夏バテ

梅雨明けなしはどういう意味?わかりやすく解説!

更新日:

もうそろそろ日本には憂鬱な時期がやってきます・・

梅雨です。 雨がまいにちのように続き洗濯物を乾かすのにも一苦労なシーズンですね(笑)

 

この季節がおわったらあっという間に夏がきます。 まいにち30度以上になる厳しいシーズンです!

でも、梅雨はいつから始まって、いつ終わるのか?を知っていますか?

今回は気になる梅雨明けの時期と、梅雨明けの仕組みについてわかりやすく解説します♪

 

      
                    <スポンサーリンク>

梅雨明けなしはあり得るの?

天気というのはあくまでも予報です。 テレビでも天気予報といわれていますよね。

予報の意味としては、事前に推測をして知らせることです。 つまり、ある程度の推測できるけど100%完璧ではないよーということ。

 

推測とはそもそも、過去の天気のデータだったり、梅雨の時期に観測された数値などによって判断されているのです。

最近ではかなり少なくなりましたが、朝の天気予報では雨は降らないといっていたのに降ってきた!!

・・・なんてこともありましたよね(笑)

 

梅雨明けというのは推測することがめちゃくちゃ難しいものなのです。

そもそも、梅雨というのは梅雨前線というものが原因でおきるのです。  オホーツク海気団という湿度が高く冷たい高気圧と、小笠原気団という暖かく湿った気圧がぶつかり合うのです。

 

オホーツク海気団は、6月〜9月まで活発になります。
小笠原気団は、5月〜10月まで活発になります。

ここらへんはややこしい知識なので、覚える必要はまったくありません(笑)!

毎年気温が温かくなるシーズンはだいたい同じタイミングですが、1日たりとも寸分の狂いなくピッタリかというと違いますよね!

 

去年は6月の中旬ころに梅雨にはいりましたが、観測史上でもっとも早い梅雨入りはなんと5月!

おおざっぱにみると1ヶ月以上も差があるのです。(笑) だからこそ、予測が難しいのです。

 

梅雨明けもおなじように、気がつけば時期が終わっていた! なんてこともあるのです。 正しい数値や日にちを予測できないため、梅雨明け宣言なしのまま夏がスタートすることが多いです。

梅雨明け宣言はできない?

あまり知られていないのですが過去に、梅雨明け宣言をしたにもかかわらず梅雨が終わらないことがあったそうです。

そうなるとテレビやニュースの予報をみたひとはかなり混乱したようです。 クレームを入れられたりと大変なことになるようで(笑)

 

そんな裏事情から最近では梅雨明けなしが基本となっています。 つまり宣言をすることはなくなったのです。

一応テレビや新聞では、梅雨が終わったことを示唆(しさ)する内容はお知らせしています。

「7月10日に梅雨明けしたとみられます」

←このようなフレーズを聞いたことはありませんか??? 「みられます」という便利な日本語です。 断言はしないけど、多分きっとだいじょうぶだよ〜的なニュアンスです(^^)v

 

断言はしていないので外れてもクレームだったり、文句は言われないですよね。 自然も生き物なのですから、100%予想的中など不可能です!

2018年も梅雨明け宣言はありませんが、きっと7月の上旬ころには梅雨明けしたとみられます。というフレーズをアナウンサーが伝えてくれると思いますよ♪

 

そのときが来たら今日学んだことを覚えているので、「あくまでも予報だよね」と思ったうえで傘だったり洗濯物を片付けてくださいね!

別に梅雨明けなしでも困ることはありませんが、2018年も梅雨入りと梅雨明けの時期は知ることができれば嬉しいですよね(*^^*)

 

梅雨入りシーズンは毎年いつくらい?

梅雨入りといっても定義はあいまいなのです。 先ほどもいったように天気というのは毎時間かわっていきます。

ある程度の予想はできるけど、未来予知は不可能なのです。

 

それでも気象庁には、梅雨入りと判断するための基準が一応あるみたいです! それは・・・

2日間お天気が晴れたあとに、2日間雨がつづき、1週間のうち5日間以上が雨かくもりになったら

うーん、あいまいですよね(笑) 冬でもこういった季節はあるだろうし、日本で一番降水量が多い北陸地方であればよくあることかもしれません。

 

それでも梅雨の時期5月下旬〜6月にこういったことがあれば、梅雨入りと判断することがあるみたいです。

気象庁の過去70年間のデータによると関東の梅雨入りは6月8日が平均値となっているようです。

 

あくまで目安となるので、6月にはいったらいよいよ梅雨が来る! と考えていたほうが過ごしやすいと思います!

関東の梅雨明けの平均値は、7月21日ころです(*^^*) 小学生が夏休みにはいる直前までは雨がジトジトふり続けて過ごしにくい暑さが続きそうです。

 

(注)ちなみに関東も関西も、入りと明けはそれほど変わらないので参考にしてください。

 
クーラーはいつからつける?

梅雨明けの基準はあるの?

あいまいなお天気の世界ですが、一応梅雨明けの基準もあるのです!

 

それは・・

2日間雨がつづいて前日と今日が晴れている。今日から1週間くらい天気予報が晴れになっており、梅雨前線が北上して日本に影響を及ぼさないと判断したら→梅雨明けとみられる

こんな感じでざっくりと予報されます。 この基準をしっていると2018年に梅雨になっても毎日スマホアプリの天気予報をみていれば自分で判断できます!

 

住んでいる地域によって誤差がすこしあるので、スマホアプリであなたが住んでいる地域のデータをみましょう!

そして、「あ、そろそろ晴れの日が続きそうだな」となったときは自分だけの梅雨明け宣言をしちゃいましょう(笑)

 

ちなみに私は毎年こっそりとやっています(^^)v

世間では梅雨明けなしでも、自分だけでも判断できるとストレスなく過ごせるかもしれません。

 

お仕事へいくのに雨がふっていると嫌ですが、あらかじめ雨が降ると思っておけばなんてことないですよね〜。

スマホの無料アプリさえあれば、毎日こまかく変化する天候に柔軟に対応できます。

お恥ずかしい話ですが、去年の2017年は自分だけの梅雨明け宣言を見事に外しました(笑) そして即座に宣言取り消しです・・・

 

実はこれと同じように、ニュースやTV番組でも梅雨明けを訂正したりすることもあったみたいです。 でも今は「明けたとみられる」という便利ワードがあるので関係ありませんが(笑)

 
梅雨という言葉はなぜ梅という漢字が使われているのか?

まとめ

天気は生き物であり、自然をコントロールすることは不可能です!

梅雨入りと梅雨明けに正しい時期はないのと同じで、人生も意外とあいまいなことだらけですよね(笑)

 

私もあれほど辛いとおもっていた仕事が気がつけばいつのまにか慣れて、楽しく充実するようになりました。

 

気がつけば、面倒な時期が明けていた。ということになります(笑) 天気も人間もおなじようなものですね・・・ 今年ももうすぐ暑さが厳しい夏がやってきますが、体調を崩さないようお過ごしください!

最後までご丁寧にお読みいただきありがとうございました!!

夜に洗濯物を干すのはあり?乾くまでの時間は?

-夏バテ

Copyright© シリモノ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.