からだの悩み

妊娠中にカフェオレを飲んでも大丈夫か?カフェインに注意!

投稿日:

妊娠中 カフェオレ(カフェイン、飲んで大丈夫か)どんな飲み物が推

妊娠中には、カフェインを含む飲み物はなるべく避けるべきなのか?

昨年、私の親友が妊娠をして無事に出産することができました(*´ω`*)

 

彼女は、学生時代からの大のコーヒー好き。 学生のときは純喫茶でバイトをしており、自宅ではコーヒーを自分でドリップして味わうほどのコーヒー通でした。

そんな彼女も妊娠をしてしまうと、自分だけの体ではなくなります。

胎児を安全に健康な状態で出産するためには、食事や睡眠について細心の注意をはらってすごす必要があります!

 

コーヒーやカフェオレが大好きな方にとっては、妊娠中は飲みたくてたまらないとおもいます。

「でも、妊娠中にカフェインをとってもいいの?」という疑問があると思います。 私のコーヒー通の親友が実際にどのように出産するまでカフェインと付き合っていたのかを紹介します!

気をつけるべきことや、出産経験がある親友からのアドバイスもあわせて教えます♪

 

      
                    <スポンサーリンク>

妊娠中はカフェインを避けるべきか?

結論から申し上げると、妊娠中にカフェインが含まれる飲み物をのんでも悪影響はないそうです。

ただし!研究データによると、過剰なカフェイン摂取は胎児の発育に悪影響を与えることもあると考えられているようです。 さらに、流産・早産のリスクが高まる可能性も考えられるため、避けたほうが無難といわれております。

 

昨年に出産をしたコーヒー好きの親友は、担当してもらっている産婦人科の先生に相談をしたそうです。

「私は妊婦なのですが、コーヒーやカフェオレを飲んじゃダメなのですか?」

・・このような質問をしたところ、主治医の先生からは、

 

「1杯〜2杯程度をゆっくり楽しむのは問題ありませんが、カフェインは睡眠にも影響するので過剰摂取はゼッタイに控えて下さい」

・・と言われたそうです!

 

産婦人科の先生からのアドバイスをまとめて要約すると・・・

・1日に1〜2杯ならば問題はない
・カフェインは神経を高ぶらせるので飲み過ぎはNG
・念には念を入れて控えるという手段もあり

このようなことをアドバイスしてもらったそうです! 1日の楽しみとして、コーヒーやカフェオレを1杯〜2杯楽しむ程度であれば、妊娠中であったとしても大丈夫です。

 

親友によると、ムリにコーヒーやカフェオレを我慢をしてストレスをためるくらいならば、飲んでしまったほうがいい。とも言われたようです。

たしかにそうですよね。 カフェインを制限してもストレスがたまってしまうと体にも悪影響を及ぼすこともあります。

 

妊婦は出産するまでは安全第一で、冷静にしておく必要があります。

1日あたりに容量を守ればカフェイン摂取は可能ですが、念には念をいれて妊娠中に我慢するという手段もアリだとおもいます(*´ω`*)

 

コーヒー好きの親友は、「1日に1杯のデカフェコーヒーを楽しむ」ということを日課にしていたそうです!

カフェオレ、コーヒー、カフェラテ、こういった飲み物を我慢してストレスをためるより、

少し内容は違うけど、デカフェ飲料を楽しむという考えもあります♪

 

カフェオレでデカフェ飲料に変えよう!

デカフェ飲料とは、わかりやすくいうとノンカフェインの飲み物です!

つまり味はコーヒーやカフェオレなんだけど、カフェインを一切含んでいないものなのです。

 

夜にカフェオレを飲みたいけど眠れなくなるから、代わりにデカフェを楽しむなんていう選択肢もあるんですよ(*´ω`*)

ちなみに、タリーズやスターバックスコーヒーにもデカフェ飲料を販売しているんですよ! 妊娠中でも楽しめるコーヒーの1つです♪

 

カフェインレスコーヒーに牛乳やミルクをまぜると、カフェオレが簡単にできあがるのでおすすめです!

あくまでも妊娠中のカフェインは絶対的な悪ではなく、ルールの範囲で愉しめば悪影響はないので過剰な心配は不要です。

 

コーヒーに健康効果はあるの?インスタントは体に悪い?

妊娠中のカフェイン摂取量目安は?

カフェインは過剰に摂取するとデメリットだらけです。

成人は、1日に200ミリグラムが目安といわれています。 これはコーヒー3杯〜4杯の数になります。

 

カフェオレはカフェイン量がブラックよりも少ないので、5杯〜6杯飲んでも大丈夫だといわれております。

しかしこれは、妊娠をしていない状態での数字です。  この目安は、WHO(世界保健機関)によるデータです! 人によっては更に少ない量で体調を崩してしまうこともあります。

 

世界的にみると日本人はかなりカフェインに強い体質をもっているそうです。

強い=飲みすぎても大丈夫は間違い。

カフェイン耐性が強いからこそ、ゴクゴクと飲みすぎてしまい体調を壊すことが多いのです。

 

昨年出産をした親友も、妊娠前には毎日10杯近くのコーヒーを飲んでいたそうです。 カフェインの作用により夜もあまり眠れなかった日が続いたそうです。

妊婦になってからは、デカフェに変えたりカフェオレに変更していたようです。

個人的に、できる範囲でカフェインと上手に付き合っていくことが大切です♪ カフェオレはコーヒーよりはカフェイン量が少ないので、少しは安心して飲めるとおもいます。

 

カフェオレを飲む量は担当医に相談を

これは親友からのアドバイスなのですが、「飲み物、食べ物は1度かならず医師に相談すること」がなによりも大切だそうです。

本やネットに書いてある情報がたとえ正しいとしても、個人差があるため鵜呑みにするのは危険なのです。

 

実はカフェインといえばコーヒーが1番多いイメージがありますよね。 でも、緑茶とか玉露(煎茶)に大量にはいっているのです。

玉露にいたっては、コーヒーの2倍くらいの量がふくまれるのです! 「お茶だから安心というのは間違い」 コーヒーは危険!と一方的に決めつけるのもダメなのです。

 

親友は本をかって勉強もして知識をもっていたそうですが、一度医師に相談をしてから最終判断を決めたそうです。

妊婦さんは体調が崩れやすく、つねに注意が必要です。

 

だからこそ、産婦人科医師のアドバイスがなによりも大切になるのです! どんなことを質問しても的確に返答してくれる医師にまずは相談をしてくださいね!

なによりも大切なあなたと、あなたのお子様が無事で出産できるように願っております♪

大変なこともたくさんあるでしょうが、どうか健やかで無事に出産できますように。

 

PS

最後にまとめを載せておきます!

・カフェイン摂取は控えられるならば控える
・カフェイン摂取は可能だがデメリットもある
・必ず担当医に相談をすること
・自分だけの判断で決めないこと
・デカフェに置き換えてみる
・過剰摂取だけは絶対NG

-からだの悩み

Copyright© シリモノ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.