肌の悩み

蜂に刺されたら病院へすぐに行くべき?何科なのか?

投稿日:

外で遊んでいるときに蜂に刺されてしまったときは、正しい処置をしないと命に関わってしまうことがあります。

これからの季節はとくに蜂がでやすいシーズンです。

 

そこで正しい知識をもっていないと、自分が刺されてしまったとき・家族や子供が被害をうけてしまったとき、冷静な判断をとることができませんよね。

私は過去に1度ハチに2箇所もさされちゃったことがあります(笑)

 

あのときは痛かったけど、実際に体験しているのでどういった処置をすればいいかしっかりマスターすることができました! 転んでもただでは起き上がりません(笑)

自分で針を抜いていいのか? 病院へいくべきなのか? 何科を選べばいいのか? などなど、気になる点をすべてまとめてみました!

      
                    <スポンサーリンク>

蜂に刺されたら迷わず病院へ!

結論から申しあげます。 ハチに刺されてしまった時はかならず病院へいってください。

 

なぜならば、病院へいかずに放置していると腫れやかゆみがひどくなって、感染症などの二次被害が起きてしまう可能性があります。

 

患部からばい菌が感染してしまうと、ハチに刺される以上にひどい目にあうこともあります・・・

痛い思いをしたうえに、さらに皮膚が荒れたり感染症になってしまうなんてつらすぎますよね(泣) アナフィラキシーショック(アレルギー反応)が起きてしまうと最悪の場合死に至ることもあります。

 

二次被害を防ぐためにも、かならず病院へいくことをおすすめします!  その場で保険証をもっていなくても病院にいき処置をうけることができるので迷わずいってください。

 

ハチに刺された直後にやるべき処置

ハチに刺されたら痛みと戦いながらも、応急処置が必要になります。

病院へいくまでにやっておくべきことがあります。(すぐに病院へ行ける場合には応急処置せずに向かっても大丈夫です!)

水で洗い流す
冷水で冷やす
ハチの針を抜き取る(やらなくても良い)
消毒液を塗る
虫刺されのかゆみ止めを塗る

可能であれば、これらの順番とおりにやってほしいです。

 

ハチに刺されてしまうと必ず腫れちゃいます。 赤くはれてかゆみがでますので、なるべく早く冷水で冷やすことが大切です。

その次が肝心なのですが、じつはハチに刺されるとそのまま肌にハリがブスっと刺されたまま残っているんですよ!!

 

私は刺されてから知ったことなのですが、見たときはビックリしました(汗)

目にみえるレベルのハリがそんまんま刺さっているので、これを抜いてあげることで腫れが悪化せずに済むんですよね。 でも、ムリをして抜こうとすると痛みがでたり、ばい菌が傷口にはいります。

 

ムリして引っこ抜くと、肌が荒れちゃうことがあるので正しいやり方が必要になります。

ハリは手で引っこ抜いてはいけない。
カードなどでハリを横に倒すようにして肌から抜き取る。
ムリして抜かなくても皮膚科でとってもらえる。

ぜったいにやってはいけないのが、爪で強引にハリをむしりとること。 これはNGです!

 

私の場合は、冷水で流しているときに知らないあいだに抜けちゃってたので一安心でした。 カードを使ってハリを横に倒すようにしてあげると、簡単にハリがポロっと抜けるそうです。

 

私は皮膚科へ行ったときに、先生から「ムリしてハチの針を抜かなくて良かったですよね。無理やり引っこ抜くと腫れが悪化することがあるんですよ」

・・・・・このように言われたときは、「ああ〜よかった〜」って安堵しました(*´∀`)

 

あなたも蜂に刺されたときは、ムリをして抜く必要はなくて。 抜けなさそうであればそのままの状態で病院へいくことをおすすめします。

決して汚れた手で抜こうとしてはいけません。

 

蜂に刺されるときは、山とか川でキャンプをしているときが多いです。 そういったときって大体手が土とか汗でよごれているので一度洗ってから処置しましょう!

