健康と生活の知恵ぶくろ「シリモノ」

日中は気分が落ち込み、夜だけ元気になるのはうつ病なの?

   

日中はだるくて夜になると元気になる

このような体験したことないですか?
実際に私自身も同じ経験があります。しかし毎日ではなく
日によってなんともない日があったりするので不思議です。

なぜ、日中は気分が落ち込み夜になると元気になるのか調べてみました。

もしかしてうつ病になのかもしれないと不安になってしまうこともあるでしょう。
しかしうつ病と決めつけてしまうのはまだ早い です。

      
                    <スポンサーリンク>

誰でも日中は気分が落ち込みやすい!うつ病ではない可能性が高い

f

誰でも日中は気分が落ち込みやすいのです。理由はそれぞれですが、あなたはこれらのうちどれか1つに当てはまるかもしれないです。

・日中は仕事があるから憂鬱
・学校で授業があるから憂鬱
・育児や家事があるから憂鬱

どれか1つに当てはまりますか?なにかしら午前中や午後に嫌なことがあるときは気分が落ち込みやすくなります。

 

症状としてはこのようなことがあります。

・眠くてやるべきことがあるけど動けないまま夜になる
・暴飲暴食して寝て1日を過ごしてしまう
・何時間寝ても眠いまま生活している
・人と話をするのが嫌になっている
・人混みにいくと視線が気になって心臓がバクバクする

このような症状、もしくは似ている症状があるかもしれないです。でも、これらは誰もが陥ることがある体験です。心配は無用です。

 

うつ病になっているなど思う必要はありません。 うつ病ですよ、と誰かに言われてしまうと信じてしまいますが信じなければうつ病になることはないです。

 

ただ、普段とは違う症状が現れているだけなのです。

 

どのような人でもやりたくないような憂鬱な仕事があると気分は落ち込むもの です。当たり前なのです^^

 

反対に、ワクワクすること楽しみにしていることが待っているとすれば、朝はやく起きられますし興奮して夜も眠れなくなることありますよね?普段の日常生活とは正反対になります。すべては気持ちや生活習慣が原因になっているのです。

 

私も同じ体験をしてきたのですが、改善するために意識して日常生活に取り入れたことがあるので紹介していきます。

うつ病のような症状を無くすために私が行った3つのこと

 

私がうつ病と似ている症状に打ち勝ち、思い通りの日常生活を過ごすために行ってきたことを紹介します。

・毎日しっかりと眠っているか?
・栄養のある食事を食べれているか?
・日中はきちんと動いているか?

私が日中だるくて気分が落ち込んでいたときは、これらの質問に対してすべて「NO」でした。それも当然ですが・・・

 

この、睡眠と食事と運動をどのようにすればきちんとバランス良く行なうことができるか考えました。

 

すると、このような答えが出たのです。

 

「嫌なことからは全て逃げて、ひとまず寝る食う動くに集中してみる」

 

このとおりに実行しました。

 

まずは、アルバイト先へウソをついて1週間休みを取りました。
次に、スーパーで栄養のありそうな食材を片っ端から購入してネットでレシピを見ながら料理をはじめました。

 

そして、食べます、お腹一杯になったのでいつもなら眠るところをあえて外に出て動いてみました。動いたと言っても歩くだけです(30分ほど)

 

だんだん、暑くなってきたので自宅へ戻り料理をした後片付けをはじめました。いわいる家事ですね(笑)

 

そのあとにすぐにお風呂へ入り、部屋を少しだけ整理してすぐに眠りました。

 

実は行ったのはこの、「料理を作る」「掃除をする」「歩く」 この3つです。

 

なんだよ、つまらないな・・・って思うかもしれないですが実はこれだけで充分です、特別な薬もいらないですし奇跡的に自分を変える出来事も必要ないです。人間らしい普通の生活をしているだけで気分が戻ってきます。

 

いつもであれば日中だるくなっていた時間には、スーパーへ買い物へ行き料理を作り暴飲暴食せずに食事して掃除する。

 

これだけ普通のことをこなしていると、初心に戻れるのです。
心が自然と落ち着いてくるので、落ち込んだ気分や憂鬱な感情を吹き飛ばしてくれます。

 

自分ってうつ病かもしれない・・なんてことは思う必要はないのですから、まずは嫌なことから一時的に逃げて、当たり前の生活を送ってみましょう

 

朝起きてすぎに手と足を動かすと脳がスッキリ目覚める

images (29)

朝おきて、すぐにテレビを見たりパソコンやスマートフォンを見るのは禁物です。

 

脳がまだ眠っている状態で、ぼーっとテレビを見てもなにも変わらないです。むしろニュースなどを見ているうちに憂鬱になってきます。それではまた同感情の繰り返しになってしまいますよね!

 

そうではなく、まず起きてからすぐに手と足を動かすことを忘れないでください。

 

おすすめは次の3つです。

・すぐトイレへ行くこと
・歯磨きを左右の手でやってみる
・外へ出て自販機やコンビニに水を買いに行く

これは非常におすすめです。
足と手を動かしているので脳がスッキリ目覚めてくれます

 

憂鬱になってします日は、動かない(動きたくない)日が多いですよね?ずっと布団に寝込んでいたりグッタリしていますよね?

 

そうではなく、スタートが肝心なのですまずは動きましょう

 

特に、外へすぐに出て自販機やコンビニへいくのはおすすめです。カダラを動かすことで血液が循環されて血行がよくなります少なくとも、朝起きてスマホをぼーっと見つけている朝よりは100倍良いです。

 

どうしてもうつ病っぽくなったり、憂鬱なまま何もできなくなることはあります。
しかし、誰もそのままでいいなんて考えたことはないですよね、元の生活に戻って楽しく過ごしたいと考えているはずです。

 

今回ご紹介した気分を回復させる習慣をぜひ、実践してください。
くだらない、つまらない、と思うこともあるでしょうが実際に行ってみると本当に効果が現れるのでまずは第一歩を踏み出してください

 

実際に試してみて、なにか変わったことがあればコメント欄で感想をいただけるとすごく嬉しいです(^^)自分はこうやってるよ〜、なんてこともあれば私に教えてください!

 - こころの悩み