健康と生活の知恵ぶくろ「シリモノ」

笑うとほうれい線が出来る原因になるってほんとうか?

   

朝、かがみを見た時に自分の顔のほうれい線が気になったことはありませんか?

 

ほうれい線は口のまわりにできるシワのことです。
女性はとくに、敏感になっている箇所ですよね。

 

実は、ほうれい線があるとの無いのでは、見た目年齢が10歳ほど違うそうです。
つまり、50歳でもほうれい線がたくさんあるとまわりからは60歳に見られることだってあるのです。

 

それはあまりにも悔しいですよね。
今回はほうれい線ができる原因について調べていきましょう。

 

笑うとほうれい線が増えやすくなるの?

 

笑顔になると、ほうれい線が目立つ! という方は多いかと思います。

実際に顔の表情筋を動かしているので、ほうれい線が一時的に出来ることがあります。

 

ですが、笑顔(笑う)からといってほうれい線ができやすくなるというのはデマです。
つまり真っ赤なウソ なのです。

 

実は、笑顔になると顔の表情筋がたくさんうごきます。
どれだけ毎日しっかりと動かせているかが重要になります。

 

反対に笑わない人のほうが、ほうれい線が目立つお顔になってしまいます。
どれだけアンチエイジングを頑張っても、顔の表情筋を鍛えることを
怠ってしまうといけません。

 

高い化粧品だけを使用して綺麗になったつもりでいるのは危険です・・・

 

ほうれい線が出来る原因は、笑うことではなくて、顔の表情筋を衰えさせていることが原因でした。

では次に、顔の表情筋を動かしてほうれい線を目立たなくさせるための方法をみていきましょう。

顔の表情筋を動かしてほうれい線を目立たなくさせよう

 

顔の表情筋は、とてもたくさんあります。
すべてを動かすことは普段から意識してマッサージやトレーニングをしていないと難しいです。

 

では早速、次のとおりにお顔を動かしてみてください。

(1)口の形を「い」にする(なるべく大きく口角をあげる)

 

HOUREISEN

 

(2)「い」の口の形から「う」の形に変化させる(ゆっくり大きく)

口先は大きく前に尖らせておきましょう。
鏡の前で自分の表情(顔)をチェックしながら行ってください!

 

(3)3分間ひたすら繰り返してみましょう!

 

・・・・どうでしょうか?実際に行ってみるとすごく
顔全体が熱くなって、顔の筋肉が痛くなりますよね。

 

普段から、顔の表情筋を使っていない人ほど、痛くなります。
もしかすると、3分間も続けることが出来ない人もいるとおもいます。

 

ほうれい線は綺麗な人でも、年齢とともに浮き出てきますが
シワを少なくすることは可能です。表情筋トレーニングを続けることで
だれでも綺麗なお顔を手に入れることができますので、実践してくださいね!

 

ほうれい線が出来る原因は笑うことではなく、顔の筋肉を衰えさせているから。

 

これを絶対に忘れないようにしてください。

 

大切なことは、毎日つづけること!これしかありません^^

以上を参考にして、美しい顔立ちを手に入れましょう!

 - 美しい顔になる