夏休み

夏がテーマのおすすめアニメ映画!ネタバレなし!

投稿日:

夏をイメージすると自然と気持ちがワクワクしてきますよね!

花火・夏祭り・友達と旅行にいったり、アイスをたべたり・・・

 

夏らしいことをあまりしなくても、この季節は日本人にとってはちょっぴりノスタルジーな気分になることもあります。

今は涼しい部屋で夏がテーマの熱い!アニメ映画をのんびりみてはどうでしょうか(*´艸`*)

今回は私がおすすめする映画作品をネタバレなしでご紹介していきます!

      
                    <スポンサーリンク>

夏がテーマといえばサマーウォーズ

私は人生で1番見まくった映画かもしれません。 テーマは夏です。

舞台は長野県上田市。自然あふれる場所でとあることから、高校の1こ上の夏希先輩からアルバイトを頼まれます。

そのアルバイトとは、夏希先輩のおばあちゃんの家に一緒にいって恋人のふりをして欲しいという内容です。

 

主人公の小磯健二くんは、草食系の控えめな性格。 数学オリンピックにでるような頭脳をもちつつも、どこか抜けているところがある青年。

そんな二人が東京から長野県上田市の田舎へ向かいます。 実はこれだけ紹介すると、恋愛がテーマなのか?と思われがちですが、根底にあるテーマは家族愛です。

 

これ以上喋っちゃうと止まらなくなるので、ここまで(*´艸`*) 監督は細田守さんです。

細田守監督の映画といえば、「夏」と「大きな入道雲」が魅力です。 作品のなかに何度もでてくるおっきな雲に注目してください。

 

こんなきれいな田舎には行ったことないけど、なんだか懐かしいような感覚になり最後まで釘付けになると思います!

タイトルもサマーウォーズとまさに夏がテーマ! このタイトルの意味がわかったとき、あなたはきっと感動するはず。

時をかける少女

時かけは、初夏である7月をテーマにした作品です。 作品中は何度もタイムリープをするのですが、じつは4日間だけの物語。

タイムリープとは時間を過去にさかのぼったり、未来へ行ったりする能力のことです。

 

高校生3人が主人公なのですが、もうめちゃくちゃ深くておもしろい! ネタバレなしなので展開だったり、オチについては一切言えませんが。

1つだけ言えるとしたら夏に見るにはもってこいの名作です。  主人公の紺野真琴に感情移入するも良し。ちあきに立場にたって映画をみるもよし。

きっと1度みたら、すぐまさもう一度見返したくなる作品です。 私はDVDを持っているのですが、定期的に見ちゃう作品です(*´艸`*)

 

夏の暑そうな雰囲気が伝わってきて心まで温かくなる映画です。

サマーウォーズにつづき監督は細田守さんです。 時をかける少女は筒井康隆さんの小説であり、それをアニメ映画化された作品でもあります。

過去にはテレビドラマでも映像化されておりますが、アニメーションはこれだけ!

 

見たあとは、きっと「なぜ?」という感情と、「切なさ」が優しく残ります。

バケモノの子

この作品は、細田守監督の最新作です。 おなじく夏がテーマの人間と妖怪のおはなし。

 

あらすじを簡単に説明すると、9歳で親と離れ離れになった主人公の蓮(れん)は親戚といっしょに暮らすことになります。

しかし心のなかはお母さん、お父さんに逢いたくてたまりません。 でも現実は残酷で会えない。

 

そんなある日、親戚の家から飛び出した蓮は渋谷がモデルになっている街をうろつきます。 そこでいるはずのないバケモノと出会い・・・

親と子ども、師匠と弟子、出会いと別れが織り込まれており、見ごたえはたっぷり。

 

細田守監督の描く映画には、すべて入道雲がうつくしく描かれています。 それにも注目してください。 サマーウォーズ、時をかける少女を思い出すこと間違いなし。

個人的には、蓮と熊徹(バケモノ)の友情だったり師弟関係の熱さに感動しました。

私にはこんな師匠はいないけど、「もしもいたらめちゃくちゃ毎日が楽しくなりそうだ!」という気持ちになりました(*´艸`*)

 

細田守監督の映画は共通して親子がテーマになっているので、どんな世代が見ても学べることが多い映画作品だとおもいます。

ラストシーンはたまりません。 ぜひ、あなたの目でごらんください。

君の名は

歴代興行収入2位を記録した「君の名は」ですが、すでに見た人が多いかとおもいます。

でも、今年の夏はもう一度自宅でみてください! 劇場で見たときの印象とまた違うかとおもいます。

 

この作品についてはもはや説明は不要だとおもいます。

作品中にでてきた「結び」というテーマですが、これは人と人を結ぶという日本古来がいわれているご縁です。

人と人が出会うのってよくよく考えるとご縁です。 今当たり前に友達になっている人ももしもちょっと違う人生を歩んでいたら会わなかった可能性があります。

 

