料理

炊飯ジャーで炊いたご飯の保温時間の限界はどのくらい?

更新日:

あなたはご飯はいつも何時間まで保温していますか?

 

ついつい保温時間が長くなってしまい、ご飯がすこし黄色くなって悲しい思いをした・・なんてことあるかもしれません。

 

実は炊飯ジャーには、推奨保温時間が設定されています。

今回は美味しくおこめをいただくために、理想的な炊飯ジャーの使いかたをシェアしていきます!!

 

      
                    <スポンサーリンク>

ご飯を保温して美味しく食べられる限界の時間は?

 

 

家電メーカー各種のウェブサイトを片っ端からみてみたところ・・・・

 

結論からもうしますと、12時間〜24時間あたりが目安だと表記していることが多かったです。

でも、これってかなりアバウトな数字じゃないですか?(笑) 正直、12時間と24時間って保温時間は2倍もあるし、条件や使っている炊飯ジャーの性能によってもまったく違うと思うんですよねm(_ _)m

 

さらにいえば、季節によっても全然ちがうはずです。 冬のような寒いじきと、夏のような高温多湿になるような季節ではお米のコンディションも違うため若干の差異がうまれるはずです!

 

私は過去にかなりお安い炊飯ジャーを使っていた時代があります。 Amazonで国産でお手軽にかえる炊飯ジャーを使っていたのですが、

 

そのジャーの特徴として、炊きたては申し分なく美味しいけれども、6時間くらい経過するとお米が固くなってしまい味があからさまに落ちてしまうという状態でした。

 

その当時つかっていた炊飯ジャーのお値段は7000円程度での国産商品でした。

 

やっぱり性能によっては、多少の誤差があるためいちがいに12時間以上の保温に耐えられるというのは間違いだとおもいます・・

 

実はいま、TIGERさんの2万円台〜の商品を使っているのですがこれが炊きたてだと本当に美味しいのです! さらに12時間経過しても、炊きたてとはいかずともお米の水分が保たれており、臭みがなく良質なコンディションを保ってくれる優れものなのです。

 

この型番の商品について、TIGERさんのウェブサイトにて「保温の限界時間はどのくらいでしょうか?」といった趣旨の質問をさせいただきました。

 

この回答結果については、また後日追記させていただきますのでお楽しみに!!!

 

「追記!!」

TIGER様からご丁寧に回答をいただくことができました! ありがとうございます。

 

 

青丸で囲ってあるところが質問への回答です。 すこし画像が小さく見づらいため、こちらに文面で表記しておきます!

「質問」炊飯ジャーでご飯を保温しておく限界時間はどのくらいでしょうか?

「TIGER様からの回答」
保温時間24時間以内
最小量1合以上
また、白米(無洗米)以外の保温はご遠慮いただいております。

このような回答をいただくことができました(*´∀`)

ここで注目しておきたいのが、お米が1合以下の場合は保温には適していないということですね!

 

例えば1合だけたいて小さなおにぎりを1つだけ作ったとします。 小さなおにぎりを作っただけなので、あともう少しだけお米がジャーにのこっています。

 

・・・こういった場合には、保温しておくといちじるしくお米のコンディションが悪くなってしまう可能性があるので、保温はおすすめしませんよー!ってことですね!!

 

これは知らなかったのでビックリでした。

 

さらに、白米以外の保温はNGとお答えいただいたので炊き込みご飯とかは保温しちゃうとまずくなったり、お米がすぐに固くなってしまう可能性がありますね。

 

これも知らなかったので、知っておけば便利ですね! じつは、炊き込みご飯を保温しちゃったことが何度かあります・・・・・

新米をおいしく炊くコツ!水の量と研ぎ方がポイント!
 

保温をするとご飯が臭くなってしまう原因は?

これには明確な理由があります。  決してあなたが選んだお米の品質が悪いのではありません!

 

お米には、でんぷん・タンパク質などがふくまれており、長時間保温されることでお米の脂肪分が酸化してしまい独特の匂いが発生するのです。

 

これは腐ってるわけではありません。 1日くらいであれば腐ることなく食べることができます。

 

多少変なニオイがしたとしても、腐敗しているわけではないので無理に捨てる必要はありません。 先程の私が過去につかっていたお手頃の炊飯ジャーとおなじように、長時間の保温にむいていない製品の可能性もありますよね!

 

そういったときには、すこし無理をしてでもまいにち美味しくお米を食べるために1万円以上する高性能な炊飯ジャーを購入してみてはいかがでしょうか(^^)

まいにちご飯を食べるのがワクワクしますよ!!

 

使っている炊飯ジャーのメーカーに問い合わせてみるのもアリ!

あなたが使っている製品の型番さえわかるのであれば、メーカーのウェブサイトからお問い合わせをすることができます。

この製品の保温限界時間はどのくらいか?
保温をするときの注意点はあるのか?
ご飯を美味しく保つためのコツはあるか?

 

メーカーが推奨する保温時間の回答が得られるかもしれません!

どのメーカーのウェブサイトにも、かならず「よくある質問」というカテゴリーがあります。 こちらで、すでに用意されているよくある質問の回答をみてみるだけでも勉強になることが多いです!

 

質問しようと思っていた内容も、よくある質問をみるだけでかんたんに解決しちゃうこともありますよ(^^)

 

お米の保温は何度くらいでされているのか?

白米の保温は約70度くらいだそうです!

 

この温度になった理由は2つあるみたいです。 それは・・・

 

高温すぎるとお米が酸化されてまずくなってしまう。
低音すぎるとお米が腐敗する原因になる。

 

つまり! 幾年をへて研究されまくってきたからこそ判明した適切な保温温度なのですね! こういったストーリーを知ってしまうとちょっと、炊飯ジャーにも愛着と感謝の気持ちがわいてきますよね。(^^)

普段は、スイッチをいれるだけで勝手に美味しいお米を当たり前のように作ってくれる炊飯ジャーに感謝感謝です!

 

美味しい炊きたてのご飯をたべるときにも、このお米をつくって下さった生産者の方の気持ちをかんがえながらいただくと、いつもの食事が100倍くらい美味しくなりますよね(*^^*)

「あ〜日本人でよかった〜」 とほっこりする幸せなひとときを味わえるはずです。

-料理

Copyright© シリモノ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.