健康と生活の知恵ぶくろ「シリモノ」

眉毛が薄いことが悩み。どうすればフサフサに生えてくる?

   

眉毛が薄くてこまっている・・・・

まゆげは顔の印象を整えるたいせつなパーツ です!

 

その大切なパーツであるまゆげが薄くて青くなっている状態だと見た目も悪くなります。

 

今回はまゆげをフサフサに生えさせることができるかを紹介していきます(^-^)

最後には、わたしが実践して結果を出した眉毛育成法もあわせてご覧ください。

 

      
                    <スポンサーリンク>

日本人は眉毛が薄い

 

日本人は欧米人にくらべると眉毛が薄いといわれております。

 

たしかに、欧米人はフサフサと立派な眉毛のイメージがつよいですよん^^

 

眉毛は男性にとっても女性にとってもひじょうに重要なパーツです。そのまま見た目に影響するので放置しておくことは損です。

じつは眉毛は本来もっと生えてくるはずなのに、食事や生活の影響で生えにくい状況を作っていることがおおいのです。

 

例えば食事ですね。若い人ほど野菜をたべる人がすくないです。
野菜でビタミンや鉄分をとらないと、お肌にハリや潤いがなくなります

 

乾燥肌になってしまいがちな人ほど、顔が赤らんでまゆげが薄いことがおおいです。

 

食事は体の悩みを根本から解決するためにひつようなものです。普段から食事メニューを考えなおすこともフサフサ眉毛への第一歩です!

 

眉毛を生やすには保湿と血行が最重要です!

 

眉毛を濃く生やすためには、次の3つを工夫することでおおきく改善されます。

 

(1)眉毛まわりの血行を良くする
(2)まゆげを保湿する
(3)抜かない、剃らない、触らない

 

薄くてコンプレックスになっている人はこの3つを紙やスマホアプリにメモ してください。

 

では1つ1つわかりやすく説明させていただきますね^^

 

眉毛のまわりの血行を改善していく

 

眉毛のまわりは血行が停滞しやすい です。当然ですが血行が悪くなってしまうと血液や栄養が届かなくなるためまゆげの成長も遅くなります。

omizu

頭皮もおなじです、首や肩がコリかたまって血行不良になってしまうとハゲの原因になるといわれております。

 

では、私がじっさいに血行改善するためにおこなっている方法をご紹介します。

 

目のまわりをホットアイマスクで温める

 

 

ホットアイマスクは場所を選ばずに、袋から出すだけでつかえます。オフィスでも速攻でつかえます

 

 

なんどでも繰り返し使えるタイプ です!価格は非常に安いですが、電子レンジで加熱する必要があるので場所が制限されます・

 

この2つのうちどちらかをおすすめします。
ちなみに私はどちらも使用しています。自宅ではあずきのチカラを使っています。外出時はホットアイマスクを常備しています^^

 

一気に血行が改善されて 目と頭がすっきりするので仕事のあいまにおすすめですね(^-^)

 

まゆげを保湿する

 

次は保湿 です!これは基本的なことですね。

 

眉毛は保湿しておかないと乾燥して抜けやすい状態になります。 まゆげは20日〜程度のサイクルで生え変わるといいますが、生え変わる前に抜け落ちてしまうと薄くなっていくだけです。

 

ボリュームも少なくなり、フサフサになるどころか数えられるほどしかなくなってしまいます・・・m(_ _)m

nioidama

保湿するのは風呂あがりや洗顔後だけでなく1日に5回以上は保湿 しておきたいです。1時間〜2時間に1度は乳液や化粧水で保湿ケアしてください。

 

 

私は眉毛の保湿はこちらのなめらか本舗の乳液をつかっています。
理由としては価格が安く保湿効果も高いので、リピートしています!

 

こまめに使っても2ヶ月以上は持ちます。600円程度を30日で割ると1日10円前後で使うことができます

 

潤いをもたせるだけで、濃くなっていくのがわかるとおもいますよ!

 

抜かない・触らない・剃らない

 

抜いてはいけない
剃ってはいけない
触ってはいけない

 

この3原則を守ってください!

 

まゆげの毛量がすくないのにムダ毛を抜くとより薄い印象になってしまいます。少し我慢しておきましょう。

 

抜くのはあまり肌にも毛根にもよくないのでおすすめしないです。

 

次は剃らないことです。
抜くよりも肌と毛根へのダメージはすくない ですが、毛の絶対量がすくないのに剃っている余裕などないはずです。

 

ムダ毛も遠くからみれば眉毛のボリュームアップにつながります。

mukumi

最後は、触らないことです。
触るとムダな刺激が加わってしまうのでおすすめしないです。

 

お肌もおなじですよね。肌荒れしていると気になって肌をさわりがちですが触れば触るほどニキビがヒドくなることもありますよね。

 

触った衝撃で、毛が抜けてしまってしまうと最悪ですよね・・・

 

私が実践している眉毛育成法

 

ここまで眉毛に熱く語ってきましたが、実はわたしも眉毛が薄い人間なので知識も経験も人よりおおいとおもいます(笑)

 

そこで眉毛を育成するために最も効果があった育成方法をお見せします。

 

それは、まつ毛美容液 を使うことです。

 

これだけ!眉毛美容液はあまり販売されていないですし、たまに見かけますが非常に高価です。少量なのに7000円とかしますからね(笑)

 

反対にまつげ美容液は流行っているので、安い価格で手に入れることができます。

kaomukumi

わたしがこれまで使って効果を実感した美容液はこれだけです。

 

 

この美容液をまつげではなく、眉毛に毎日使っていたのですが本当に毛が1つ1つしっかり生えているのが実感できました。

 

最初から劇的な効果はありませんでした。でも1ヶ月ほど使うと小さな毛の量も増えて1本1本の芯が強くなっていきました

 

個人差はあるかとおもうのですが、気になっている方がいれば一度お試しください。低価格ですのでお試し感覚でつかえますよ^^

 - からだの悩み, 美しい顔になる