健康と生活の知恵ぶくろ「シリモノ」

朝の腹痛はストレスが原因だった?過敏性腸症候群になっているかも!

      2016/02/04

朝になるといつものようにお腹が痛くなりトイレが近くなる・・

 

このような経験はありませんか?
日本人はこの悩みを抱えている社会人が多いと言われております。

 

その理由は、ストレスが原因になっています。
ストレスは自分で感じているものと無意識的に受けているストレスがあります。

 

知らないうちに自分の体そして心までを痛めつけている可能性がありますので
今回はお腹が痛くなる原因とストレスを減らす方法について学んでいきましょう。

 

      
                    <スポンサーリンク>

朝にお腹が痛くなる原因はストレス

なぜ、毎日朝にお腹が痛くなりトイレへ行かなければいけなくなるのか?

 

健康体であれば、トイレを気にすることなく痛みに耐えることなく
普通に朝を過ごすことができますよね。

でも、毎日お腹が痛くなってしまうと嫌になってしまいますよね。

 

実は、朝にお腹が痛くなる原因はストレス です。

ストレスって私達社会人にとっては付きものですよね(^^;)
仕事や人付き合いや健康やお金のこと、悩みは1つではないですし、常に尽きないもの です・・・

 

 

このようなストレスが体にたまることで、自律神経が乱れてしまいます。自律神経が乱れてしまうと、精神的に体調を崩してしまったり、生活習慣病になる原因です。

 

自律神経が崩れているときは、気分も乗らず仕事や学業に専念できないことが多いかとおもいます。

 

余計な心配や考え事がどうしても増えてしまうので、集中力や活力が失われてしまいます。

 

ストレスを受けると→自律神経が乱れる。そして→過敏性腸症候群になってしまう
この流れで、負の連鎖がはじまっていきます。

 

私も、特別な用事が控えている朝はいつもお腹が痛くなり精神的に参ってしまうことがあります、眠りにつくときですらやや憂鬱なので(-_-;)

 

過敏性腸症候群、難しい感じですよね(・_・;)
読み方は、(かびんせい ちょう しょうこう ぐん) と読みます。

 

では、この朝腹痛の原因となっている過敏性腸症候群について詳しくなっておきましょう。

 

「合わせて読みたい」→胃が張って苦しいときの対処法!空気嚥下症になっているかも?

 

過敏性腸症候群とは?どのような病気なのか?

 

過敏性腸症候群は、ストレスやプレッシャーを感じることでなってしまう病気 です。
精神的なダメージが腸に直接悪影響を及ぼしてしまうということです。

 

便秘や下痢などが起きてしまうので、通勤中にも不安になってしまうことがあります。不安を感じることで余計にお腹が痛くなってしまうので非常に辛い症状です。

 

脳と腸は繋がっていると言われますが、あれは事実です。

 

強烈なストレスに耐え続けている人は胃潰瘍になって腸に多大なダメージを与えてしまいますよね。

 

 

腸に穴が開いてしまうなんて、普通ではちょっと考えられないですよね(T_T)ストレスは怖いです・・・

 

この過敏性腸症候群を治すためには、ストレスやプレッシャーに負けないことが大切 です。

 

egao

 

ですが、真正面から立ち向かってもストレスには勝てないです。

 

勝てる程度のストレスであればここまで悩むことはありませんよね。そこでおすすめしたいストレス対策は、ストレスを受け入れることです。

 

辛いストレスから逃げるのではなく、受け入れること

 

嫌なこと、痛いことから逃げても更に辛くなるだけです。面倒な仕事から逃げていると日々辛くなっていきますよね?あれと同じ原理です。辛いものから逃げるとどんどん辛さの度合いが増していきます。

 

 

ストレスを受け入れてから改善することを意識しましょう。

 

・体に優しい食事
・好きな本を読む
・夜道をゆったり散歩
・ウォーキングやランニングなどの軽い運動

 

これらはストレス解消におすすめできます(^^ゞ

 

とくに、読書はストレス解消にもなります し、自律神経を落ち着かせる効果があります。

 

dokushosutoresu

 

意外と読む書籍のジャンルも大切になってきます。ビジネス書はおすすめしないです。自分を律するための内容ではなく、物語がおすすめ です。

 

気分が落ち込む本よりも楽しいワクワクする本がおすすまです。絵本などは大人のストレス解消グッズとしても効果的です。難しい本はかえって疲れますので、童心にもどって絵本を読んでみてはいかがでしょうか?

 

 

次におすすめできるのは、ウォーキングとジョギングです。
精神が疲れているときこそ、体を動かすことで辛い症状を緩和することができます。

 

 

人間にとって自律神経が疲れているときは、心を落ち着かせて休もうとしてしまいますが反対に動くことで予想している以上に気持ちが吹っ切れて精神的に楽になることがあります。

 

 

ジョギングやウォーキングをして、余計に体調がひどくなってしまうことは考えにくいですが、無理をすると体には良くないです。適度なペースで30分前後を目安に動きましょう

 

icon-star便秘中のおなら臭い原因は?どうすれば普通のニオイに戻る?

 

私が朝に体を温めて腹痛を対策している

ocha

私も朝になると腹痛に悩まされる人間です。社会人になってからというよりも学生の頃から続いています。

 

そこで腹痛を治すために、次のことを意識して日々改善していきました。

・朝に体を温める

 

 

たったこれだけです。体を温めることで自律神経のバランスを整える効果があります。

 

体を温めることで胃腸の動きを活発にすることができるので、腸がストレスを感じづらくなります。朝に体温を上げていくことで、日中も疲れにくいです。

 

 

わたしはいつも、味噌汁もしくは、ジャスミンティーを飲んで体を温めています。

 

 

あなたもぜひ、意識して行ってください。朝に時間がないのであれば、コンビニで温かい飲み物を購入して飲めばいいですよね!

 

最近では一年を通して温かい飲み物を販売しているので、体を温める習慣をつけてください。

 

簡単な習慣で朝の腹痛を防ぐ ことができますので、ぜひお試しください(^O^)/

 - 便秘