洗濯物を上手に洗うコツ

大きいぬいぐるみを洗濯するときは手洗い?コインランドリー?

投稿日:

大きいぬいぐるみ 洗濯(手洗い、コインランドリー)

大切なぬいぐるみも一緒に暮らしている期間が長いと、すこしづつ汚れていきます。

これは仕方がないことですよね♪ 私も10年間くらい一緒に過ごしているプーさんの大きなぬいぐるみがあります。

プーさんも経年劣化によりホコリをかぶったり、少し肌さわりが悪くなってしまいます。

 

それでも大切なぬいぐるみはキレイにしてあげたいと思っちゃいますよね(*´ω`*) でも、大切なぬいぐるみを洗うときは細心の注意をはらってください。

間違った洗い方をすると、ぬいぐるみが壊れてしまったりボロボロになることもあります。

今回は正しい洗い方と、どこで洗えばいいのか。 洗剤はなにを使えばいいのかを分かりやすく解説します♪

 

      
                    <スポンサーリンク>

大きいぬいぐるみはどこで洗う?

私が愛しているプーさんのぬいぐるみは通常のサイズよりも大きいのです(笑)

わかりやすくいうと、ちょっと大きめな中型犬くらいあります。 抱っこすると前が見えなくなるほど大きいです。

小さなぬいぐるみであれば、洗濯機にいれて簡単に洗えそうですが、私の場合はコインランドリーで洗うか手洗いの2択しかありませんでした!

 

そこで選んだのが自宅で手洗いできれいにしてあげることです♪

手洗いであればどれだけ大きくても大丈夫ですし、時間をかけて丁寧に洗ってあげればすぐにキレイになります。

まだ、すぐに手洗いをしてはいけません。 ぬいぐるみには洗っていいタイプと水に濡らしてはいけないタイプがあります。

まずは自分が大切にしているぬいぐるみが洗って良いものか確かめましょう。

 

水洗いしても大丈夫なぬいぐるみとは?

水で洗っても大丈夫なものの特徴は・・

・布製である
・余計な部品がついていない
・中に機械がはいっていない
・革製品じゃない
・ウールじゃない

これらの条件をみたしていると、自宅で水洗いをしても問題はありません!

 

しかし、音がなるぬいぐるみや、革製品で水洗いをすると劣化しちゃうタイプであれば洗うことは不可能です。

こういった場合は残念ながら、汚れを洗い落とすことができません。 リセッシュなどの消臭剤や、除菌ペーパーでホコリを払ってあげることは可能です。

洗剤を使った洗濯機洗い、手洗いはできないので気をつけてください。

洗ってはいけないタイプを洗濯すると、壊れてしまい大切なぬいぐるみがボロボロになるので注意してください。

 

お風呂場でぬいぐるみを手洗いする方法

大きなぬいぐるみは自宅の洗濯機には入りきりませにんよね。 こういったときは、お風呂場できれいにしてあげましょう♪

そのまえに準備するアイテムを紹介します。

用意するもの

洗濯洗剤、洗濯ネット、バケツや桶

お風呂場ではお湯がつかえますが、ぬいぐるみを洗うときは水もしくはぬるま湯でOKです!

熱湯になると、毛の質が悪くなったり、肌触りがザラザラしちゃうことがあります。 それではせっかくのぬいぐるみも台無しになりますよね。

 

きれいになるけど見た目が崩れたりすると悲しいですよね、だからこそお湯は使わないようにしてください。

(1)水圧弱めのシャワーでぬいぐるみを濡らす
(2)洗濯洗剤を少量いれたバケツに入れる
(3)優しく押し洗い、もみ洗いをする
(4)力はほとんど入れない
(5)汚れが落ちたらシャワーで洗剤を落とす
(6)その場で落とせる水滴はおとす

これが一連の流れになります! 大きなぬいぐるみを洗うときは結構たいへんなので時間がかかります(笑)

私は30分ほどかけて洗いました!

 

洗剤は、余計なものが入っていない赤ちゃんでもつかえるタイプのものがオススメです♪

ちなみに私はこれを使いました。

乳児にもつかえるお肌にやさしいタイプの洗濯洗剤です。 刺激がすくないので繊維にも余計なダメージを与えないので安心です。

 

私のたいせつなプーさんもきれいにふんわり仕上がったので満足です(笑)

押し洗いをするときは、ムリに力をいれると傷んでしまうので注意しましょう。 優しく傷をつけないようにていねいに洗うことが大切です(*´ω`*)

ぬいぐるみを乾燥させる方法

洗い終えたら、そのまま日陰干しがオススメです♪

乾燥機をつかってしまうとダメージが加わってしまい、部品がとれたり(手や足)肌触りが劣化します。

大切なぬいぐるみをきれいな状態で乾燥させるためには、自然乾燥がいちばんです!

乾燥させるときは、日陰干しで時間をかけて乾かそう! 扇風機やドライヤー(冷たい風)を使って乾かすのを手伝ってあげると早くおわります。

あまりにも大きなぬいぐるみだと乾燥までに1日とかかかってしまうことがあります。

湿度が高いところに放置しているとカビが生えることもあるのでご注意を。 なるべく乾燥しやすい場所で干してあげることが大切です。

 

プーさんを乾かしたときは、扇風機を常に当てている状態で乾燥させました。 中型犬くらいの大きさですが、7時間ほどで乾きました♪

夏の朝に洗濯をして、おやつの3時ころには乾いていた記憶があります! 人間とはちがって定期的にお風呂に入れてあげる必要はないので、10年間で1度しか洗っていません(笑)

汗をかいたりするわけじゃないので、ほんとに数年間に1度でOKだとおもいます(*´ω`*)

 

ぬいぐるみはコインランドリーで洗える?

私はコインランドリーでぬいぐるみを洗ったことはありません。

しかし、コインランドリーの大きな洗濯機をつかえばデカイぬいぐるみでも洗うことが可能です。

基本的に、コインランドリーの洗濯機を壊してしまったりする恐れがないモノであれば何でもあらえます。 枕とかシューズでも大丈夫です。

先ほど注意書きをした、革製・ウール製・機械がはいっている・型くずれする可能性がある・水洗い禁止と書いてある、これら以外であればコインランドリーで洗うことが可能です(*^^*)

ただし、コインランドリーで洗った後はぬいぐるみは自然乾燥させるために自宅へ持ち帰りましょう!

もしも乾燥機の中でぬいぐるみが破裂して、繊維が飛び散ってしまうと故障の原因となります。 業務用乾燥機は100万円を超えるレベルなので、細心の注意をはらってくださいね(笑)

洗濯機で洗うときはかならず洗濯ネットにいれてください。 万が一、部品が外れたり、繊維が飛び散っても機械の故障をふせぐことができます♪

-洗濯物を上手に洗うコツ

Copyright© シリモノ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.