健康と生活の知恵ぶくろ「シリモノ」

熱中症にならないための服装はどのような素材がおすすめ?

      2016/04/13

熱中症にならない服装はなにがおすすめ?
なるべく涼しく快適に夏場を過ごしたい!

夏は本当に暑いですよねm(__)m

室内で働いていても暑いものは暑いです!

服装や素材などに気をつけておくと、熱中症予防に効果的です!
今回は夏に身につけたい男女の服装についてご紹介していきます。

      
                    <スポンサーリンク>

夏場に快適に過ごすための服装と素材について

皮脂

男性におすすめの服装

 

・ネクタイを着用しない
・UネックよりもVネックをえらぶ
・長袖よりも半そでを着る
・ジーンズよりも半ズボンを履く

 

この4つを工夫してみましょう!

 

まず男性は夏場ネクタイを外すだけで体温気温を大きく下げることができます。

 

室内の気温はエアコンで落とすことができても、体温はなかなか下がらないです。

 

ですから、自分で体温調節するために工夫が必要になってきます。
男性はスーツやネクタイのせいで、通気性がかなり悪くなっています。

 

仕事をしているときは、ネクタイを外して首まわりの通気性を良くすることで快適に過ごせます。

 

次は、Uネック(丸首)よりもVネックを選びましょう

 

Vネックですと首周りの、熱気を外で出すことができるので、スーツを着ているときに汗をかきにくくすることができます。

 

熱中症になる原因の水分不足を防ぐことができますね(^^ゞ

 

最後は、半そで短パンで過ごすこと です。

 

さすがに仕事中には難しいとはおもいますが・・・・せめて外出するときは通気性がいい服装がおすすめです^^

 

やはり長袖長ズボンですと、熱気がこもってしまうので、どうしても暑くなりますしちょっと歩いただけで辛いですよねm(__)m

 

とくに、ジーンズはおすすめできないです。素材的にも熱がこもりやすいですし、汗もかきやすいです。

 

女性のおすすめの夏場の服装と素材について

 

・キャミソール(下着)をつけて汗を吸収する
・ストッキングは履かない
・ズボンよりもスカートを選ぶ

 

女性はこの3つに気を配って服装を選びましょう。

 

女性の場合もおなじく、首元に熱がこもらないように ブラウスやシャツのボタンを外しましょう。

 

首周りには血管が多いので、暑くなると全身の体温が上昇します。
反対に、首周りを冷やすと夏場でも気持よく過ごすことができます。

 

ちなみに、熱中症になったと感じたときには首周りなどの血管を氷水で冷やしましょう

 

ストッキングを履かない選択もあります。
どうしてもストッキングを履くと下半身が暑くなり熱がこもります。

 

なるべく生足で生活できる工夫をするべきですね!仕事でどうしてもストッキングを吐かなければいけないときは

 

網目状のストッキング
レース状の素材

 

この2つがおすすめです。すこしでも通気性をよくすることを考えておくべきです(^^)

 

最後は、パンツスタイルをやめてスカートを履きましょう。

 

男性には真似できない唯一の暑さ対策ですよね(^^ゞ

 

下半身の風とおりもよくなりますし、体温上昇を防ぐことができますのでおすすめです!

 

服装はこまめに着替えられるようにする

mukumi

 

夏場とはいえ、暑くなったり寒くなったりすることがあります。

 

そのようなときに何か一枚羽織っておくものがあれば急激な体温低下を防ぐことができます。

 

夏場は冷房病という熱中症ににている病気があります。

 

もしもお昼ごはんで入った飲食店の冷房がつよくて体が冷えてしまうと、自律神経バランスが崩れてしまい、夏バテになってしまうこともあります。

 

暑さだけを予防するのではなく、臨機応変に対応できるように準備しておくことが一番おすすめです(・ω<)

 

とくに、女性は冷え性に悩んでいる人もおおいので、体を冷やさない工夫も大切ですね!

 

今年も暑い夏がやってまいりましたが、暑さに負けずに夏を乗り切っていきましょう!

 - 熱中症