一人暮らし

一人暮らしなのにお金がない!このピンチどう解決する?

更新日:

一人暮らしをしているのに、なぜかお金がじょじょに無くなっていくことありますよね・・・

私も一人暮らしをスタートしてから結構時間がたちますが、自分史上3回くらいお金がヤバイ!って時期がありました(笑)

 

しっかり働いているけど、来月の電気代とクレジットカードの請求が払えるかどうかのピンチになったこともあります(*_*)

そんな経験からたくさんのことを学びました。

 

お金がないとき、どうすればいいか? このピンチを乗り切るための解決策を数多く紹介します!

今のあなたの合った方法を選択してみると、状況が良くなるかもしれません♪

 

      
                    <スポンサーリンク>

お金がない!を解決する方法とは?

私は金欠になったとき、社会人として働いておりました。 雇用形態は社員でした。

それなのに、一人暮らしなので出費で倒れそうになったのです(笑)

 

かなり楽観的などんぶり勘定だったので、いざというときに金欠で先行きが怪しくなってしまったのです!

そんなときに私は、7つの解決策を考えました。

 

すべて体験したわけじゃありませんが、メリットとデメリットを解説していきます!

・働く時間を増やす
・副業をする
・節約をする
・ムダな出費をカットする
・家賃が安い物件に引っ越し
・借金(キャッシング)

実際にやったのが、借金(キャッシング)以外の方法です。 私なりに感じたこと、やってよかったこと後悔していることを紹介していきますね!

働く時間を増やして収入を増やす

私は会社員だったので、働く時間を増やしても月給はかわりませんでした。

ですので、この方法は実践しようにも不可能だったのです。 でも、副業であれば全然できるな!とおもったので、アルバイトをはじめたのです。

私の会社は週休3日だったので、日曜日、月曜日、火曜日が固定で休みという変わった会社でした。

このチャンスを利用して、私は自宅から近くの和菓子屋さんでアルバイトをはじめたのです。

 

毎週3日あるうちの2日をまるまるアルバイトに捧げてみたところ・・・

月給が48000円も増えたのです。 時給は1000円で1日に6時間働いていました。 週2日=12000円×4週間で月給48000円になるのです(*´ω`*)

これはかなり助かりました(笑) 家賃が6万円くらいだったので、当時は家賃の8割くらい副業で稼げたのでピンチを切り抜けることができました!

 

一人暮らしをしていると出費はすべて自己負担になります。

そうなると、貯金もまともにできず毎月の出費でほとんどの収入が飛んでいっちゃいます(笑)

私は一番てっとり早いのが、働く時間を増やして収入を稼ぐのがベストだと思います!

 

しかし、正社員では副業が難しい! ということもあるかと思います。 怪しい副業に手をだして痛い目にあう可能性すらあります・・・

そんなときは怪しい方向にはいかず、別の手段でお金の問題を解決するべきです!

 

節約をして出費を減らす!

私は節約という言葉とは無縁の生活をしてきました。

・・このように言うと、贅沢でお金持ちな生活をしていたのか? と思われるかもしませんが、ただのザル勘定です(笑)

 

お年玉をもらった小学生が、1ヶ月のうちにすべて使い切ってしまうのと同じです。

その月にもらったお給料をそのまま家賃や食費などに使い切ってしまうだけで終わっていきました(*_*)

 

こうなると、貯金なんてムリですし、毎月のように「お金がなくて死にそう!」って状態になっちゃいますよね。

一人暮らしをはじめる前は、お金はたんまり貯金できるとおもっていたので予想外でした(笑)

 

お金がないという状況を乗り切るためには、節約はゼッタイにやるべきです。

節約というと過剰なダイエットのように、すべてを切り詰めてしまうイメージを持つひとがいます。 でもこれは続かないのでやめましょう。

・食べない
・運動しまくる

・・・こんなダイエットを続けることがほぼ不可能なように、極端な節約生活はゼッタイに途中で挫折します。(体験談ですw)

 

節約をしてお金がない状況を解決するためには、毎月の出費を減らすのが一番です!

