健康と生活の知恵ぶくろ「シリモノ」

アルバイト先の人間関係が嫌で辞めたいときはどうすればいい?

   

 

アルバイト先の人間関係でトラブルが起きて、今すぐやめてしまいたい・・・

 

アルバイト先には様々な人間がいるわけですから、当絵ですがイザコザも起きます。

 

こういった状況になったときには正しい対処法を取らないと精神的にも苦しくなることがあります。

 

なるべく円満にバイト先を辞めるためのコツと方法をご紹介していきます。

 

      
                    <スポンサーリンク>

アルバイト先は自由に変えることができる

 

アルバイトをしている人は、自由に辞めることができます。

 

自由とはいっても、突然辞めることや、逃げてしまうことはルール違反となります。

 

<関連>→今すぐアルバイトを辞めたい!でも、どうすればいいの?

 

法的に拘束されているわけではないのですから、責任者へしっかりと辞めると意思を伝えることができれば晴れて辞めることができるのです。

 

職場によってルールは細かく変わってきます。どこの職場は最低でも1ヶ月前〜3ヶ月前に事前に辞める意思を伝えておけばトラブルなく辞めることができます。

 

働ける場所や職種は無数にあります。今の職場での人間関係が悪化しているのであれば無理をして働き続ける必要はありません。

 

先輩や上司との関係が悪化しているケース

 

アルバイト先のトラブルで一番多いのが「先輩と上司」との関係悪化です。

 

やはりバイト先にも、ヒエラルキーは存在しています。

 

一番権力のある人物は店長、次に副店長、その次は社員やアルバイトになっていきます。

 

立場的には、アルバイトが一番下になってしまいますよね。そのバイトメンバーの中でも職歴や年齢などで立場が変化してきます。

 

これって非常に面倒ですよね(笑)1年早く職場にいるからといって偉そうな顔をする先輩もいるわけです。

 

年は同じだとしても、偉そうにしている人も多いです。

 

こういったのは無意識的にストレスになっていきますので、一緒に働いていても楽しくはないでしょう。

 

どれだけお金が必要で仕事が大切だとしても、区切りが良いところで職場を去る覚悟が必要です。

 

基本的に人間関係が崩れるのは一瞬です。信頼は時間をかけて積み上げていくものですが、壊れるのは早いです。

 

そして、関係を修復するのは関係を構築するよりも10倍以上の大変になってしまうので早々にあきらめて自分が職場を辞めるという手段を選ぶことをおすすめします!

 

上司に辞める意思を伝えるのが困難な場合はどうする?

 

関係悪化している人物が職場の一番偉い立場にいるとしたら、直接アルバイトをやめてしまいたいとは言い辛いですよね?

 

こういったときは、手紙や退職願など文字で伝えるという手段をおすすめします。

 

電話やメールという方法もありますが、こういった手段も使えないときは紙で伝えることを覚えておきましょう。

 

時期やタイミングについては、月末がベストです。次のシフトを入れる前に辞めてしまえばお店側に迷惑や損失をかけることなく、見事に終わらせることができます。

 

どれだけ関係悪化していたとしても、一方的に辞めてしまうと自分の立場が弱くなってしまうので、給料の未払いやお店への呼び出しをされてしまう可能性もあります。

 

タイミング
おすすめは、来月のシフトが組まれる前に辞めること

途中で投げ出すのは、給料未払いなどのリスクが伴う

 

いじめやパワハラを受けたときは本社へ連絡しよう

 

店長や副店長からパワハラや、嫌がらせを受けたときは、本社もしくは警察へ通報するべきです。

 

自分を守ることができるだけでなく、今後の被害者を減らすこともできます。

 

万が一あなただけでなく、その他のアルバイトメンバーも同じように嫌がらせを受けて精神的な苦痛を受けている可能性もあります。

 

基本的に本社へ通報してしまえば、悪事を働いている張本人へ聞き取りやしかるべき処分を与えられることがあります。

 

しかし、場合によっては会社側が事実を隠蔽して何も対応しないことも考えられます。

 

そういったケースを未然に防ぐために、本社へ連絡したあとに警察にも報告すると伝えておけば隠蔽や不正を働けなくさせることができます。

 

警察へ連絡をするときは、嫌がらせの内容などを詳しくデータとして残しておくことをおすすめします。

 

日記、スマホ写真、何でもいいので細かくデータを残すことが必要になります。

 

「関連」→アルバイトの掛け持ち禁止でも、バレずにこっそり働く方法

 

どうしても辛いときは思いっきって逃げましょう

 

精神的に憂鬱になっている状態であれば、無理をして出勤する必要はないです。

 

うつ病などになってしまうと、次の職場でも悪影響がでます。普通に働けなくなったり対人恐怖症になったり負の連鎖がつづきます。

 

自分の感情を押し殺してまで、追い込み続けるなんて間違いです。

 

嫌がらせや苦痛を感じている状態でアルバイトを続けるのは、しなくてもいいことです。

 

「もしかすると、自分が悪いのでは?」 とかんがえる必要もないのです。

 

他の職場へ移れば、楽しく収入を得ていくことも可能になるわけですから、どうしても辛いときは逃げてもいいとおもいます。

 

きれいな形で退職できるのであれば、正しい行動をとるべきですが、どうしても辛い・・・というときは逃げてください。

 

誰だって相性もありますし、嫌になることもあります(^^;)関係悪化することはごくごく自然なことですので、今回ご紹介したコツを参考にしていただければとおもいます。

 - アルバイト