お掃除のコツ

漫画の収納はニトリのカラーボックスが良い?おすすめの片付け方!

投稿日:

マンガは一度集めだしてしまうと、とことん量が増えちゃいますよね(笑)

小説などにくらべると、読みスピードも早いですし、シリーズ物が多いのでどうしても自然とスペースを占領しちゃいます。

 

気がついたら、部屋中にマンガだらけになっていた! 、なんてこともあるのではないでしょうか。

 

このようなときに、しっかりマンガを収納しておかないと部屋が狭くなり不便です。

 

マンガがくちゃくちゃに積み重ねてある状態ですと、生活も不便ですし、部屋がつねに汚れやすい状態になります。

 

そこで今回は、マンガを1500冊以上所有しているマニアの私が実践している収納のコツを紹介します!

 

マンガ収納はニトリのカラーボックスは微妙?

 

マンガの収納に一番多く使われているのが、ニトリで購入できるカラーボックスだとおもいます。

 

たしかに、ニトリのカラーボックスは品質と価格のバランスでみると、ずば抜けてコスパの高い商品だといえます。

実はわたしも、ニトリのカラーボックスは自宅で4つほどつかっています。

 

しかし、使っているのは本ではなく、洋服やその他のアパレル用品を片付けるためにつかっています。

 

あくまで個人的な意見なのですが、漫画を収納するためにカラーボックスはおすすめしません。

 

私の自宅には、漫画が1500冊〜、小説や単行本が500〜600冊ほどあります。

 

このくらいの規模になると、カラーボックスでは収納のコスパがあまり良くないのです。 なぜカラーボックスが本の収納に向いていないかをまとめてみました。

 

見た目以上に量が収納できない
カラーボックスの奥に本をしまうと取り出すのが不便
ボックスそのものが大きいのでスペースを大幅にとってしまう

カラーボックスのデメリットはこのような感じになります。

 

これは仕方がないとおもいます。 そもそもこのようなアイテムは本の収納のために作られた本棚ではないからです。

私もボックスの裏側にたいせつな漫画を収納したのはいいものの、どこに閉まったのか忘れちゃっておなじ漫画を書い直したこともあります(笑)

 

「 いますぐ、あの作品が読みたい! 」 と思っても、前にある本をどかして奥にある漫画を引っぱりだすのは、正直いうと面倒ですよね・・・・

 

それであれば、本棚のようにひと目でパッとどこに何があるか判別できる本棚がおすすめです。

 

私は一人暮らしで1LDKのマンションに住んでいるのですが、おなじようにひとり暮らしをしている方にとって、漫画というのはかなり厄介な存在ですよね。

 

愛すべきたいせつな作品なんだけれども、限られた生活スペースが徐々に占領されていく怖さ・・・・(T_T)

 

本をもっと買いたいけど、収納スペースがない・・・ このジレンマと戦いながら日々マンガを読んでいる人は多いのではないでしょうか。(笑)

そんなあなたに、スペースを最小限でたくさんのマンガが収納できるアイテムをご紹介したいと思います!!!

 

回転式本棚はマジで便利!

私がいま、めちゃくちゃ愛用しているのが回転式の本棚です!

 

「 ん?回転式の本棚ってなんぞや? 」 と思われた方もいるでしょう。

 

文字とおり、回転する本棚なのですが、じっさいに見たほうがわかりやすいと思うのでイメージ画像をはっておきます!

 

私が使っている、回転式本棚はこちらです。

 

収納できる冊数×商品の値段×占領スペース=コスパ抜群です!

1万円を切っているのに、収納できる量がおおくて、使い勝手が便利なので一押しアイテムです。 カラーボックスや普通の本棚とはちがい、壁際に設置しなくてもいいので自由に配置できます。

 

私の場合は、普段PCをつかっているお部屋においています。 デスクの横に配置しておくと好きなときにマンガを取り出してよめるので便利です。

 

回転させることで、ムダにスペースをとらずにたくさん収納できるので賢いアイテムだとおもいます。

では、ざっくり回転式の棚をつかうメリットをまとめてみました。

 

少ないスペースで大容量収納可能
回転させるとどこに何があるか判別できる
すでにクローゼットが本棚だらけで壁際にスペースがないときにおすすめ
壁際に配置しなくても使えるので自由度が高い

 

このような感じになります。

あえてデメリットを語るとしたら、本棚のように瞬時にパッと見ただけでどこに目的の作品があるか判別できないことでしょうか。

 

とはいえ、数秒かければ目的の作品を探すこともできますし、それほど不便ではないかと。

 

私のように、壁一面に本棚をかざってドヤ顔をしたい人にとっては、見た目のインパクトに欠けちゃう可能性もありますが・・・(笑)

 

ちなみに壁一面のデカイ本棚にあこがれているだけで、実際はちいさな本棚をいくつも並べて使っています。 しかも、本棚の色がホワイトとかブラックとかバラバラなのがちょい恥ずかしい・・・(笑)

 

ニトリで1000円くらいで買えるコスパの高いカラーボックスにしかない利点があり、

 

普通の本棚にしかない利点もあります。

あなたの生活にあわせて、「 いま、どの収納アイテムが必要なのか? 」 をじっくり考えて、選んでみるのはいかがでしょうか(^q^)

 

紙の本から電子書籍に乗り換えるのもアリ!

余談ですが、紙の本に限界をかんじているのであれば、この機をチャンスに電子書籍(Kindle)デビューもいいのではないでしょうか。

 

意外と、紙の本信者がおおい日本では、あまりKindleだけで生活している人は少ないです。

 

ここで私が考える、電子書籍を利用するメリットについてのべてみたいとおもいます!

 

場所を必要としない
本が経年劣化しない
30年後も読み返せる
家族で本の共有も可能
読みたいときに速攻DLできる
本をなくすことがない
紙のマンガよりちょっと安くてポイントがつく

 

ざっとメリットをあげてみましたが、なかなか良いですよね。

しかし、メリットとデメリットはセットになっているため、良いことづくしではありません。

 

紙の本ならではの質感だったり、匂いが楽しめなくなったり、書き込みや本を所有する楽しみがなくなるということもあるでしょう。

 

私もマンガのインクと紙の匂いが大好きなので、電子書籍で読むときはちょっぴり寂しいです(笑)

 

結論としては、わたしは両方うまく使っていくのがベストだとおもいます!

紙の本が最高! Kindleが最高!   どちらの意見もわかりますし、どちらか一方に固執する必要性はいっさいなくて、どちらとも上手に付き合っていくのが、読者にとっても、作品を作る人間にとってもメリットが大きいのではないかなと。

 

私は紙のマンガを1500冊以上保有しているのですが、Kindleも500冊くらいもってます。

 

電子書籍では、週刊誌を購読したり、すでに紙の本で絶版になっている手塚治虫さんの古典マンガとかを中心に買い揃えています。

 

絶版ですでに紙の本が流通していない作品になると電子書籍化されていることが多いので、よく買っています(^q^)

 

こういったときは強みですよね。 きれいな状態でタブレットで読めるので便利です。

漫画本の収納の話題からずれてしまいましたが、少しでも参考になれば幸いです!!!! 最後までご覧いただきありがとうございました!

-お掃除のコツ

Copyright© シリモノ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.