊維がダメージを受けてしまい、徐々に掛け布団のふわふわ感がなくなり、敷布団は安定感を失ってしまうからです。

 

 

Tシャツやジーンズとおなじように考えてもらいたいのですが、毎日きている洋服も10回、20回、30回と洗っていくごとに洋服としてのクオリティが徐々に低下していきますよね?

 

最初はあんなに色合いもよく、首元もきゅっと引き締まっていたお気に入りのTシャツが1年後には、クタクタのよれよれになってしまった経験はありませんか? それと同じようにお布団もヘタってしまうのです。

 

敷布団、掛け布団は両方とも、1年に1度くらいを目安に洗っておけば衛生面からみても問題はないはずです!

 

ただし、先ほども解説したように洗ってはいけないお布団や、高級や掛け布団敷布団はとりあつかいに十分に注意していただきたいです! 良いお布団は一生モノですからね(^^)

 

心配になったときは、大手クリーニング屋さんへ品物を持ち込み実際にチェックしてもらってから判断してもらうのがベストです! 相談だけであれば無料なので、まずはプロのチカラを借りて最善の手段をえらびましょう。

 

私の場合は、1年〜2年に一度敷布団と掛け布団をクリーニングに出しています。

 

しかし!汗を吸収するとお布団はじょじょに嫌な生活臭をはなってしまうので、布団シーツを毎月1度変えるようにしています。

 

こうすることで、ニオイ対策ができます。 お父さんの臭い布団も、息子の汗が染み付いたお布団もシーツさえこまめにかえておけば問題はないのです。

 

実際は、布団にニオイが染み込んでいるわけではなく、シーツそのものが汚れて不快なかおりを発生させているので、こまめに変えてあげれば、においトラブルはすぐに解決できます!

 

枕カバーは、とくにニオイの原因になるので1週間に1度変えておくと、かなり違うのでおすすめです!

 - お掃除のコツ, 未分類