健康と生活の知恵ぶくろ「シリモノ」

引っ越しの荷造りはいつから準備しておけばいい?

      2015/07/29

初めて引っ越しをするけれど、荷造りはいつころからはじめて行くべきか?

 

引っ越しはトラブルも発生しやすいだけでなく、次から次へとやることが出てくるのでかなりエネルギーを使うとおもいます。

 

そこで、あらかじめ知っておけば得する引越し前の準備についてわかりやすく紹介していきますね!

 

      
                    <スポンサーリンク>

荷造りは早すぎると後で不便なことになる

 

どういういことかといいますと、

 

大切なものをどこに入れてしまったかわからなくなるからです。

 

はじめての引越はテンションが妙にあがってしまい、早め早めになんでも行動してしまうことがあります、(経験者は語る)

 

しかし引越直前までは、いま住んでいる場所で生活をしているわけですから日常生活品以外で必要なものはたくさんあるはずです。

 

引越の1週間前にすべて準備を終わらせてしまえばたしかに楽ではありますが、不便なことも起こるということを知っておかないとだめです。

 

目安としては、「3日前 」までに終わらせておけば当日までバタバタしていたとしても、トラブルが起こることはないはずです。

 

毎日使うアイテムは荷造りしない
引っ越し前日までに使うアイテムはそのまま出しておこう
あとでまとめてダンボールへ入れておけばOKです。

日用品以外にも、大切な印鑑やカード類の貴重品はとくに重要になります。

 

手続きなどで印鑑や保険証などの貴重品を提示しなくてはいけないことが多々あります。

 

不動産との手続きだけでなく、ガス業者や水道業者とも面会しなくてはいけないので本当に大変なんですよ(^^;)

 

ほんとうに必要なときに、「あれ、どこに入れたかな? 」 と混乱してしまうこともあります。

 

いざという時に、見つからないと手間も労力もかかりますので注意しましょう!

 

とまあ、荷造りのタイミングについてご説明したところで補足として重要なことをアドバイスさせていただきます(^^)

「関連記事」→アパートへ引っ越しをしたときは隣人に挨拶はするべき?
 

荷造りで混乱しないための3つの対策

荷造りの準備

片っ端からモノを詰め込んでいけばいいわけではなく、キレイに丁寧に入れていくべきです。

 

ここは、性格がハッキリと合わられるポイントなので大ざっぱな方は慎重になってくださいね(笑)

 

ではでは、3つのポイントについて見ていきましょう。

 

ダンボールへ数字と入れたものを書く

 

乱雑に自分の荷物をダンボールへ突っ込んでしまうと、引越し先について片付けをするときに本当に疲れてしまいます。

 

グチャグチャにものを片付けてしまえば、準備するときは楽です。しかし引っ越し先で苦労するのは紛れも無くあなたです。

 

そこで対策として、「数字 」と「中身 」をダンボールに直接太めのマジックで書いてしまうことです。

 

数字はジャンル分けするためのものです。洋服であれば数字の1番、本とDVDは2番! このような感じで自分なりに仕分けしておきましょう!

 

ついでに、他人が見てもわかりやすくするために「中身を具体的に書いておく 」 ことが大切になります^^

 

友達や家族や恋人に引っ越しを手伝ってもらうときは、相手にもわかりやすくなるので1つの工夫として活用しましょう。

「必読」→アパート暮らしはストレスが多い!意外な3つの理由
 

重い荷物は分けてダンボールへ入れる

ダンボール

家族の車で引っ越しをすればお金はかからず費用を安く抑えることができます。

 

しかし荷物が多くなってしまう引っ越しの場合は、業者を利用するとおもいます。

 

ここで配慮が欠けてしまうと思わぬトラブルに見舞われることがあります。

 

例えば、書籍を50冊1つのダンボールに入れたとします。途中でダンボールが重さに負けて崩れてしまい大切な私物が傷ついたり壊れることがあります。

 

基本的には自己責任 となります。

 

荷造りするときに分けておけばよかった・・・

 

後悔してしまっても遅いですから事前に気をつけておきましょう。業者といえど一人の人間なのでミスもします。

 

その他にも、業者は階段を降りるときに重すぎる荷物ですと疲れてしまったり腰を痛めてしまうことがありますよね。お金を払っているとしても相手を思いやるマナーを持っておくことも大切です。

 

業者によって変わりますが、半数はアルバイトスタッフになるので大切な品物が入っているダンボールは自分で運ぶなど対策をとるべきです。

「関連記事」→引っ越し祝いの金額相場はいくら?
 

荷物は少しでも減らす努力をしよう

引っ越しの荷物

引っ越しをするときは、あれこれモノを増やすべきではないです。

 

新居で片付けも大変になります。荷造りでも苦労します。

 

荷物が少なければ、移動したときも楽ですし引っ越しするときの費用も労力も大幅にカットすることができます(^_^)!

 

移動先で準備することができるアイテムは現地調達するなどの工夫をしておくべきです。

 

3ヶ月以上使っていないもの 」 は基本的に捨てるべきです。

 

日本人は断捨離が非常に得意だといわれております。荷物が少なければ身軽ですし、新しいものも入ってくるようになりますよね!

 

増やす努力よりも、1つでも多く減らす努力がなによりも肝心となります(^^)

 

モノが多い人って部屋がごちゃごちゃしています、汚い部屋に住んでいるなんてかっこ悪いですよね・・・

 

荷造りはひじょうに大変な作業だとはおもいますが、どうか頑張ってください!ケガとかしないように注意してくださいね!

 

トラブルなく引っ越しを終わらせて、快適な新生活をどうかお過ごしください。
「必読」→引っ越しの荷造り早く終わらせる3つのコツ

 - 引っ越し