ハリが無事に抜けたあとは、消毒液をたらして傷口を消毒します。 さらに、虫刺されのかゆみ止めがあれば塗っておくとかゆみを抑えることができます!

 

実は、蜂に刺されてしまうと”腫れ”だけでなく”かゆみ”が強くなります。 触ると腫れているから痛いのに、かゆくてかいちゃうから余計に悪化してしまうことがあるのです。

とてもつらい状況になるので、かゆみ止めは有効です。

ハチに刺されたら何科へ行けばいい?

蜂に刺されたときは皮膚科へいきましょう。

病院はたくさんの科があって迷いがちですよね。 私も、目が疲れてめまいがするとき何科へ行けばいいのか?って一瞬迷った経験があります。

 

蜂のときは皮膚科なので覚えておくと便利です。

肌は皮膚科、耳と鼻は耳鼻科、体の内側は内科、傷などは整形外科、目は眼科。 ・・・と覚えておけばきっと忘れないですね! 困ったときは、一度病院に電話をしてたしかめてみるといいです。

 

はちの場合は皮膚科ですが、その他の症状ではあらかじめ電話をすることで「○○科へ行かれることをおすすめしますよ」 と教えてもらえるはずです。

 

蜂に刺された日はお風呂に入ってもいい?

蜂刺されには、なるべく冷やして安静にすることが一番です。

当日はお風呂やシャワーにはいるのを避けて、翌日患部の腫れがもどってから体を洗うようにしてください。

 

お風呂にはいることで代謝がよくなってしまい、患部の腫れがよけいにひどくなってしまうことがあります。 歯医者で麻酔をして治療した日に、シャワーしちゃいけないのと同じ理由ですね!

 

当たり前ですが、お酒も血行のめぐりを良くしてしまうので絶対に禁酒してください。 軽いハチ刺されですと、安心して日常通りの生活をおくってしまい、

それが原因で症状が悪化したり、長引いてしまうことがあるので注意しなくてはいけません。

 

最低でも24時間は間隔をあけて様子をみるべきです!

アナフィラキシーショックって何?

蜂に刺されて一番怖いのが、アナフィラキシーショックです。

アナフィラキシーショックとはわかりやすくいうとアレルギー反応ですm(_ _)m

一般的にこのアレルギー反応は、食べ物でおきることが多いのですが、じつは蜂刺されによる毒が体内に入ることでマレに発生します。

 

発生すると15分後には心停止が起きてしまうというデータもあるそうで、とても笑い事で済ませられる内容ではありませんよね。

 

アナフィラキシーショックは、体内に蜂毒に対する抗体ができたあと2回目以降にまた蜂毒が入ったときにおきやすいのです。 かならず発生するわけではありませんが、10%〜20%くらいの確率で起きることもあるそうです。

 

私の場合は、ミツバチに1度に2箇所さされただけなので体験はありませんが、

仮にアナフィラキシーショックとも取れる反応がでたときは、自分で病院にいっているヒマもないのですぐに救急車を呼ぶ必要があります。

 

ショックを判断するためには、次のような症状がでていたらアナフィラキシーショックになっていると判断してください。

口内の異物感・ものが飲み込みにくい
息苦しい・息切れ・動悸
口内や両手足の痺れ
めまいや気だるさ
悪寒や耳鳴り
腹痛

こういった症状ででているとアナフィラキシーショックになっている可能性があります。 すぐに救急車を呼んでください。

 

ミツバチは軽い症状しかでませんが、アシナガバチやスズメバチのような凶暴で威力の高い攻撃力をもっている蜂は気をつけなくてはいけません。

春から〜夏にかけて行動が頻繁になるので、山や川などハチがでやすい場所で遊ぶときは気をつけてくださいね!

-肌の悩み

Copyright© シリモノ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.