健康と生活の知恵ぶくろ「シリモノ」

熱中症と冷房病の違いはなに?

      2016/04/16

熱中症と冷房病の違いはなに?
似ているようで症状は違うの?

熱中症と冷房病は、夏場によく聞くワードですよね!ニュースなどでも毎日のように目にします。

夏に起きやすい病気として有名ですがイマイチ違いがわからない人のために
わかりやすく違いについて説明してみたのでご覧ください!

      
                    <スポンサーリンク>

熱中症と冷房病の違いはなに?

 

どちらも夏に起きる症状です、一見するとおなじように見えますが中身は全くの別物です!

 

では、熱中症について簡単にわかりやすく説明させていただきます。

 

「熱中症とは

急激や温度上昇に体が対応しきれずに、体調を崩してしまうことです。
体温調節が間に合わなくなるので、熱中症の症状が出てきます。

 

熱中症の初期症状について

・頭痛(頭がクラクラしてだるい)
・腹痛(下痢や食欲不振になる)
・筋肉痙攣(ビリビリと手足が痙攣する
・吐き気(水を飲むと吐きそうになる)

 

これらは熱中症の初期症状です。これらの症状が出たときは熱中症を疑いましょう

 

早めに病院へ行って処置することで症状も軽くなりますし、回復までの時間も短くなります!

 

じつは熱中症は室内でも起きることがあります。夏場は室内温度も上昇しますので、無理をして冷房をつけずに我慢することは体に悪いので気をつけてください。

 

では次に冷房病についてみていきましょう。

 

冷房病とはどのような症状なのか?

冷房病とは

 

外が暑い時季に、エアコンがきいた部屋に長時間いることで自律神経の働きがバランスを崩すことで発症する。

 

つまりは、涼しい室内で休憩していても冷房病という病気になってしまうことがあるのです!

 

夏は暑いので、涼しい屋内にいれば安心してしまいがちですが、無断は禁物です^^:

 

冷房病の症状について

・体のコリ
・ダルく重くなる
・食欲不振
・神経痛
・便秘
・月経異常

 

冷房病は女性や老人に多いといわれております。長時間夏場の室内にいることが多いので油断すると危険です。

 

外の気温と室内温度が5度以上離れていると冷房病になりやすいそうです。1時間に1度は室内から出て、体を外の温度にならしておくことが大切です(^^)

 

冷房病になる原因は、自律神経バランスの乱れですが、あなたは自律神経についてきちんと理解できていますか??

 

うーん、イマイチわからないな〜って人のためにちょっと調べてみました(^^ゞ

 

自律神経とはどういうもの?

自律神経とは、交感神経と副交感神経の2つからなります。

 

本来であれば、日中は交感神経が優位に働いて、夜間はリラックスしている状態なので副交感神経が優位に働いています。

 

つまり、夜寝れないときやイライラしているときは交感神経のスイッチが入りっぱなしになっている状態です。

 

自律神経バランスが乱れると次のような症状が起きます。

 

・暑さや寒さを感じなくなる
・倦怠感がひどくなる
・ストレスで常にイライラしている
・喉がよく乾く
疲れが取れなくなる
 

これらの症状が特徴としてあげられます。

 

ご老人などは加齢が原因により、暑さを感じづらくなっているので、自分では気がついていないだけでとても暑い部屋で生活していることもあります。

 

ですので、ご老人と一緒に生活している場合には夏場に冷房をいれて涼しい部屋で過ごすようにしましょう。

 

ただし先ほども説明したように、冷房病になってしまう危険性もありますので、1時間に1度は動くことを忘れないでおきましょう。

 

私が実践している冷房病と熱中症対策

私が毎年実践している熱中症と冷房病の対策についてご紹介していきます。

 

水分をこまめに補給する
エアコンと扇風機を使いわける

 

この2つだけです!簡単でしょ???(^^ゞ

 

まず夏場の水分補給について特別説明する必要もないですよね!
夏は汗も大量にかくので水分を補給していないと体が持たなくなります。

 

水分不足は夏バテと熱中症の予防対策になります。

 

次は、エアコンと扇風機を使い分けることです。

 

これは冷房病の予防対策になります。私の場合は1時間エアコンを使用したあとは、扇風機をつけて30分ほど過ごします。

 

ある程度時間が経つとすぐに室内温度が上昇するので、またエアコンをつけて快適に過ごします。

 

電気代も節約することができますし、冷房病の予防になりますのでおすすめです!ぜひ実践してくださいね(´・ω・`)

 - 夏バテ, 熱中症