健康と生活の知恵ぶくろ「シリモノ」

身長の低い男はかっこ悪い?それともモテる?

   

 

日本人男性のコンプレックスで最も多いのが身長です。

 

アジア人男性は、欧米人と比べると平均身長も最大で10センチ以上変わってきます。

 

同じ人間なのにここまで違うのか! というレベルですよね^^:

 

こういった身長コンプレックスを持っている人からすれば、容姿や恋愛などの見た目に関する悩みがつきません。

 

しかしマイナスに考えているのは間違いだということを、今回はご説明させていただきます。

 

      
                    <スポンサーリンク>

日本人男性と世界の男性はどのくらい身長差があるのか?

 

ではでは、まず最初になぜ、日本人男性がこれほど身長コンプレックスを抱いているのか調べてみました。

 

日本の成人男性データ
20歳男性の平均は170.9センチ
体重は64.6キログラム

 

↑こちらが2015年現在の20歳の平均身長の正確なデータにとなります。見た感じではまあ普通ですよね。

 

170センチといえば、大きすぎることもなく小さすぎることもない日本人の感覚でいえば、ごくごく普通だといえます。

 

次に世界でもっとも身長が高い国といわれているオランダの平均的なデータについてみていきましょう。

 

オランダの成人男性データ
20歳オランダ人の平均データ183.8センチ

 

やはりデータを見比べると、一目瞭然ですね。約170センチの日本人男性と約184センチのオランダ人男性では、男と女ほどの差があります。

 

ただ、海外と比べるのはナンセンスです。私たちは日本人です、人種の違う海外と比べたところで何ら問題の解決になることはありません。

 

あくまでも平均値ですから、それ以上に大きな人もいれば小さな人もいるわけです。

 

男は身長だけではないということ

 

あくまで身長は目に見える1つの要素にしか過ぎないことを忘れてはいませんか?

 

反対にいえば、身長がデカければ女性からモテたり人生で大きな得をするかといえばそれは違いますよね(笑)

 

身長に見合う顔がないとモテないかもしれません、大きいだけで太っていたり運動音痴だとすればデクノボウとアダ名を付けられてしまうかもしれません。・・・・

 

本当に男性が身長だけで判断されてしまう、世界であればすべて身長が基準となってモノゴトがまわっている計算になります。

 

しかしお金持ちで女性にモテる人は小さい人もおおいです。モデルさんやアイドルでも低身長の方は多いです。

 

では、そのような人たちはいつまでも身長だけにこだわって生きているかといえば、完全に違いますよね?

 

男は身長だけでないです。見た目は二の次です、 軽く聞こえてしまう可能性もありますが本当に重要になってくるのは中身だからです。

 

自分の力で変えられるポイントに注力する

 

これは仕事や勉強においても共通しています。

 

スポーツで例えるならば、相手のテクニックを落とすことは不可能です。しかし、自分のテクニックやスタミナを高めることで相手に勝てる確率は上昇します。

 

仕事も同じで、同僚の能力をコントロールすることは不可能です。しかし自分のビジネススキルを向上させることは可能です。

 

勉強も同じです。テストの問題を操作することは無理です。しかし、自分の学力や頭脳の能力を高めることは可能です。

 

ズバリ言ってしまえば、自分がコントロールできる場所で闘って他人に勝つということが大切です。

 

低身長だからといって、人生終わりみたいな考えをしているとその思考が根本に根付いてしまって、30歳、40歳、50歳、60歳・・・と死ぬまでコンプレックスを抱え続けて生活をしていくハメになります。

 

反対に、10代や20代で身長について、しっかりと受け入れて自分は自分だと理解して前に向かって進みさえすれば、余計なストレスも問題は少なくなっていきます。

 

学生さんであれば、体型を鍛えてマッチョになったり頭脳を鍛えて学力を向上させて起業をしたり、優秀な企業に就職すれば1つのコンプレックスを解消するきっかけになりますよね?

 

 

サラリーマンであれば、収入をあげる努力をしたり、ファッションや女性への接し方をまなび、他人には真似できない自分のスタイルを確立をさせてしまえば、他人よりも優れることができます。

 

 

他人と比較することで、コンプレックスは生まれるものですから、あまり気にしすぎないという根本的な問題をしっかりと念頭においてくださいね(^^)

 

低身長コンプレックスに依存しない思考と生き方が大切

 

身長は成長期が終わると、誰もが伸びなくなるものです。

 

これは人種が違えどおなじです。

 

 

ここで大切になってくるのは、コンプレックスに依存しない生き方です。

 

例え、女性からの目線や友達と並んだときに、頭と肩がおなじ高さだとしても平気になっていく必要があります。

 

他人はあなたほど気にしていないですし、本当にデリケートな問題については指摘してくることもないでしょう。(小学生ではない限り)

 

 

人間は何かを受け入れたり、許すということが一番むずかしいものです。でも、ここを乗り切ってしまえば、確かに前に一歩進むことができます。

 

身長が低いひとは、年収を伸ばしたり筋肉をつけてマッチョになったり、先ほど説明した自分が操作できる場所で勝負をしています。

 

小手先のテクニックとかで、ちょっと靴底が高いスニーカーを履いたりすることも大切ですが、根本的な解決を目指すには自分を受け入れることが大切ですよ!

 

決して、身長が小さい男性はかっこ悪くはないです。モテないとかもあなたの勘違いです。

 

自分の弱点だけにフォーカスしていると辛くなっていくだけです。決して悩みすぎないように時間をかけて解決の方向へ進んでくださいね!

 - からだの悩み, こころの悩み