例えば、スマホ代金・食費です。

この2つは生きていくためには切ってもきれないアイテムですよね。

 

一人暮らしの節約というと、電気代とかガス代、水道代をカットしようと考える人がいます。 でも、これらはどれだけ頑張っても成果が少ないので最初から気にしてはストレスになるだけ。

電気代とかは毎日節約をしているつもりでも基本料金があるので、ゼロ円に近い数字になることはありません。

 

1ヶ月がんばったのに結局いつもと変わらない金額だったらガッカリするはずです。

きっと翌月からは節約なんてやめよう。 って思うはずです。 私が実際に体験しているので(笑)

毎月6000円の電気代を節約しようとしたところで、どれだけ頑張っても半分がいいところ。

 

暖房やクーラーをガマンしてがんばっても数千円はあまりにも少ないですよね。 ストレスになるので気にしないほうがいいです。

それよりもスマホの基本料金プランを買えたり、格安SIMに変更したほうがノンストレスで節約できます。

私は当時SoftBankで毎月1万円のスマホ代金を払っていましたが、SIMに変えたら月額4000円まで下がりました。

 

約6000円の節約になります。 1年で考えると7万2千円とかなりの大幅節約です。

当時の家賃1ヶ月分を手に入れたのとおなじようなものです(*´ω`*)

さらに食費は自炊にしました。 自炊についてはかなり長くなるのでこちらの記事で解説しています!

 

お金がない状態で困っている人は、こちらの節約記事を参考にしてください。 食費は工夫すると、毎月1万円以上抑えられて、さらに健康になることが可能です。

→記事へ

ムダな出費をなくす

節約とムダな出費をなくすのは、意味としては同じように見えるかもしれません。

でも、先ほどの出費は生活費なので必須です。 逆に、いまは必要がないモノにお金をかけすぎていないか、振り返ってみましょう。

毎月ムダにお金を使ってないか?

漫画、ゲーム、スマホゲーに課金、服を買っている、お酒代、使っていないアプリ課金、定額サービスの課金

「今なくても困らないもの」 これにお金を浪費している場合は、とりあえず解約もしくは買わないという選択肢を選ぶべきです。

 

私の場合は、これらのムダ使いを減らしました!

NETFLIXとHuluを解約した。漫画を買うのをやめた。服を最低限に減らした

私はAmazonプライム会員なので、Amazonビデオが自由につかえます。 NETFLIXとHuluというビデオオンデマンドサービス(動画見放題サービス)は不要だと考え解約。

 

すると毎月2000円のムダな出費が減りました。

当時は忙しく、副業としてアルバイトもしていたのでHuluもNETFLIXもほとんど見ていませんでした。

Amazonビデオでおなじような作品が見られるのえ、無料でつかえるサービスにしぼりました!

 

さらにゲームを買うお金、服を毎月ZOZOTOWNで買っていたのもやめました。 「服を買えば生活が変わる」とかいう意味のわからないことを当時は考えてました(笑)

でも、意味のないことに気がつきZOZOTOWNの利用を控えて毎月1万円くらい無駄使いをカットしたのです(笑)

 

一人暮らしなのにお金がない!」と嘆いていたものの実はムダ使うがかなり多かったことに気がつきました!

そもそも会社員として働いていたので、私服なんて休日にしか着ないのであまり必要じゃなかった(*_*) さらに、バイトをしてたのでさらに着る機会が減ったのです。

 

当時はメルカリというサービスはなかったのですが、いまお金にピンチなのであれば迷わずメルカリでいらない持ち物を売ります(笑)

一人暮らしは食費を削ろう!

引っ越しをして固定費を下げる

一人暮らしの格言として、「一度上げた生活水準は下げられない」というものがあります。

 

わかりやすくいえば、「いま以上にお金のかからない生活をするのは難しい」ということです!

