アルバイト

アルバイトの電話で緊張せずに会話をする3つのコツ!

更新日:

アルバイトの面接応募の電話はめちゃくちゃ緊張しますよね!!

私も何度かアルバイトをしてきました。その度に電話をしなくちゃいけないことを考えてテンションが下がってました(笑)

でもビビっているときはひたすらネガティブなことばかり頭をよぎりますよね・・

 

応募するさいに電話でハッキリ喋れなかったらどうしよう。自信がないから恐いな。どんなこと聞かれるのかな。・・・色々不安な要素はあると思います。

 

そんな、あなたに少しでも勇気を届けるために、私が実際に体験してきたなかで役に立った、

対策とコツを3つあわせて紹介していきます♪

後回しにするとよけいに辛くなるので、なるべく早く片付けるためのアドバイスをします!。

 

      
                    <スポンサーリンク>

アルバイトの電話は誰でも緊張します

人間であれば、どれだけ自信があったとしても緊張するシーンはいくらでもあります。

筋トレをしてめちゃくちゃマッチョな人でも、可愛い女性のまえでは照れていつもの調子が出ないかもしれません。

 

こんな感じで、人間が緊張しちゃうのはごくごく自然なこと。 むしろ緊張を抑えようとすれば余計に辛くなるのが私たちです。

緊張=人間の防衛本能が働いているサインなので、克服するというよりは、受け入れることからスタートです♪

 

私はこれまで3件のアルバイトを経験してきました。

中には飲食店だったり、販売員や引っ越しのサポート役までいろいろ体験したのです。 その3つともアルバイトの応募は電話をして直接会話しました。

もちろんガチガチに緊張しているので、気分は憂鬱でテンションも低いです。

 

「この後電話するの嫌だなぁ」といつもおもってました(笑)

そんなときに自分の緊張を克服して、なんとかバイトの電話をすることができた方法が3つあります。

それを今から教えますね!

 

事前に喋る内容をメモしておく

カンペを知っていますか? カンニングペーパーとは、事前に必要な情報をすべて書いておく紙のこと。

実際は紙じゃなくても、iPhoneのメモ帳だったりPCのアプリでもOK。

 

私はド緊張すると頭が真っ白になるタイプなので、絶対にメモなしではしゃべれない自信がありました(笑) だからこそ、カンペを準備する。

 

用意するメモの項目は3つ。

・自分の住所(郵便番号、アパートの部屋番号)
・スマホの電話番号
・電話の最初と終わりのあいさつを用意する

たったのこれだけです!

 

私は焦っていしまうと住んでいる住所だったり、マンション名をど忘れするクセがあります。

何年か前に、スマホから電話でタクシーを呼んだときに部屋の住所が出てこなくて急いでAmazonの登録住所をチェックした記憶があるほどw

 

それっくらい恥ずかしがり屋でビビリな性格だったので、念には念を入れて当たり前の情報をでもメモします。

人は準備がしっかりできていれば心にゆとりを持って対応できます。

 

いきなり目の前にトラブルが発生するよりも、あらかじめ未来に起こる出来事を予測しておけば、多少はリラックスできます。

 

予想外のできごとや、はじめての体験のときに人は焦ったり緊張します。 だからこそバカにせず丁寧に準備するのです♪

今このページを見ているあなたも、紙やスマホのメモ帳にカンペをとりながら進めてみてください(^^)

 

私がはじめてバイトの電話をしたときは高校生のころでした。 はじめての社会経験だったので、焦りながら電話をした記憶があります。

しばらく社会から離れていた時期もあったので、過去にニートだった理由について聞かれると不安でした。

 

でも安心してください。 電話で込み入った話をされることはほとんどありません。

アルバイト先も営業中だったり何かと忙しいため、肝心なことは直接対面であって会話をすることが多いです! だから、基本的には電話での応募は必要最低限のやり取りになります。

・いつ面接できるか?

 

結局はこれを決めるための電話になるので、それほど心配しなくても大丈夫ですよ(^^)v

まとめ

・住所、生年月日、アパートの部屋番号、郵便番号をちゃんとメモしておく!

1度ひとりだけで喋ってみる

アルバイトの電話で緊張しないまま会話をするためには、練習が1番です。

自分が女優や俳優になったつもりで、あらかじめセリフを練習しておくのです。 あちらも電話の対応はなれているのでパターン化されています。

 

私たちははじめてのバイトの応募だとしても、お店からすれば毎月何回か面接の電話がかかってきます。

相手側からすれば、「いつもと同じように、必要最低限のやり取りで済ます」という気持ちがあるため、なるべくスムーズに終わらせたいとおもっています。

私たちは緊張をしながらでもいいから、最低限必要なことは伝えられればいいのです。

 

電話の対応=合否の判断ではないんですよ!緊張しまくってても面接をして条件さえあっていれば合格できます!

では、自分であいさつを考えるよりも私がキレイなマニュアルを作ったのでこれをそのまんまパクってください!

 

(相手が電話にでたら)はじめまして、アルバイトの応募で電話させていただきました。○○ともうします。担当の方はおられますでしょうか?

最初のステップはこれ!

 

まずは電話をした目的と名前をハッキリ伝える。 必ずしも電話にでた人がアルバイトの面接を担当する店長や責任者ではありません。

 

むしろ普通のバイトさんが対応してくれることもあるのです。 そんなときに焦って会話を続けても意味がないですよね。

対応をしてくれる担当者に電話を変わってもらうまでは、「バイトの応募が目的」と「名前」を伝えればOKです!