夏がテーマですが、糸守町のきれいな風景がいまでも目に焼き付いています(笑) 瀧君が住んでる東京の街だったり、新海誠監督の映画で必ずでてくる新宿もきれいですが・・・

やっぱり田舎町の美し自然には勝てないですよね(*´艸`*)

 

私もブルーレイを買ったのですが、背景だけに注目して君の名はをみたりしています。 本当にきれいで最高です。

あまりにもきれいな美術に見とれてしまい、こういった本まで買っちゃいました(笑)

個人的には、君の名はが好きなのであれば絶対にアナザーストーリーをみてほしいです。 キャラに特化して本編では語られなかった背景を知ることができます。

 

私は最後のお父さん視点の物語に涙腺が爆発しました・・・ 読むときはゆったりお水でも用意しながら、めいいっぱい読書を楽しんでください^^

言の葉の庭

今から5年前くらいにたまたま劇場でみた作品です。

これも新海誠監督の映画なのですが、はじめたみたときは映像の美しさに感動しました。

それまで「秒速5センチメートル」「ほしのこえ」「星を追う子ども」「雲の向こう約束の場所」などをチェックしていたので、映像の美麗さを知っていたつもりですが圧倒されました。

 

君の名は、よりも3年前くらいの作品ですが、映像の美しさは負けていません。

高校生と教師との出会いと葛藤を描く作品なのですが、テーマは夏と雨。 雨がふるシーンが何度もありますが、水たまりに映る風景だったり雨の感触が見ていて感動しました。

歌は秦基博さんが歌っています! rain最高っす!!

借りぐらしのアリエッティ

お次はジブリ作品です。 今回は宮崎駿監督の作品ではなく、米林宏昌さんが担当した作品です!!

 

テーマは夏のおばあちゃん家。 主人公が1週間だけ静かな場所で過ごした物語。 そこで小人と出会いストーリーは進みます。

原作は「床下の小人たち」というイギリスの児童文学です。

思い出のマーニー

こちらも元ジブリで活躍していた米林宏昌さんの監督作品です!

現在はスタジオポノックという新しい会社を立ち上げて、昨年は「メアリと魔女の花」という作品を公開しまいた。

思い出のマーニーという作品もテーマは、夏。 主人公であるアンナが成長していくストーリーなのですが、作品名にもあるマーニーというナゾの金髪の女の子とであいます。

 

果たしてこのマーニーとは何なのか? この真実がわかったとき、あなたはきっと涙するはず(T_T)

主題歌もめちゃくちゃ作品にあっていて最高です!! プリシラアーンというアーティストなのですが、個人的に目覚ましのアラーム音にしています(笑)

 

朝からめちゃくちゃ気持ちよく目覚めることができるので(笑)

思い出のマーニーは北海道の夏をテーマです。 暑い季節だけどどこかひんやりしたクールな作品になっています。

となりのトトロ

ジブリの夏の映画といえばとなりのトトロ!

ジブリが全盛期のころは、夏といえば毎年のようにジブリの新作映画が公開されていました(*´艸`*)

実はトトロはジブリのなかで興行成績的には、ダントツで赤字の作品なのです。 つまり売れなかったのです・・・

 

トトロというキャラクターに火がついたのは、ちょっと後のことです。  ジブリの人気と共にあとから話題が広がっていったキャラクターなのです!

トトロの関連グッズの売上が好調なため、ジブリの新作映画をつくるときにかなり助かったという秘話もあるそうです(笑)

私は冒頭のシーンでトラックに揺られながら田舎の村にやってくるシーンが大好きです(^^)

 

青空が広がり、田んぼには水が張っており太陽の日差しが降り注ぐ。  あんなキレイな場所にいったことないけど、やっぱりどこか懐かしく感じちゃいますよね!

私も物心がついたころには、ジブリに触れていたので今でも大好きな夏のアニメ映画です!

メイがとうもろこしを持ち歩いているシーンとかお気に入りです(笑)  昭和の香りがのこるノスタルジックな作品ですよね。

河童のクゥと夏休み

私がまだ学生のころに見た映画なのですが、いろいろと衝撃的でした(笑)

 

生まれてはじめてカッパをみた衝撃が・・・ 実際に現代にカッパがいたらこんな感じなのかな〜と。

どちらかというと大人にこそ見てほしい映画です。 ネタバレ無しでお送りしたいので宣伝の部分だけさくっとごらんください。

夏のノスタルジック感を演出しつつ、少年とカッパの交流を描く良作。

現実的なシーンもありましたが、大人になって見返してみると深く感じたり・・ 学生のころはちょっと怖く感じたあのシーンもまた違った感覚で捉えることができました。

夏休みに少年がカッパと出会うものがたり。←これだけで興味が出ますよね(笑) 私ももう一度頭のなかを空っぽにして見返したい作品の1つです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

2018年の夏は自宅でのんびり映画でもどうでしょうか(^^) 1つでも気に入った作品があれば嬉しいです。

この記事は定期的に更新していきます。 おもしろい夏の作品をみつけたら追記していきますね♪

-夏休み

Copyright© シリモノ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.