健康と生活の知恵ぶくろ「シリモノ」

毎日食べ過ぎてしまう自分にガッカリ・・食欲を抑えこむ方法とは?

   

毎日食事を食べ過ぎてしまう・・・
抑えようと思っているのについうち食べ過ぎる自分に嫌になってしまう
(TдT)

こんな状況に嫌気が指してしまうことって無いですか?
実際に食べ過ぎは誰でにもありますし多くの人が悩んでいます。
体のために少しでも食欲を抑えて 食べ過ぎをセーブする方法とコツを紹介します!

      
                    <スポンサーリンク>

毎日食べ過ぎてしまうのを抑える方法

毎日食べ過ぎてしまう原因は、食べ物が自由に食べられる環境にいるからです。

例えばですが、まわりに食べ物がなく 食事したくてもできない状況に置かれてしまえば
絶対に食べ過ぎてしまうことはないですよね?

 

なるべく自分から食事を遠ざける必要があります。

 

1日3食食べることは健康的です。
しかし、間食や夜食は体にとって必要ではないので
なるべく避けておきたいところです。

 

あなたが毎日コンビニやスーパーでおやつや夜食を
買ってしまうのであれば、まずは買うのをやめましょう!

 

・コンビニへ行かない ・ジュースやお酒は控える

この2つを意識するだけで、無駄食いをすることを避けることができます。

でも、いきなり自分を変えることは無理です。

 

ご飯や夜食など食べ過ぎたときは すぐに後悔してしまいますよね??

食べる前は我慢できなくても 食べたあとには、こう思うはずです。

 

「あのとき、我慢しておけば・・・」 必ずこう思うはずです。自分も全く同じでしたから(汗)

 

満腹にすると余計にお腹が空いてしまう

お腹が空くのを避けるために、たくさん食べてしまうクセないですか?

 

実はこれ間違いだそうです。 一

度に大量のご飯を食べても、体は消化していくので 食べ溜めすることは不可能なのです。

 

ですから、無理して食べ過ぎずに 腹八分目を意識して食事すると、余計な食事を摂り過ぎることなく 空腹を満たして、満足することができます。

食べ過ぎてしまうと消化するためにエネルギーが多く必要 になります。

 

それでは、眠くなったり疲れやすくなったりします。

ですから腹八分目 におさえて 食後にしっかりと仕事したり勉強できるように意識して動きましょう。

 

基本的に人間は満腹になるまで食べる必要はないです

食欲に身を任せて、食べたいだけ食べる生活はやめましょう。

 

体に負担がかかりますし、胃腸も負荷がかかります (^^;)

 

毎日食べ過ぎてしまう人は、体や食後のことを考えずに 食欲のままに行動しています。 しかしそれではいけないので。きちんと 食後のことと体のことを思いながら 腹八分目の食事をしましょうね!

 

食べ過ぎてしまう人はゆっくり噛んで食べよう

食べ過ぎてしまう人ほど食事が早いと言われています。

 

満腹中枢(ちゅうすう)が満たされるまでにより多くの食事を食べるので 食べ過ぎてしまうのです。

しかしよく噛んで食べることで解決することができます。

満腹中枢は時間とともに満たされていくので まずはゆっくり食べることに意識しましょう。

 

「小さいころによく噛んで食べなさい!」

 

このように親から言われた記憶はないですか?

 

実はこれ、食べ過ぎにも効果があるなんて考えもしなかったですよね(笑) でも、必ず実践すると食べ過ぎを防ぐことができるのでおすすめです。

 

この方法を実践するときは、はじめは辛いです・・・ なぜなら、食べたい気持ちを抑えるからです。

 

これが中々難しいのです(汗)

 

最初はすぐに出来なくてもいいので 毎回食事するときに噛むこと に意識してみましょう。

簡単にいえば練習ですね(^^)b 何事も最初から達成することは出来ないのでまずは一歩一歩進むことを意識してくださいね!

 

食事をするときは野菜から食べること

夏野菜

 

食事をするときに野菜から食べることで 血糖値の急上昇を防ぐ ことができると言いますよね?

実はそれだけではなく、満腹中枢を満たすのに サラダなどの野菜は非常に効果的です。

 

外食するときも、まずは生野菜やサラダから食べていくことを忘れないでください。

野菜を食べるとビックリするほど お腹が満腹になるので効果は抜群 です!!

 

自分も食べ過ぎてしまう時期があったので 外食をするときもまずはサラダを注文してメインの料理が来るまえに サラダを食べきってからメインディッシュへ進みます^^

 

食べ過ぎてしまうのは誰でも同じです。

しかし改善する気持ちが少しでもあるならば それは素晴らしいことです。 今日から少しづつでいいので、食べ過ぎてしまう原因を潰して 改善するために対策を取っていきましょう!

 - 胃の不調