生活の知恵とコツ

お守りはどこにつけるのが正解?持ち方はどうするべきか?

投稿日:

あなたは神社でもらったお守りはどのようにしていますか?

身につけているのか、どこかにつけておくのか。 はたまた、大切な場所にしまっておくという方もいるかもしれません。

 

今回はお守りをどこにつけるべきか、持ち歩くとしたらどうすればいいかを、わかりやすく解説します!

実際に神社のかたに作法を聞いてきたので、私の考えをあわせて紹介させていただきます(^^)

      
                    <スポンサーリンク>

お守りはどこにつけるべき?

お守りは基本的にどこにつけても大丈夫です。
しかし大切なのは、最低限の礼儀とマナーがあってこそ。

 

まるでおもちゃのように扱っていると、そもそも神様が宿っているお守りに対してとても失礼ですよね。

モノだとしても、ほんとうに大切だったり尊重している物にたいしてテキトーに扱うということはしないですね。 だからこそ大切に。

 

私は子供のころにお守りを投げて遊んでいたことがあるのですが、思いっきり父親に叱られたことがあります。

 

子供のころは意味なんてわかっていないし、そもそも何のためにあるのかすら理解していませんでした。

大人になってからは丁寧に扱うようになりました。 自分を守ってくれる物であるからには、最低限のマナーと敬意を払うべきですよね!

 

常に肌身離さず持ち歩く

私は基本的に肌身に離さずもっておくタイプです。

「じゃあ、お風呂のときも?」と言われるかもしれませんが、さすがにそれはありません(笑)

 

カバンに入れておいたりすることが多いので結果として、会社へいくときも一緒。 どこかへ遊びにいくときもお守りを移動させるので常に携帯しています。

「絶対に持ち歩くべきか?」という問題がありますが、以前に神社のかたに質問をしたことがあります。

 

回答としては、別に持ちあるく必要性はないそうです。 持ち歩いているから功徳が多い。 部屋に置いてあると功徳が少ない。 ・・・なんて考えは間違っているのです。

 

あくまでもお守りを持っているあなたの価値観だったり考え方が一番重要です。 大切に使っているならば、距離は離れていようが問題はないですよ!

私はたまたま持ち歩く派だっただけで、自宅に置いておくのも1つの選択肢です(^^)b

 

車内にぶら下げておく

私は車を運転しませんが、家族は車内にお守りを置いています。

どこかにぶらさげるようにつけておくこともあれば、車のアタッシュケースの中に置いておくこともあります。

 

神社の方に聞いてみると、車に置くことは問題ないとのこと。 だから、交通安全祈願のお守りがあれば車に入れておけばいいそうです。

 

汚れず、なるべく高い位置につけておくのがいいそうですが、あくまでも運転に支障がでない位置につけてくださいね♪

 

絶対にやってはいけないこと

お守りは小さな袋に神様が宿っていると考えられています。

もちろん、すべての人がそう信じる必要はありません。 「私は無神論」「俺は神は信じない」という考えも1つです。

 

しかしお守りを持っているのであれば最低限の礼儀作法だったり、扱い方には注意するべきです。

例えばですが、あなたが大切な恋人や兄妹からもらったプレゼントはていねいに扱いますよね? これと同じように、神様が宿っているお守りに雑に扱うのはNGです。

 

すべては自分自身の考え方となるのですが、少なくともお守りをおもちゃのように使うのは絶対にやってはいけないことです。

床に置いておく ・お尻のポケットにしまう ・汗が汚れが付く場所はNG ・収納して放置する

これらはNG行為です。

 

神道では床は邪気がたまったり、穢れ(けがれ)があると考えられているため床にぽいっと置いておくのは避けましょう!

大切な人からもらったものを、床にぽいっと放置なんてしないですよね(;_;) お守りもおなじように大切なモノです。 扱い方は丁寧に♪

 

お守りは神社へ返納できる!

お守りというのは返納することができるのです。 基本的には1年間であたらしいモノに変えると良いといわれております。

 

しかし「1年以上お守りを持っていてはいけない!」というルールはないのです。 いま手元に5年前のお守りがあっても不安になる必要はありません♪

基本的にはお守りを返納するときは、購入したときと同じ金額を一緒にいれるのがマナーです。

 

処分をするために費用もかかりますし、神社の神主さんが儀式としてかわりにやってくれます。 あくまでも気持ちとしてそっとお金を入れておくのがベスト!

玉串料はあなたの気持ちなので、神社側がかならず「○○円以上〜」といってくることはないので安心してください。 神様と神社の方へ感謝の気持ちをのせてお支払いしましょう。

わからない場合には、「古いお守りを処分してもらいたいのですが。」と丁寧に神社のかたへ頼めばOK!

 

場所がわからなくても質問をすることで、丁寧に接していただけるのでご安心を(^^)b

見の振る舞いで気持ちが変わる

お守りの効果は人それぞれです。 私もずっとお守りを大切にしていますが、今日まで幸せに暮らしてこれたのもお陰様なのかもしれません。

 

例えばですが、護符をていねいに扱うだけでも気持ちがすっと優しい気分になったりします。

丁寧に物事を扱えば、気持ちも穏やかになりイライラしない。 だからこそ、仕事にも集中でいるし生きていることに感謝できる。

私は小さなころ、祖母に「あなたが出す音は、あなたの心の音だよ」と言われたことがあります。

 

小さなころは意味がわからなかったけど、イライラしているときは扉をバタンと大きな音をだして閉めている。

でもリラックスしているときはゆったり音が聞こえないレベルで静かに閉じる。

 

これは心の状態がそのまんま行動や音に反映されていますよね。 お守りを大切に扱うと行動も優しくなり、音もあまりムダに出さなくなります。

そうすると心がゆったりと落ち着くのでリラックスできる。 当たり前のことにすら感謝できるような精神状態になります。

 

これって神様のご加護といっても良いかもしれません。 私はそうおもっています(笑) 今日も感謝して精一杯生きていけたら素敵ですよね!

最後までお読みいただきありがとうございました!!

-生活の知恵とコツ

Copyright© シリモノ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.