 

これには私も納得できることだらけでした。 これ以上生活費を削ることに最初は抵抗だらけでした・・・

さらには、今以上に安い物件に引っ越すなんてゼッタイに嫌だ! と考えました。

すべては余計なプライドがジャマをしていたのです。 見栄ばかりをきにして自分を苦しめていたことがわかりました。

 

見栄を張っても1円にもなりません。でも見栄がお金を減らしてしまうことがあります・・・

自分に見合わない洋服や車をかってローンで苦しんだり、すこし高い家賃のマンションを借りて払えなくなったり・・・

 

お金がない状況を自ら作り出してしまうこともあるのです。 これがプライドが高いと止まることなく、自分を苦しめる環境を作っていくのです。

プライドが高いとまわりに自慢したり、自己顕示欲を高めることにお金をつかいます。

そうすると支払いが厳しくなってお金がなくなる。一人暮らしなのに貯金もないという状況に自然となりますよね(^^)

 

私も当時はプライドが高く、これ以上安い物件に引っ越しなんてダサいとすら考えていました。

「何いってんだよ、さっさと引っ越せよ」と昔のじぶんにツッコミを入れたくなります(笑)

見栄っ張りだとよけいに生活水準を落とせなくなるというデメリットがあるため、厳しい状況が止まることがないのです!

 

私は思い切って6万円の家賃から5万円のアパートに引っ越したのですが、最初はちょっと嫌だったけど移り住んでしまえば問題なかったです。

住めば都という言葉がありますが、少し職場から遠くなったけど家賃を払えなくなるような金欠状態を解決することができました。

 

さらに、固定費が減ったため毎月すこしずつ貯金ができるようになり、生活も安定したのです。

不要なプライドを捨てると、いろいろ新しい発見や学びがあります。

引っ越しなんて嫌だ。 と考えるのではなく、少しでも今より良くなるならばやってみようという心が大切です。

 

最近だとシェアハウスも増えているので、シェアハウスへの引っ越しを考えてみてはいかがでしょうか♪ あたらしい環境があたらしい自分を作ることもあります!

 

お金がない状態では、どんどん視野が狭くなってしまう傾向があります。

でもお金がないことは恥ずかしいことではないのです。 これから前に進んでいけばいいだけのこと。 むしろ前向きな状態です(*´ω`*)

借金とキャッシングをしなかった理由

私は最後の最後まで、お金を借りるという選択肢はしませんでした。

でもお金を借りることに恥ずかしいとか、人に言いたくないという後ろめたい気持ちは一切ありませんでした。

むしろ最終的には借りて前に進んでいこう! とすら考えていました。

 

日本人はお金に対して汚いとかみっともないという感覚をもっている傾向があり、借金なんてものは恥ずかしいことと思う人が多いです。

こんなのは日本だけです。 海外ではキャッシングなんて当たり前だし、借金も普通のこと。

特別なネガティブイメージを持つことなんてありません。 というか、日本人はローンもおなじように借金なのに、区別して考える傾向にあります。

車をローンで買うのも借金とシステムはほとんど同じです。

 

最終手段として、借金だったりキャッシングでお金を用意することもアリだとおもいます! よけいなプライドなんて捨てて、前に進むための手段として考えておけばいいですね(*^^*)

以上が、私が過去に金欠で困っていたときにやった対策です! お金がないと精神的に困ってしまいますが、そんなときこそバカ力を発揮です(笑)

 

素直になって正直に生きるというのが一番気持ちがいいことに気がつきます。

今では一人暮らしをするのに苦労することはなくなりましたが、当時のほうが輝いて生活をしていたような気がするほどです。

 

それくらい自分にとってお金がなくて困っている期間はとても大切な瞬間でした。

一人暮らし史上1番ある意味で人生が充実していた期間だったのかもしれません。 この記事を読んでくださっているあなたが大学生なのが、フリーターなのか、社会人なのかわかりません。

 

でも、どのような状況にせよこれ以上悪くなることはありません。 一歩一歩良くなることはハッキリしているのですから、余計なプライドを捨てて前進していきましょう!

陰ながら、心より応援させていただきます。 少しでも状況がよくなり人生が充実しますように、と祈っております。

最後までご丁寧にお読みくださりありがとうございました!

-一人暮らし

Copyright© シリモノ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.