健康と生活の知恵ぶくろ「シリモノ」

太ったので同窓会へ行きたくない!こんなときはダイエット!

   

そろそろ同窓会が近づいているが、自分があまりにも過去と変わりすぎていて正直行きたくない・・・

 

こんなことありますよね(笑)

 

学生時代よりも、時間が経過しているので当然ですが容姿も大きくかわっていきます。

 

迷ったときは、早い段階から痩せるためにダイエットをはじめていきましょう!

 

      
                    <スポンサーリンク>

食事管理をして同窓会までに痩せる

 

善は急げ、です。

 

やろう! と決めた瞬間にすぐに飛び立って行動をはじめるべきです。

 

例えばですが、10年前よりも体重が10キロ以上増加して見た目もポッチャリしてお腹も出ているとします。

 

このままで同窓会へ行けば、笑いものにされてしまうこともあるでしょうし、裏で陰口をささやかれる可能性もあります。

 

せっかく楽しい思いをするために、同窓会へ参加しているのですから、悔しい思いはしたくないですよね?

 

こういったときは、ダイエットで容姿を少しでも変化させてから参加するべきです!

 

まず最初は徹底した食事管理です。

 

ダイエットを失敗する人の特徴として、いきなり厳しい運動からとりかかりがちです。しかし今まで運動をしなかったのにいきなりできるはずがないです。

 

三日坊主では意味がないのです。 だからこそ、最初は食事量を管理してちょっとづつ痩せていくことをおすすめします。

 

食事管理というと、難しそうなイメージですが実際はカンタンです。

 

お腹8分目でごちそうさま
満腹になるまで食事をせず八分目で止める

お腹一杯になるまで食べると余分な脂肪がつく

「まだ食べたいな」と思うポイントでストップしよう!

 

いきなり栄養面を考えてレシピを作る必要もなく、野菜中心にガラッと食事メニューを切り替える必要すらないのです。

 

あなたが普段食べている食事量を10から8へ落とすだけです。

 

1回あたりの食事を8分目にすることで、2つの貯金ができます(イメージです)この貯金が1週間、2週間と積み重なっていくことで、体脂肪率も低下して見た目も自然とスッキリします。

 

太りやすい人ほど、気にせずお腹いっぱいまで食べるクセがあるので、やめておきましょう!

「関連記事」→同窓会に行きたくないときに便利な7つの断り方
 

顔太りを隠す髪型で参加しよう

 

同窓会へ行けないような状態なときは、髪型でごまかすことができます。

 

女性の場合は、髪の毛をショートよりもロングにしたほうが輪郭が強調されないのでおすすめです。

 

わかりやすいのですが、丸坊主になってしまうと顔の形がすべてわかりますよね?しかし、ちょっと長めにしておけばそれなりに隠すことができます。

 

太ってしまうと、顔が丸くなってあごが二重になってしまうことがあります。

 

食事量を減らすことで、顔の丸さと二重あごは多少なりともごまかすことができます。あとは、髪型で変化をつけていくべきです。

 

男性の場合は、しっかりとセットをしていくことで太っていてもかっこ良くみえます。シャキッとしたビジネスマンの雰囲気がでますのでおすすめですよ(^^)

 

一番大切なのは服装です!

 

ここ数年で見た目に関する本が増えていますよね。

 

ちょっと前に、「見た目が9割」という書籍がベストセラーになったのも記憶に新しいです。

 

人は見た目が9割という意味ですが、決して見た目が悪いとダメだということではないです。

 

あくまでも、他人からみられる自分が恥ずかしくないように、普段から節制をしたりオシャレをして気を使う意識を持つことが大切なのです。

 

つまり同窓会へ参加するときは、テキトーな服装ではダメダメなわけです。

 

服装はその人の見た目を大きく変えてしまうものです。

 

例えばですが、ヨレヨレのTシャツに破けたジーンズを履いて同窓会へ行ったとしたらどうでしょうか・・・・?

 

女性からの印象も最悪ですよね。男性からも引かれてしまう可能性もあります。

 

反対に、どれだけキレイにメイクしている女子でも服装がダサいとちょっとイメージが悪くなりますよね(笑)

 

最近の流行にのった服装で行くことが正しいのではなく、場と自分に合っているコーディネートがベストです、

 

アパレルショップへ行ったときに、自分でコーディネートせずに店員さんに選んでもらうなんて素敵ですよね。プロの目からみて自分にあう洋服を選んでもらえばこころ強いのではないでしょうか?

 

太っていることを気にしすぎるのは間違い

 

過剰に心配して不安になってしまうと、体にも悪いです。

 

同窓会は行く前はドキドキしていますが、参加してしまえば昔の空気にもどって楽しくやれるものです。

 

「自分が太っているから参加しない」
同窓会へ行きたくない

 

このように考えるのは間違いです。あまりない機会ですから、勇気をもってありのままで参加するのも1つの手段だといえます。

 

それほど、個人、個人の容姿など気にしていないことが大半なのでよけいな不安は拭い去っておくべきです(^^)

 

自分の体重増加が原因で、同窓会への参加を迷っているのであれば前向きに考えてくださいね!

 - イベント行事