 

その後に、喋る内容を書いていきますね! (このページをスクショしても大丈夫ですよ♪)

(担当者に変わったら、もう一度おなじ挨拶をする)はじめまして。アルバイトの応募をした○○と申します。お忙しいなか失礼いたします。

担当者に変われば、もう一度じぶんの名前と目的を喋ります。

相手もすでにバイトの応募だとわかっているので、年齢だったり住所が聞かれることがあります。

そのときは準備しておいたメモをみながらゆっくり丁寧に伝えていきましょう。 急ぐと聞き返されるのでゆっくりと♪

 

最終的には、「いつ店舗まで面接にこれますか?」と質問されるので、それに答えましょう。

面接日を決めたならば、最後の電話を切るまでがたいせつです。

 

(最後のあいさつ)本日はお忙しいなかありがとうございました。それでは当日お伺いします。失礼いたします。

実にシンプルですよね(*´∀`) これを3回くらい自分で声に出して練習するといいですよ!

 

では最初から〜最後まで、しゃべる内容を書いておきますね!

はじめまして!アルバイトの応募でお電話させていただきました。○○と申します。担当者の方はおられますでしょうか?  (担当者に変わったら)はじめまして。アルバイトの応募で電話しました。○○と申します。よろしくお願いします。(聞かれたことをメモを見て答えていく、ここは簡単) (面接日を決めたら)本日はお忙しい中ありがとうございました。当日お伺いさせていただきます。それでは失礼します。

どうでしょうか?  文章でみると簡単なことがわかりますよね!

ゆっくり・落ち着いて・伝えること。 これだけを意識していれば後は喋ることはメモに書いてあるので心配は不要です。

 

緊張をしていても、要件はしっかり伝わるので大丈夫です(^^) あなたが高校生、大学生だろうが、ニートだったとしても電話対応がちゃんとしていれば好印象です♪

滑舌が悪くて、電話口で噛んでしまわないか心配はあなたへ。

 

こちらのページでは、滑舌を良くするための簡単なエクササイズが紹介されています。 電話をする直前にやってみてください。

すぐに滑舌を良くする方法はある?簡単にできるトレーニング

 

メールでバイトの応募をする手段もある

いきなりお店へ自分から電話をするのはハードルが高すぎる!!って人には、メールでお問い合わせをするのも1つの手段。

 

そうすれば相手側から電話をかけれくれるというメリットがあります。

タウンワークであれば、メール応募が可能です。 お店側の担当者が電話をしてくれるので、あとは出るだけ。

 

電話は一瞬でかかってこないので、ある程度の余裕がうまれます。 その間に練習をするのもあり!

1番最悪なのが、電話が怖くて何日も日にちが経過してしまうパターンです。 これだとアルバイトの枠が埋まってしまい、あなたのお役目が無くなることもあります。

ウジウジしているあいだに希望しているアルバイト先が埋まってしまったら最悪ですよね(泣)

 

とくに季節の変わり目は、学生さんの応募が多いのでビックリするほど早くなくなることがあります。

基本的には、バイト先は条件にあう人であればすぐに採用したいと考えています。 タウンワークなど求人募集のサービスに掲載するのもお金がかかるからです。

 

たまーに、メール応募をすると相手に負担をかけてしまわないか? という心配をする人もいます。

たしかにそういった考えもありますが、相手側が都合の良い時間に電話をできるというメリットもあります!

自分から応募の電話をしたときに、担当者が不在で、「明日もう一度かけてください」といわれたら二度手間ですよね? 緊張も精神的な不安も2倍です。

 

でも、これをなくせると考えたらWin-Winな関係です(^^)

私たちは、働かせていただきたい。
お店側は、働き手を早く決めたい。

 

このような関係性になるので、メールでの応募は理にかなっているのです。 小さなことは気にせずにお問い合わせをしてみましょう! これで一歩前進です。

私も過去にタウンワークでメールでの応募を経験したことがあります。

 

そのときは、めちゃくちゃ心がスッキリして気持ちが軽くなりました! 電話をしなくちゃ、と考えまくっているときは心がブルーです。

 

ちょっぴり気分が下がっている状態から、スッキリ晴れわたる気分になるのです。

「さあ、このまま頑張るぞ」という気持ちにギアがチェンジします(*´∀`)b

まとめ

・電話をするまえに自分だけで声に出して練習をする。話す内容は決まっているのであとは演じるつもりでやるだけ♪

主婦におすすめの楽なバイトはこれ!メリットをまとめてみた!

主人公になったつもりで乗り切る

最後は私なりの緊張や不安を乗り越えるコツです。

それは、マンガの主人公になったつもりで電話→面接をがんばるというもの。

 

イメージとしては、ONEPIECEの主人公のルフィです。 ルフィはマンガの中のキャラクターですよね。

主人公っていうのは、「どんな試練が訪れても乗り越えるパワーを持っています」。これを私たちも気持ちだけでも見習うといいのです。

どういうことかというと、面接の応募で電話をするのも主人公に襲いかかる試練の1つだと考える。

 

そうすれば、おもっている以上に簡単な試練だと感じてきませんか???

少しだけフワっと世界が広がったようなイメージをもってください。 面接へむかう当日も試練の1つ。

 

でも緊張をしててもいいから、しっかり伝えるべきことを相手に届けることができれば合格できます♪ 不安や緊張は敵ではなく、だれでも感じる当たり前の感情です。

高校生でもニートでも、社会人の経験が浅くても全然関係ありません! やるべきことを淡々とこなしていきましょう。

 

あくまでも私なりのやり方ではありますが、すこしでも参考になれば幸いです(*^^*)

あなたのアルバイトの面接が上手くいくよう心から祈っております。  最後まで丁寧にお読みいただきありがとうございました。

-アルバイト

Copyright© シリモノ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.