イベント行事

アメリカの宝くじの最高額はいくら?税金はかかるのか調べてみた!

投稿日:

アメリカはだれをとってもスケールの大きさがケタ違いですよね(笑)

例えばマクドナルドのジュースの大きさも違うし、そもそもドリンクバー形式なので、飲み放題というサービスつき。

宝くじに関していえば、当選金額が100倍以上〜も違うのです。

 

日本ではサマージャンボとかで7億円とか3億円が一等賞として有名ですよね。 でも、アメリカは億は億でもさらに桁が2つ増えます。

2017年にアメリカで史上最高当選金額を当てた女性がいます。

マサチューセッツ州に住んでいる50代の女性です。

 

なんとこの人が当てた当選金額が830億円!(笑) ドルにすると、7億5870万ドルという意味のわからない数字です・・

まあ金額もすごいのですが、なにより気になるのが「受取方法」とか「税金にかんする事情」です。

当たったことよりもその後どうするのか、が気になりますよね(笑) 今回は、詳しく調べてみたのでごらんください!

 

 

      
                    <スポンサーリンク>

アメリカの宝くじに税金はかかるのか?

先ほど紹介した、パワーボールという宝くじの種類で830億円を当選した女性は、なんと一括で受け取ることを選択したのです!

ちゃんひめ
え?!?銀行口座に830億円一括で振り込まれるの??
まさかり君
違うよ!一括になると、税金が発生するんだ。
ちゃんひめ
税金!!とても凄い金額になりそう・・・
まさかり君
そうなんだ、この女性は一括で受け取るため税金を500億円くらい差し引かれたそうだよ
ちゃんひめ
500億円も?? もしかして分割だと税金は引かれないの?
まさかり君
税金は引かれるけど、一括よりも多くもらえるよ

・・・実は、アメリカの宝くじは課税されるのです。 日本では非課税なので、3億円当たればそのまま銀行の口座に3億円が入金されます(笑)

 

まあ、とんでもないレベルの話ですが、3億円であればなんとなくイメージがつきます。

でもアメリカは課税されちゃうので830億円を一括で受け取ると、約370億円が手元にのこります。

反対に、30年間分割でもらうと約500億円手に入るそう。

 

どう考えるかによっては違うけど、30年間で500億円受け取れるならば少しづつもらってもいいですよね。(500億円はもはや少しづつじゃないですが(笑)

アメリカの高額当選の税率は最高39%です!

 

一括と分割では、100億円以上の差が開くのでとんでもないことです。

でも実は、宝くじの高額当選者は受け取った資金を運用していくのが一般的だそうです。

 

宝くじで受け取ったお金は資金運用する?

 

当たり前ですが、数百億円を受け取っても使い切れるわけがありません。

よほど高額な買い物をしないかぎり減りません(笑)

土地を所有したり、ビルやプライベートジェットを買ってもまた残るレベル。 それよりも、有意義に使ってくためには投資をしたり、資金をなにかしら運用するべきなすよね。

運用している金額が増えれば増えるほど、安全な運用でも確実に増えていく金額は多いです。

 

むしろ、資金運用をしないままそのまま口座にお金を放置しておく当選者などまずいないのです。

日本ではお金や資産を運用するという考えは一般的ではありません。 実際にまわりでもやっている人はほとんどいないですよね。

でも、アメリカでは若い人でも積極的に資産運用をしているのです。

これはお金持ちだからとかは関係のない話です。 常識となっている文化が多少違うのです。

きっと2017年に830億円の高額当選を果たした女性も、残っている資産をプロに依頼して運用しているはずです!

 

あなたなら分割と一括どちらを選ぶ?

究極のたられば話になりますが(笑)

あなたであれば、一括での受け取りと分割をどちらにしますか???

私であれば分割にして資金を運用してなるべくお金のことを考えずに過ごせたらいいなとおもいますm(_ _)m

だって一括で受け取ったら周りからの視線もきになるし、なんだか交友関係がすべて壊れて上手くいかない感じがしそうで恐いです。

・・・だから、結論としては私は宝くじを買わない主義です(笑)

もう、元も子もない話になりましたが、自分のステージよりはるかに高いレベルのお金を受け取ることになったら、絶対人生が破滅しちゃいます。

 

短期的にみると大丈夫かもしれないけれど、長期的にみるとメリットよりもデメリットのほうが増えそうです。

830億円を当てた女性も一般のOLだったそうで、年収の数千万倍の金額を一度に手にした上手く人生がいくわけないですよね・・・

ある意味で不幸な試練だといえます。

 

宝くじは1枚買えば楽しめる理論

私は宝くじのドキドキを楽しむとすれば、1枚だけ買えばいいと思っています!

確率的にかんがえても、1枚かっても10枚買ってもそれほど当選確率は変わりません。 でも、1枚買っておけばドキドキは楽しめますよね(笑)

 

実はアメリカやヨーロッパでも宝くじには興味はないけど、友人たちで楽しむために少額を購入して、スリルだけを楽しむようです。

これって誰でも簡単にできるし、ワクワクを300円くらいで買えるので楽しいですよね(^q^)

アメリカには3つの有名な宝くじがあります。

(1)ユーロミリオンズ  数字を選んで当てるゲームです。1〜50までの数字から5つを選んでいくスタイルです。
(2)パワーボール アメリカの史上最高当選金額をだした宝くじです。830億円の女性が買ったやつです。 遊び方は、1〜59までの数字を5つ選び、1〜35までの数字をさらに1つ選ぶ。これをすべて当てると、数百億円が・・ とはいえ、隕石がおちて自分に当たるレベルだそう(笑)
(3)メガミリオンズ これも数字選択式の宝くじです。 アメリカやヨーロッパでは、数字を選んで当てるようなロトタイプがメジャーなのです

日本の宝くじは税金がかかりません!

アメリカのとんでもないスケールが大きな話をしてきましたが、日本はなんと宝くじに税金は1円もかかりません!

宝くじを毎週のようにチャレンジしている人にとっては嬉しい条件ですよね。

最高金額が7億円だとしても、税金は0円。

 

これには理由があります。 300円のくじを買っている時点ですでに40%の税金が購入代金に含まれているのです!

つまり300円のクジであれば、140円分が税金としてすでに入っているのです(^q^)

これって意外と知らない人が多いですよね!私も実は最近知りました(笑)

 

日本の宝くじの売上40%が47都道府県に寄付される仕組みになっているので、意外と日本中を幸せにしていたり。 私の住んでいる地域にも、宝くじの寄付金で建てられた公園がありました!

日本の場合、高額当選者の9割以上は不幸になっているというデータもあるみたいで(泣) やっぱり、人が抱えきれないお金を一度に手にしてもいいことはありませんよね・・

 

アメリカでは高額当選者は顔を公開する義務がある

恐ろしい話ですが、アメリカの宝くじの高額当選者は顔を公開する義務があるのです。

つまり当選したけど、顔を出さないならばお金は受け取れないというルールもあるみたいで・・・

実際に、830億円を当てた女性も職場や顔や家族がすでに元判明しているそうで・・・ 危ない事件とかに巻き込まれないといいな〜って思います。

 

アメリカには50の州がありますが、そのうち45の州では顔出しの義務があるみたいです。

中には、記者会見を家族や親戚一同で参加して世界中に顔を公開されてしまうこともあるみたいです! やっぱり、スケールが違う(笑)

顔出し義務のない州に住んでいる人は、ある程度は気軽に宝くじにチャレンジできますよね(*´ω`*)

-イベント行事

Copyright© シリモノ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.