健康と生活の知恵ぶくろ「シリモノ」

指の皮がむけるのはストレスが原因だった?

      2015/07/20

ふと、気が付くと指(手)の皮が向けていることないですか?

 

見た瞬間ビックリしますよね?
だって、痛みすらないのにむけているのですから、驚きます。

 

そのような症状は、実は誰もがなる可能性があります。

 

女性であれば、余計に気になるところですよね。

 

では、実際に原因と改善方法について見て行きましょう!

      
                    <スポンサーリンク>

指の皮がむけてしまう原因はストレスが関係している?

実は、ストレスが原因で指や手のひらの皮がむけることがあります。

 

ストレスが溜まってくると、自律神経のバランスが崩れてしまいます。

 

一度、自律神経のバランスが崩れてしまうと
元に戻るまで、イライラしたり落ち着かなくなったり
気持ち的に不安定になってしまいます。

 

 

生理的な症状ですので、時間がたてば綺麗に治りますが
酷くなっていく一方ですと、皮膚科へ行って治療を行う必要があります。

 

 

アトピーなどと同じような症状ではありますが
アトピーになっているわけではないのです。

 

しかし、指の皮が剥ける原因はストレスだけではないのです。

 

次に考えられるのは、水虫 です!

 

手の皮がむける

 

 

水虫といえば、おじさんに多いイメージですよね。
ですが、水虫は女性でもなりますし、若くてもなります。

 

 

年齢はあまり関係ないのです、
清潔にしていない靴や靴下を長時間履いていると
白癬菌というカビが繁殖してしまうので、皮膚がかぶれてしまいます。

 

 

ふやけた状態になることもありますし、皮がむけることもあります。

 

 

水虫の症状によって、治療方法も変わってきます。そういった場合には、水虫かどうかをチェックする必要がありますので一度、お医者さんへ行くことをおすすめします。

 

水虫を治療するときにはどこへいけばいいかわからない人は皮膚科 へいきましょう。

 

 

靴下を5時間以上履き続けないことも大切です。
白癬菌や高温多湿な空間でより繁殖するので、繁殖しない状態をつくるべきです。

 

 

乾燥や汗が原因で指の皮がむけてしまうことも

勝手にむける

季節の変わり目になると、乾燥しやすくなります。お肌のバランスが崩れ始めると、乾燥しやすい手や顔の皮膚から荒れていきます。

 

自然に皮がむけているときは、乾燥が原因になっていることもあります。

 

そういったときんは、ドラッグストアなどで購入できるハンドクリームを使いましょう。数時間おきに塗りこんでおくだけで、劇的に症状を改善することができます。

 

 

一度荒れた肌は、すぐに綺麗にすることができるので、皮膚科へ行かなくても問題はありません!

 

治ったあとにも、続けてハンドクリームで保湿することが大切です。

 

 

「関連記事」→→乾燥した肌にかゆみが出る原因はなに?予防方法とは?

 

 

汗をかくと、皮膚が乾燥します。先ほどの空気の乾燥とはまた別の乾燥になります。

 

 

汗を大量にかいたあとに、そのまま放置しておくと
潤いが皮膚からなくなり、水分不足になったお肌は乾燥をはじめるので
乾燥を食い止めるために、肌を化粧水や乳液で保湿しましょう。

 

 

一度乾燥しはじめた肌は、保湿するまでずっと乾燥を続けます。

 

その間にも、指や手のひらの皮が向けて荒れやすい状態になっていますので
注意が必要です。

 

水に触れる機会が多い主婦は手の皮がむけやすい

 

もしかすると、手の皮がむけるのは水が原因かもしれないです!

水虫

 

主婦は、毎日洗濯物や食器の洗い物などとにかく水に触れる機会が多いです。

 

 

水や洗剤に触れることで、手のひらから皮脂などが落ちていきます。

 

結果として、手や手のひらに潤いがなくなりますので
皮がむけてしまったり、ガサガサに荒れてしまう原因になってしまうのです^^:

 

 

自然に皮がむけてしまうこともあれば日々、少しづつ荒れ始めて1ヶ月ほど経過してから、皮がむけて新しい皮膚に生まれ変わっていくこともあります。

 

 

手のかわがむける原因が、水に触れることだとすれば今日からなるべく、水に触れないように心がけましょう。

 

 

洗濯物を干すときも、洗い物をするときも
手袋をつけて行うと、水に触れずに済みますのでおすすめです (^^)

 

スーパーやドラッグストアで、使い捨ての手袋を購入してください。

 

 

肌の保湿も大切なので、そこはお忘れなく!

 

これらをしっかりと守り指や手の皮が向けてしまう原因さえ理解しておけば対処することができます。

 

季節の変わり目や疲れているときには予防を意識して行ってください。

 

 

 - 肌の悩み